2006年01月31日

見せろ!ヅラ魂

聖地を再びヅラで沸かせよ(スポーツ・ボクシング)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/sports/jan/o20060130_30.htm
 ま、ボクサーたるもの、ヅラではなくファイトで沸かすのが正解だけどな。とりあえず、試合中に着用するのは違反なんだし、今度からはもうヅラに頼れない。因縁の相手とのリマッチなんだから、今度はちゃんと落とし前をつけようぜ

バカ社長、世に憚る・1:ヒューザーのおっさんの場合(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20060130_10.htm
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006013148.html

 なんかさあ、ヒューザーの小嶋って、もうすっかり自分の中に固定的な概念が出来上がっちゃってて、それに則って行動したり発言したりしてるようにしか見えないわけね。んで、客観性も論理性も欠如してるもんだから、それがどれだけ荒唐無稽な話かっていうことすら理解できてない
 あそこまで行くと何だか逆に哀れになってくるね。とうとう行くところまで行っちゃったかってな気がしちゃうんだな。
 ま、印紙代2千万もかけて訴訟起こすような真似しでかしといて、補償が云々なんて言えた義理じゃないけどさ。

バカ社長、世に憚る・2:東横インのおっさんの場合(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006013171.html
 イッちゃってる度合いではヒューザー小嶋とタメを張れる東横イン・西田なわけだが。周囲にイエスマンしかいねえんだろな。もうね、見てて情けない
 小嶋にせよ、西田にせよ、この程度の見識でトップを張れる企業なんて、所詮ろくなもんじゃねえとっとと潰れるなりした方が、世のため人のためだと思うがね。

女性週刊誌がヒマなだけであろう(エンタメ)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/31/203302.shtml
 恐らくネタが枯渇気味の女性セブンにダシにされただけなのであろう。森泉もある意味可哀相だ。イベントとは関係のないことを、くだらんゴシップ記事のために訊かれなきゃならんのだから。

World Baseball Critical(スポーツ・野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006013119.html
 言い出しっぺのMLBからして人を集められない体たらくなのに、果たしてこんなのが国際大会として成立するのかね。
 しかも、NPBに至っては投球数制限を撤廃せよだのわけのわからん理屈をこねやがっててめえらは選手が自分たちの財産だとわかってねえのか?
 もうさあ、こんな大会、大失敗に終わっちまえばいいんだ。最初から成功する気なんて全くしないよ。

虚を実にすることは難しい(国内政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060131i506.htm
 Livedoorの全てをだとは言わないにしても、その根底にあるものがであるのだから、どんなに頑張ってみてもにはなりきれないんだな。
 この尾道の事務所にしたって然りで、主たるべき人間は小菅ヒルズに入れられて、そいつがオーナーシップを振るってたLivedoorは今や死に体同然なわけだろ。になり得ない物にを求めようとした結果がこれなんだから、諦めて事務所を畳んでだね、もう一度本当の意味でのを生み出したいと考える若い連中で再興した方がええんでないの?

片手間で仕事なんかできないよ(エンタメ・国内社会)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20060130_30.htm
 この木内某に同情できる点がゼロだとは言わないが、一方で女優業も続けつつ他の会社に就職」って、そりゃねえべよ仕事ナメてんだろ、あんた。
 そんな片手間意識で仕事しようってんなら、どっちにしたって大成できないんだから、止めときなさいって。恥かくだけだよ。

でも見た目は市村正親の方が犬っぽい(エンタメ)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/31/203347.shtml
 若い嫁もらったからって、はしゃぎすぎだよ。

インクの値段ぐらい安くしろよ(国内経済・IT)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060131i311.htm
 インクタイプのプリンタの何が嫌だって、あのインクカートリッジの値段な。あれが俺は非常に腹立たしい消耗品のくせに何であんなに値が張るんだ。ああいうものをこそ安くしなきゃ。
 リサイクルなんてのは、本来、プリンタの製造メーカー自身が積極的にやらなきゃいかんことであって、それをろくにやりもしないくせに、一方でこういったリサイクル品メーカーの締め出しに走ってる
 キヤノンは斯様な訴訟に出る前に、何故自前でリサイクルカートリッジを発表しようとしないのかヴァージンインクを買わせようとするだけで、使用済みインクのリサイクルに少しも積極的でないように見えるのは、俺の気のせいなのか?

名横綱であったが故に(スポーツ・大相撲)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006013122.html
 批判されることや失敗が嫌なんだろう。正直、もう北の湖が理事長やらんでもいいんじゃないのかね。

今の平野じゃねえ・・・(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/jan/o20060130_70.htm
 そりゃ岡ちゃんが平野に目をつけたくなる気持ちもわかるけど、岡ちゃんが代表監督だった頃の平野と、今の平野じゃ全然違うし、そもそも岡ちゃんが代表監督だった頃の平野が、果たして左サイドのキーパースンとして断然の機能を誇ったかと言われたら実はそれほどでもなかったわけでさ・・・。
 でもまあ、若い頃の平野だったら、まだ獲得するのもわかる気がするんだが・・・、今の平野ではなあ・・・

ベベトでは懲りないようで(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006013114.html
 ヴィッセル神戸にリバウドやらフィーゴやらの売り込みがあったらしいが、神戸側はこれを断ったらしい。まあ、賢明且つ当然の選択だな。
 それに引き換え、これは何だ。いやまあ、どうせ夕刊フジの飛ばし記事だとは思うけど、それにしたってロナウドはないだろうよ。もうロナウドの時代じゃないよ。
 かつてベベトを獲ってきて失敗したことを忘れたのかね。

ああ、なるほど(エンタメ)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006013121.html
 いや、記事にはまるで関係のない部分で納得がいった。つまり、何で今春来日するストーンズのライヴが大阪ドームで組まれていないのか、ということがね。

いい加減にしろよ、谷川(格闘技・K−1)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20060130_10.htm
 谷川貞治なら言い出しかねないとは思ったが・・・。おまいはK−1を色物にして、それで本当に満足なのか?

誰だい、この人?(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006013175.html
 悪いけど、まるで知らない元選手。そんなん、ホークスにいたんだね。

疫病神は額賀だけか?(国内政治)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006013147.html
 あの辛気くさい北側国土交通大臣も、ある意味じゃとんでもねえ疫病神だろう。何せ、あれが就任してからというもの大事故に不祥事、トラブルが続発してるじゃねえか。その度にあの辛気くさいツラを拝まなきゃいかんのだぜ。
 まあ、中川昭一にせよ、額賀にせよ、北側にせよ、大臣の仕事に向かない連中だってことなんじゃないの?
posted by KAZZ at 21:16| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

まいど!

ガンちゃん、ホリプロへ(スポーツ・プロ野球)
 http://daily.jp/baseball/2006/01/28/202979.shtml
 あれだけキャラ立ちした男なんだから、第2の人生でも成功できると思う。将来は監督にもなりたいらしいんで、主眼は野球重視の活動になると思うが、それ以外の世界を見知っておくことも、ガンちゃんにはいいかも。
 とにかく、お疲れさん。次の世界でも威勢のいい「まいど!」を聞かせてくれよな

え、開幕から新車じゃないの?(スポーツ・F−1)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/sports/jan/o20060127_10.htm
 旧アロウズの4年落ちマシンで開幕数戦をしのごうという算段らしいが、そりゃないよ。いくら何でも、もう少し何とかならんのか。
 そんな状態じゃ、まずレースに出してもらえるかどうかも微妙だろう。くれぐれも、かつての泡沫プライベーターの轍を踏まぬように

身を挺して宣伝部長に(スポーツ・プロ野球)
 http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-060128-0002.html
 清原もいろんな意味で必死らしい。そりゃそうだ。もう、黙ってても話題を作ってもらえるような球団の選手じゃないんだし。

スタレビ同窓会?(エンタメ・音楽)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20060127_30.htm
 これはあくまでも俺の勝手な想像だが、スタレビを辞めていった人の中には、きっと根本要のキャラがイヤで辞めた人もいると思う(笑)。
 いや、あくまで想像であり、冗談だからね。ファンの人、ごめんなさいね。

ユニ変え、石井弘残る(スポーツ・プロ野球)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/jan/o20060127_20.htm
 http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-060128-0006.html
 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060128&a=
 20060128-00000110-kyodo-spo

 ユニフォームを変えるというのは、なかなか勇気の要る作業だと思うが、そうしたいのならすればええんでないの。ヤクルトの現行ユニはわりとスッキリしてていいんだけどね。
 で、一方、石井弘寿。球団社長が言質を与えたことで残留を決めたらしいが、もし次回、この言質が反故にされたら、石井はどうするんだろう?

一筋縄ではいかないであろう犯罪者の矯正(国内社会)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060128i506.htm
 実際、なかなか矯正は難しそうだね。今のようなシステムに依存するのではなく、もっときめの細かいプログラムを作成して、それに則った矯正のやり方をした方がいいのかもしれない。

同大、サンガOBにすがる(スポーツ・サッカー)
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20060128ie04.htm
 まあ、坂元はともかく望月の方は実際に同志社大学サッカー部のコーチをやってきてる人物なんだから、現状を何も知らないわけではなかろう。ゼロからビルドアップするつもりでやったら、意外と成功するかもしれない

だから、何処よ?(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20060125ie34.htm
 セレッソ大阪については後述するとして、札幌や水戸ってのはどうだ。札幌厚別・札幌ドーム・笠松・ひたちなかはこれまでにも当然開催実績はあるわけだから、それ以外の何処かってことになるんだろうけど・・・。室蘭だって天皇杯の開催実績があるし、Jの入れ替え戦をかつてあそこでやったことがあったよな。う〜ん、何処だろ?
 で、セレッソ。関西に他にスタジアムがないんだよな。あっても、既存クラブが押さえてるわけだし。となると基準外というのは、近鉄花園ラグビー場(前に一度開催実績有り)や紀三井寺(和歌山県)とかを指すんだろうか?

この際、障碍者お断りとでも謳ったら?(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060128i203.htm
 あのクソふざけた社長の論理からすれば、障碍者用施設を設けても儲からないってことなわけでしょ。だったら最初から「障碍者お断り」を謳った施設にすりゃいいんだよ。
 もっとも、そんなことは最初からできるはずもないわけで。ま、ああいうのが経営してるんだから、ダメダメなのは目に見えてるけれども。俺は利用したことないんで知らんけど、サービスとか、あまり良くなさそうだし。

新日本プロレスよ、何処へ行く?(スポーツ・プロレス)
 http://daily.jp/ring/2006/01/28/202954.shtml
 http://daily.jp/ring/2006/01/28/202959.shtml
 http://daily.jp/ring/2006/01/28/202955.shtml

 猪木と長州という2つの微妙すぎる存在に依存したまま、これという新味を打ち出せなかったのが全ての敗因だろう。9人も退団者を出したということは、彼らがその停滞に嫌気が差したからこその話であって、つまり「新日に未来なし」と考えたからだろ。
 だから、とっとと「猪木離れ」すりゃ良かったんだ。確かに猪木はカリスマだが、もう彼の時代でもない。そんな時流を読む力もないまま、未だに猪木だ長州だってあたりに依存しなきゃやっていけない団体なんか、とっとと畳んじまえ

反省してそうな気はしない(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060127ia22.htm
 ま、口では如何様にも言えるから。

時流を先取りしすぎたナイナイ(エンタメ・TV)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/28/203004.shtml
 それが日テレのぐるナイやナイナイサイズじゃなくて、よりによってフジテレビのメチャいけでの話だからなあ。さて、問題の20分をどう穴埋めするやら。

糖尿病患者に朗報となるか?(海外社会)
 http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-060128-0006.html
 注射式のインスリン投与は大変らしいからね。日本でも認可されていくといいんだろうけど。さて、どうなるかな。

わけわからん(国内事件)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/28/203000.shtml
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20060127_5.htm

 どうにもならんねえ、ボビーは。もう勝手にしろって感じだよ。

日本じゃできそうもないね(海外事件)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060128-00000049-jij-ent
 日本ってこういう時にシャレが通じないからなあ。

アスベストが止めを刺したテレビ番組(エンタメ・TV)
 http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/p-et-tp0-060128-0006.html
 そもそも解体の際に出るゴミの細分化とかにもコストがかかるわけで、そこに持ってきてアスベストだからな。こりゃあ、如何な「ビフォーアフター」もひとたまりもない
posted by KAZZ at 20:07| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入浴マナーには御用心(BlogPet)

場合はヴェルディたちが、面白い文句をサポートしたかったの履き違えだなあ
何にせよ不思議なカップルだねえ
(以下、リーグ側によほどの理解がないと称するただの履き違えだ)
まあ、参加することに大甘な
何というか、面白い文句をサポートしたかったのは案外自己流で難しいと思うけど(IT・)
ソフトウェアhttp://www.mainichi-msn.co.jp/hl?a=2


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 12:14| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

ボビーvsムルアカ無制限一本勝負

曰く付きの事務所らしいが(国内事件・エンタメ)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/26/202678.shtml
 以前セイン・カミュもこの事務所に所属してて、金銭トラブルで揉めたことがあったそうな。ということを考慮した場合、単純にボビーとそのマネージャーが悪いという問題でもなさそうな気がする
 無論、暴力はダメだけど、ボビーの言い分も一応は聞いておいた方がいいんじゃないか。

悪足掻き(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060126ic21.htm
 こんなことをしてみたって、何も変わりゃしないのに。

東大和市が最初から認めていれば済む話(国内社会)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060126i311.htm
 鈴花ちゃんと御両親にとってはめでたい話なのだが、よくよく考えてみれば、東大和市が最初から鈴花ちゃんを保育園に受け入れていれば済むだけの話だったような。それをせずに筋論だけを押しつけるのは、行政の怠慢というものだよ。

東大和市には変わった御仁がお住まいのようで(国内事件)
 http://www.sankei.co.jp/news/evening/27nat001.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060126i106.htm

 多数の女性と共同生活っていうと、かの千石イエスを思い出す。でも、千石さんがこの事件を知ったら、きっと烈火の如く怒り出すだろうな。「こんなのと一緒にしてくれるな」とか言って。
 ちなみに、このハーレムオヤジも東大和市の住人らしい。記事にそう書いてあっただけで、別に他意はない。

当然の判決(国内社会)
 http://www.sankei.co.jp/news/060126/sha079.htm
 肥満になったのはファーストフード業者のせいみたいなことを言ってくだらん訴訟を起こすバカがアメリカなどにいるが、本質的にはそれと何ら変わりがない
 ファーストフードを喰うことにしても、(受動喫煙は別にして)煙草を吸うことにしても、結局は本人の意思の問題なのであって、別に業者は喫煙を何ら強制していない。よって、この場合は煙草を30年以上も止めなかった連中の意志の弱さこそを問題にすべきであり、安易に煙草会社に責任を押しつけるような問題ではない
 判決は当然だよ。司法はこんなバカな訴訟につきあう理由もない自己責任を棚上げするのは最も良くない

中東情勢は不透明に(海外政治)
 http://www.sankei.co.jp/news/060126/kok069.htm
 シャロンが病床に倒れてしまったことが、逆にハマスの支持率を伸ばす要因になってしまったんじゃないかな。そんな気がする。

政治献金が、なんと月々僅か1万円から!(国内政治・自由民主党)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060126-00000138-kyodo-soci
 まあ、額も少ないし、殊更目くじらを立てるような問題でもないんだろうけど、それにしても、あれだけ金持ってて政治献金が月1万円って、そっちの方が驚く。献金のリボ払いか?

責任は明確に・1:武部の場合(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/
 20060125k0000m010084000c.html

 いやまあ、当然ながら自由民主党にもそれ相応の責任はあるだろうよ。まして、堀江擁立の首謀者的な存在たる武部が批判を受けるのは当然の話だろう。逆ギレしようが何しようが、それだけは動かせない
 正直、こんなのに権力持たせとくのは、他人の痛みがわからないようなヤツに刃物を持たせるのと同じことだよ。

責任は明確に・2:小泉の場合(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/
 20060125k0000m010082000c.html

 最初は、↑みたいなことを言って逃げ切ろうとしてたわけだが・・・。

 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/
 20060127k0000m010064000c.html

 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060126i112.htm

 何を思ったのか、急に方針転換してしまった。んで、ついでにマスゴミ相手に逆ギレの一つもかましてみたりするんだが、あんたがマスコミ云々って言える立場かよ。
 逆にマスコミにいろいろ助けてもらったからこそ今の自分があるくせに、そんなことはまるでなかったかの如きこの態度はどうだ。小泉もマスコミも、そういう意味ではどっちもどっち大差なし

要請してないんだって(国内政治・民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/
 20060125k0000m010093000c.html

 まあ、いずれにせよ、堀江と面会はした、と。

粉飾は粉飾じゃねえか(国内政治・自由民主党・民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/archive/news/
 2006/01/25/20060125ddm005010018000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/
 20060127k0000m010069000c.html

 国会ってとこはいいよなあ。こんな取るに足らない揚げ足取り懲罰」とか何とか申し立てられるんだもん。
 一般社会でそんなこと言ったら、せいぜいバカにされるのが関の山だってのに。

本当にギャングスターになってしまった(国内事件)
 http://www.sankei.co.jp/news/060126/sha082.htm
 天下の京大アメフト部が何やってんの・・・。それにしても、近頃の大学生っつーのは、どうしてこうもサカリのついたのばっか目立つんだか

小島伸幸の選手晩年(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/
 20060127k0000m050059000c.html

 ザスパに移籍した時って、小島さんとしてはもう現役晩年だったわけで、2年前の夏に一度生で小島さんのプレーを見た時、「頑張ってるんだけど、何だか衰えたなあ」とも思った。
 でも、小島さんの偉いとこは、自分の衰えなんてとっくに理解してて、それをうまいことハッタリをカマして誤魔化しきったこと。ああいうのを、円熟味っていうのかも。
 あれぐらい敵のいない人もいなかったんじゃないだろうか。愛すべき好漢GKがピッチを後にするのは残念だが、それも小島さんの決断であり人生だし、ただ黙って見守ってあげよう
 お疲れさん、小島さん!

で、歳出は削らんの?(国内政治・経済)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060127k0000m020045000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060127k0000m020032000c.html

 増税云々が問題なんじゃなくて、歳出削減の努力や効果が目に見えて出てきてもいない今の段階で、なし崩しに増税論議をしたって、誰もついてきてなんかくれないということの方がずっと問題だと思うが。
 別に今の状況下で減税しろとは誰も言ってないんだし、税収不足を言うのなら、それは税の取り方にそもそもの問題があると思う。

盧武鉉が政権にいる限り(海外政治)
 http://www.sankei.co.jp/news/060126/kok054.htm
 韓国が北朝鮮に厳しい態度なんかとれっこない。むしろ、なあなあでやり過ごしておいた方が楽だと思い込んでいるフシすらあるように見える
 でも、韓国政府の国内的な立場はともかく、対外的には相当な損失があるんじゃないだろうか。まあ、そんな簡単なことにも気づかないのが盧武鉉の盧武鉉たる所以なのだが。

こういうエゴイズムが最も嫌い(海外社会)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060127k0000m040056000c.html

 俺は常々思ってるんだが、環境保護」だの「自然保護」だのと声高に叫んでいる連中こそが、実は最もその種の問題に対して無関心なんじゃないか、というね。
 だってそうじゃない。彼らは所詮、鯨にしても何にしても「愛玩動物」程度の感覚しか持ってないんだもの。だから、乱獲への取り締まりを強化徹底すると共に、計画的な資源保護を国際社会が協調して打ち出すことこそ、実は捕鯨に限らず動物を狩るという問題においては最も有効な策の一つなのに、それを打ち出すことはしないんだよな。何故って、そんなことしたって彼らには一銭の得にもならないからだよ。
 あのな、人間様ってそんなに偉いもんじゃない。地球の環境や自然の中で、ただ単に生かしてもらってるだけ。そういうことを踏まえて、人間視点の対策ありきではなく、むしろそれぞれの動植物や鉱物などの視点からの対策こそ、最も重視しなければいけない
 人間が地球の自然社会で傲慢に振る舞っていい理由など何処にもない。こういう広告を出して悦に入ってるような似非エコロジストなんざぁクソ食らえだ

SNSねえ・・・(IT)
 http://japan.internet.com/busnews/20060126/2.html
 そりゃまあ、誘われたら、よほどのことでもない限り断る理由はないが、でも自分からSNSのサービスを利用して何かしようとは、今のところ思わない
posted by KAZZ at 22:02| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

ホリエモン・ラプソディ

堀江貴文が捕まっちゃったので、特集。

熊谷が代表取締役?(国内経済)
 http://www.sankei.co.jp/news/060124/kei073.htm
 熊谷って、確かLF買収騒動の最中にブログで何かヤバい(と思われる)ことを書いたあの熊谷のことか? いいのかよ、そんなん代取で。
 Livedoorって、よほど人材いねえんだな。平松だかいうおっさんはまともそうだけど。

まあ、そんなもの(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006012412.html
 そりゃさあ、ああいう場に放り込まれりゃ、イヤでも自分の身が可愛くなるわいな。別に宮内だけに起きる心情ではないよ。

別問題などでは決してない(国内政治・自由民主党)
 http://www.sankei.co.jp/news/060124/sei047.htm
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000706-reu-bus_all
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000088-jij-pol
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060124-00000027-san-pol

 この期に及んで往生際が悪すぎるね。知らぬ存ぜぬを決め込めば、それが通ると本気で思ってやがる。バカだ、こいつら。こんなのが我が国の政権与党の上層部だなんて、恥ずかしいにも程がある
 結局のところ、公認や推薦をしなかったとしても、多くの人は堀江を「自由民主党の息がかかった候補者」と受け止めていたわけだし、その路線で実際に選挙を戦ってもいる。また、そうした流れを逮捕劇が起きるまで自由民主党は一切否定すらしなかった。むしろ、構造改革路線の旗手」みたいな持ち上げ方までしてみせた
 ということは、自由民主党は半ば公然と堀江(や、そのビジネスモデル)一定のお墨付きを与えていたのと同じなんだよ。それを今になって知らぬ存ぜぬはないそんな理屈は絶対に通らないし、通してはいけない
 小泉がこの問題で断固として責任を回避したがるのは勝手だが、いくら否定しようとも、いくら責任逃れをしようとも、自由民主党が堀江にお墨付きを与えた」かの如き印象を誰にも覆すことはできないんだよ。
 堀江と自由民主党(の、特に小泉・武部・竹中三バカ大将)は、一蓮托生なわけだ。とっとと諦めるこったね。

メディアを自称するなら当然だ(IT・メディア)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006012425.html
 彼らもメディアの端くれを自任するなら、報じて当然だと思うが。むしろ何も触れない方がおかしいと思われる

フジテレビの微妙な沈黙(マスコミ・TV)
 http://www.nikkansports.com/ns/general/p-so-tp0-060124-0010.html
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_01/g2006012412.html

 昨日のTV各局の様子をざっとおさらい。

<NHK>
 ニュース7(従来通り)→クローズアップ現代(従来通り)→特番→ニュース10特番
<NTV>
 「キスだけじゃイヤッ!」までは従来番組→「アンテナ22」枠を特番に→今日の出来事
<TBS>
 21時ぐらいから延々特番をやっていた。
<テレ朝>
 「テレビのチカラ」を飛ばしたらしい。以後「報ステ」終了までニュース特番
<テレ東>
 通常の番組を放送。ワールドビジネスサテライトのトップ項目で取り上げただけ。
<フ ジ>
 「ネプリーグ」番組中に速報。しかし、ニュースJAPANまでずっと通常番組。

 フジだけは西遊記スマスマあいのりみんなやってた。こういう事態にも唯我独尊のテレ東はともかく、フジの不気味な沈黙ぶりが気になって仕方なかった。

しかし、売れない(国内経済)
 http://www.sankei.co.jp/news/060124/kei077.htm
 確かに独自処分はできるようになったものの、現状ではとても株式を売却できないだろう。フジテレビもまったくお気の毒としか言えない。それ以上の同情はしないけれども。
 まあ、これに懲りて敵対的買収に負けない企業作りでもしたらどうかね。そうすりゃ、こんな馬鹿を見なくても済む。

西京銀行もさようなら(国内経済)
 http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-060124-0028.html
 あと、高知かどっかの地方競馬もLivedoorに力借りてんでしょ。あれ、どうすんのかな。それと、その高知にいるはずの堀江の馬。あれは今後どうなるんだろう。

堀江、小菅ヒルズに入居(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006012401.html
 どうせなら「東京拘置所」とか言わないで、「小菅ヒルズ」とでも呼んでやんなよ

騒ぎたかったんだろう(国内社会)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006012426.html
 この探偵ファイルの動画は、フジのニュースJAPANで見たけど、まあ、悪趣味っていうか、成金のお大尽遊びっていうか、すごかったね。金の使い方を知らないヤツの遊び丸出しだもの。
 なんで成金はどいつもこいつも宴会となると、ああやってドンチャン騒ぎをしたがるんだろうな。その神経が理解できない。

堀江なんかに期待したって何も出ないよ(IT)
 http://www.sankei.co.jp/news/evening/25nat002.htm
 堀江に期待だなんて、この期に及んで悪い冗談はお止めなさいお里が知れる。結局、堀江という「儚い夢を見せる装置」に依存して、勝ち組とやらの尻馬に乗ったような気になって満足するのが関の山なんだろう。そんなヤツはどんな社会でも成功できないね。
 本気で成功したいと思うなら堀江に対する期待を一切捨ててかかること。あれはよくある失敗例の一種」ぐらいに思っていかないと、何もできっこねえんだよ。
posted by KAZZ at 20:25| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

DASH村は火気厳禁ってことにしたらどうか

2度目だな(国内事件・エンタメ・TV)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20060120_10.htm
 DASH村が火事出すのって確か2度目だよな。こういう事態が頻発すると、近隣から協力してもらえなくなっちゃうんじゃないの?

どじょうすくいは如何?(国内社会)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006012121.html
 島根県東部にお越しの際は、ぜひ一度足を運んでやっていただきたい。何せ安来節は「出雲名物、荷物にならぬ」だからね。どじょうすくいの踊りもユーモラスでいいしね。あと、泥鰌の料理も食えるらしい

硬軟取り混ぜるラモス流(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sanspo.com/soccer/top/st200601/st2006012106.html
 思ったより冷静なんだな、と感じたね。確かに移籍新加入の選手をいきなりチームの主将に抜擢するのはサプライズ人事なんだろうけど、方法論としては決してなかったわけじゃない
 以前、川崎フロンターレで指揮を執っていた松本育夫監督(現・サガン鳥栖監督)は、監督就任当初に、移籍したての岩本輝雄を主将に据えたことがあった。最終的には岩本がシーズン途中で主将の座を中西哲生(現・スポーツキャスター)に譲ったけどね。

米をゲットせよ!(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sanspo.com/soccer/top/st200601/st2006012108.html
 勝てば食費の幾らかが浮く計算になるのか。でも、その恩恵にあずかれる選手って、どの程度いるんだろう?

すっかりその気(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060121ia01.htm
 何か知らんがその気になっちゃってるな。でもさ、安倍に小泉みたいな真似はできないし、安倍も小泉の二番煎じになりたいと思わないのなら、適宜小泉と一線を引いておかないと、あとで無用の苦労を背負い込むだけだと思うぜ。
 正直、安倍という御仁はあまり評価できないんだよね。確かに幾つかはいい仕事もしてるけど、イメージとしては武部とほぼ同じで小泉の提灯持ちって感じ。立ち居振る舞いに主体性がないように見えて仕方がない。

野村など放置プレイでええやん(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006012102.html
 石井も野村など相手にしないで、自分の野球をやれば良いんだよ。いくら昔の恩師だからって、言って良いことと悪いことの分別も付かないような人間など、放置プレイでいいんだ。

カズの店?(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sanspo.com/soccer/top/st200601/st2006012105.html
 そういう企画を立てるのは良いけど、あまり押しつけがましくならんようにね。それでなくてもカズは難しい立場にいるんだから。

それがアメリカン・ウェイなのか?(海外事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20060121i104.htm

 対日輸出基準すら知らない検査官を平気で起用してるんだから、さすが天下のアメリカ合衆国様だよな。あまりのバカバカしさ怒りとか呆れるのとか通り越して、ただただ感心しちゃう
 あの国は他国に対するトリートメントとかケアとか、そういう概念が実はまったく存在しないってことなんだろ。その表れがこういう事象なんじゃないか。

人はそういうのを「派閥」と呼ぶ(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060120ia26.htm
 脱派閥と称して、やってることは結局派閥と何ら変わりないというね。情報交換の場とか言ってるけど、いずれこれが派閥になる日が来ると思うね。

競馬も雪には勝てぬ(スポーツ・競馬)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0121sokuho001.html
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060121i403.htm

 去年末は中京で途中でレースが中止になったなんてことがあった。ま、安全第一だからね。当然の決断だろう。

便所じゃありません(エンタメ・音楽)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_01/g2006012105.html
 TOTOってアメリカのバンドのことね。バンド名の由来が「トイレのTOTO」みたいに言われてるけど、そうじゃないってことで。良いグループなんで、機会があったらぜひ聴いてみてほしい。

加地ってFUJIWARAの藤本に何となく似てる(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/jan/o20060120_40.htm
 ということは、石田靖に「ブサイク」って連呼されるのか?

愛された野球人・仰木彬(スポーツ・プロ野球)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/pro/news/
 20060121k0000e050056000c.html

 たくさんの人が参列したそうだが、仰木さんの人柄なんだろうね。そういえば、福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)、元監督で球団社長だった根本陸夫さんが亡くなったその年から一気に王者の風格を身に着けたわけだが、オリックス・バファローズもそうなるんだろうか

武豊の記録は記録として(スポーツ・競馬)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0121sokuho040.html
 フサイチジャンクって、確かこの若駒ステークスに中1週で出てきてるんだろ。別に切羽詰まった状況でもないのに、こんな無理使いをして良いんだろうか
 いや、こういうのが後々何らかの形で響いてくるってこともあるわけだから。この馬をクラシックで中心的な存在にしたいなら、あまり変な使い方をしない方が良いと思うがね。

想定外に逞しい商魂(国内経済)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/21/202057.shtml
 ま、商人たるもの、転んでもタダでは起きないということだろう。

専門家も動員(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060121it05.htm
 道理でねえ。手口がうますぎると思ったよ。

堀江君よ、いつまで穴熊をやってるつもりだい?(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20060120_10.htm
 株主総会で突き上げられたぐらいで泣き出すようなタマだからな。さぞかし今の状況には耐えられないんだろう。

フジテレビ、反転攻勢に(国内経済)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060122k0000m040041000c.html

 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060121it02.htm

 そりゃ当然のことだろう。フジテレビでなくたって同じことを考える。損賠を求めるならせいぜいガッポリとむしり取って差し上げなさい

ポータルとしては当然(IT)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/21/202128.shtml
 まあ、ポータルサイトとしては当然の行動でしょ。別に記事にするほどのことでもない。

PJなんて所詮弱小ブログみたいなもんだよ(IT・メディア)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006012101.html
 簡単に言えば、このブログと本質的には何も違わない。それがライブドアPJなるものの本質。違いがあるとすれば、俺にはまったくと言っていいほどない「影響力」というファクターを、彼らは「Livedoor」というブランドによって最初から得ていることだけ。そしてPJの書き手連中は、その上に胡座をかいて「記事」と称する駄文を垂れ流しているに過ぎない
 正直、あれを「メディア」などと俺は呼びたくないし、ましてジャーナリズム」だなんてとても呼べるような代物じゃない多少まともな「便所の落書き」でしかない

HGは今日も行く(エンタメ・お笑い)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/21/202106.shtml
 http://gameinfo.yahoo.co.jp/info/headlines/geg/20060118/
 cpt/21000000_eg012.html

 バスのアナウンス(これは他にもいるけど)やったり、オンラインゴルフゲームに参戦したり、レイザーラモンHGもなかなか大変な人気ぶりだな。
 でも、バスの方はともかくとして、「パンヤ」をやってる人はHGの起用をどう思うんだろう。ていうか、アイテムとして選ぶ人がいるのか?

関東に雪(国内社会・気象)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/tenki/news/
 20060122k0000m040010000c.html

 関東在住の皆さんはお気をつけて。
posted by KAZZ at 21:09| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

唾は何処に飛んでいく?(BlogPet)

ボンゾたちが、複数箇所でのキャンプしなかったの♪
前、アメリカってのは惜しい
ホント、引退試合の相手に限り通行止めにマイクパフォーマンスとかやってくんないんだろうか

永源師匠にも、引退試合の相手に指名された百田さんじゃないが、「選挙にはラッシャー木村師匠にも、「政策」
だけで何もかも乗り切ってきたが、それは例えばもしレイザーラモンHGが何ら損をするわけじゃないが、「国民的なレポート」
でもまあ、ヨーロッパでロスとかいいじゃねえかよ、曙とボビー・
オロゴンのクソみたいな選択をするのか?
だいたい、スカウティング下手でろくな外国人を獲れない神戸のフロントの能力の無さを引き合いに出して外国人枠の撤廃を法の範疇で運転できるのだろうけど
と、KAZZが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 12:17| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

ベンチャーなら何をやっても許されるのか?

まずは本日もLivedoor絡みの話題から。

ベンチャーだから何をやっても良いわけじゃない(国内経済)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/kigyou/news/
 20060119dde007020030000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060120k0000m030035000c.html

 http://www.sankei.co.jp/news/evening/20bus001.htm

 ニューヨークタイムズやロサンゼルスタイムズっつーのは、政治的に影響力を広く行使できるサイドの人間(ここでは主に小泉純一郎・武部勤・竹中平蔵らを指す)が堀江を担ぎ上げ祭り上げてもいるという事実からは目を逸らして如何にも日本的な「出る杭は打たれる」式の弊害を被ったみたいな論調を採っているわけだが、見方としてはあまりにも平板というか、芸がない
 まだ、3番目の記事に出てくる、マーサ・スチュワート(アメリカの「カリスマ主婦」とか言われた、ただのええカッコしいのオバハン)事件に準えた英紙タイムズの論評の方が説得力がある
 なお、東証の不手際に関しては後述。

他人事ですか(国内経済)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/livedoor/news/
 20060119org00m020026000c.html

 何だろうねえ、この奥田碩の「如何にも他人事ですよ」みたいな態度は。あんたらが安易に堀江にお墨付きなんか与えるからイカンのだろうよ。当事者意識がなさすぎるよ。こういう連中こそ、真っ先にフェイドアウトすべきじゃないかね。

そんなに簡単な問題か?(国内経済)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/livedoor/news/
 20060120k0000m020055000c.html

 こいつらも奥田と同じ。所詮、他人事対岸の火事だと思ってやがる日本のお偉いさんは危機意識がなさすぎるね。それこそまさに「日本の恥」ってなもんだよ。いやはや、まったくもってお目出度いことだねえ。

いろいろ明らかになってきた(国内事件)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060119k0000e040084000c.html

 まあ、何にせよ、やり方があまりにも姑息だったと。それだけだね。

東証に責任をおっ被せれば済む問題なのか?(国内経済)
 http://www.sankei.co.jp/news/evening/20bus003.htm
 http://www.sankei.co.jp/news/060119/morning/19na1001.htm

 確かに、東証のスペックとキャパシティの小ささは問題にされるべきだし、それは非難を浴びても仕方がない。実際、是正勧告まで出された挙げ句のこの問題だからな。
 ただ、東証に全ての責任をおっ被せておけば済む問題ではないことも確かだろう。信用取引に着手する個人投資家が増加したというような要素も見逃せないわけで、そういう傾向を作り出させた直接の原因は何なのか、誰なのか、という話にもなるんじゃないのか?
 くどいようだが、確かに東証は批判を受けても仕方がない。その一方で、こういう個人の信用取引増加の流れを主導した連中の責任も、同時に問われなければイカンだろ。
 株式投資なんてのは、所詮水物なんだよ。リターンもあるがリスクも恒常的につきまとう。それを理解していれば、こんなバカ騒ぎになどならない。俺は、株に踊らされて醜態を晒すような人間にだけは絶対になりたくないね。

日米では事情が違うよ(海外経済)
 http://www.sankei.co.jp/news/evening/20bus002.htm
 ま、既にエンロンだのワールドコムだのいう前例があるしな。


さて、Livedoor絡みはこの辺にして、以下はその他の話題。

見苦しいなすり合い(国内事件)
 http://www.sankei.co.jp/news/060119/sha037.htm
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060119k0000e040054000c.html

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060119-00000238-kyodo-soci

 もうねえ、ヒューザーにせよ、イーホームズにせよ、姉歯にせよ、総合経営研究所にせよ、その他あれこれと建築設計販売に関与した連中にせよ、見苦しいなすり合いは止めたらどうだい
 そんな意味のないことをするぐらいなら、とっとと全部まとめてマンションの買い主やホテルやビルなんかの経営者とかに賠償でもしてやれよ。
 どいつもこいつもケツの穴の小さい連中ばっかりで、見ててイライラしてくる

中身も知らずにのこのこ出向くのか?(国内政治・事件)
 http://www.sankei.co.jp/news/060119/sei034.htm
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060119k0000e040048000c.html

 論評するのもバカらしくなるぐらい稚拙というか、みっともない言い訳だな、おい。ダメだ、こりゃ。

アモローゾ、訴えられる?(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sanspo.com/soccer/top/st200601/st2006011910.html
 「またミランか!」と思った人はどれぐらいいるのか。そういえば、かつて某横浜方面のクラブも意中の選手をミランにかっさらわれたことがあったよな。カ○ーとかいうサイドのできる選手。○フーの時も結構話題になったもんな。
 FC東京もこの際だから訴えちまえ。両天秤は仕方がないにせよ、契約(というか合意事項の)不履行は最も良くない

議員を辞める人(国内政治・事件・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/
 20060119ddm005010051000c.html

 まあ、少なくとも民主党がこの件で自民党を責めることはできないだろうね。なぜって・・・。

議員を辞めない人(国内政治・事件・民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/archive/news/
 2006/01/17/20060117dde041040029000c.html

 離党こそしているがこういう御仁がいるわけだから。だから西村もとっとと議員辞職しとけば良かったんだ。と同時に、辞職せよと説得しきれなかった執行部にも問題があるのだが。

人気という「水物」に依存する政党の弱点(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/
 20060119k0000m010109000c.html

 人気依存が突出することによって何が最も損なわれるかと言ったら、それはつまり、政党の質的な側面なわけだ。確かに国民に人気があること自体は悪いことではないが、それにばかり依存していると、政党の質的向上はどうしてもなおざりになってしまって、ただ単に「人気を維持あるいは向上させることにだけ腐心せざるを得なくなってきてしまう
 その結果、何が起きるかと言えば、人気ありきで選ばれた粗悪な議員だけが残り、そいつらが大衆の人気を得るべく従来の人気取りの劣化コピーに勤しむ事態になり、果ては政党としてのレベルダウンを余儀なくされるというわけ。

ロッソってそんなに強いのかね?(スポーツ・サッカー・JFL)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0119sokuho044.html
 少なくとも、地域決勝や天皇杯の内容を伝え聞く限り、そんなに強いチームには思えないのだが。

やりすぎでしょ(国内政治・地方自治)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/archive/news/
 2006/01/19/20060119dde041010015000c.html

 いや、気持ちはわかるが、それはどうなんだ。まかり間違って「鳥取県職員は普段から護身用具を携帯している」なんてことを言われるようになったら、却って問題じゃないのかな。

緑鬼?(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0119sokuho039.html
 とりあえずお手並みを見てみたい。まあ、怒りすぎて退席処分なんてことが頻発せんようにね

尹晶煥、鳥栖に降臨(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0119sokuho055.html
 こりゃまた懐かしい名前だ。前にセレッソ大阪にいたよね。良い選手だと思うんで、ぜひ円熟のプレーを見せてもらいたい。

病院でタバコなんか吸いなさんな(国内社会)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060119-00000188-kyodo-soci
 いくら何でも病院では吸わないでしょ、普通。加戸さんも、いくらそこに灰皿があったからって、場所が場所なんだから遠慮すればいいのに。

何故こんなことになったか?(スポーツ・バスケットボール)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0119sokuho033.html
 もう一つのバスケのリーグ戦であるbjリーグはそれなりに上手くやれてるんだよな。なのにスーパーリーグはこんな事態になってる。正直、これはJBLの責任が最も重いと思う。
 bj(というより、その親玉格である新潟)の言い分をもう少し冷静に聞いてうまく融合できていたならこんな事態を招かなくて済んだのに。

★ああ、そうですか(スポーツ・プロ野球)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0119sokuho058.html
 また讀賣や日テレの玩具が増えただけか

優雅な旅だが(国内社会)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060119-00000031-kyodo-soci
 これ、俺が駅すぱあとでよくやる遊びだな。面白いんだ、ルート考えるのが。

ま、そんな国だからね(海外社会)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/news/
 20060120k0000m030044000c.html

 他国にゃうるさいくせに、自分らがあれこれ言われると八つ当たりするんだよな。まあ、それがアメリカという国なんだろうけど。

コニカミノルタ、カメラから撤退!(国内経済)
 http://www.sankei.co.jp/news/060119/kei044.htm
 元々の会社は小西六にせよ、ミノルタにせよ、それなりにカメラ業界ではステイタスのある会社だったのに。時代の流れとはいえ、ちと淋しい決断だ
posted by KAZZ at 20:55| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

ゲーム感覚の罠

というわけで、Livedoor特集。

何が問題とされたのか?(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060116it12.htm
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011703.html
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060117it01.htm
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011701.html
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060117i206.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060117i101.htm

 問題視されているらしいのは、以下の2点。

・偽計
 Livedoor子会社のヴァリュークリックジャパン(現・ライブドアマーケティング)が、2004年10月25日に、その段階で既に事実上Livedoor子会社化していたマネー情報誌出版の「マネーライフ」について、「完全子会社化する」と虚偽の発表をしたこと。
・風説の流布
 そのおよそ半月後の同年11月12日に、ヴァリュー社の売上高や経常利益を水増しして発表した(5番目の記事に詳しい)こと。

 何というか、堀江もちょっとは考えればいいのにな。会社の図体だけデカくすりゃいいってもんじゃないだろう。図体がデカくなりすぎて身動きが取れないなんてことになったら、いったいどうするつもりだったのかというね。
 まあ、そんなことを考えるような御仁じゃなかったってことなんだろうけど。じゃなきゃ、ここまで派手にやらないよ。
 これまでのようにゲーム感覚で短絡的に企業(の時価総額拡大に邁進することが、どれだけおっかないことか、堀江は起業してから一度も本気で考えたことがないんじゃないかね。

半日がかりで大捜査(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060117ic05.htm
 地検も御苦労なこった。

6分じゃ何もわからんだろ(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011702.html
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060117i102.htm
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/01/17/10505.html
 http://daily.jp/newsflash/2006/01/17/201675.shtml

 最後に堀江を引っ張り込もうとしたらしい社員がいて面白かったが、全容が解明していないとかそういう見え透いたこと言わせただけじゃダメだろ。要は、Livedoorという企業が採ってきた拡大手法そのものが問題だと言われてるわけなんだから、まず質問する側もそこを毅然と追及しないことには、話が見えてこない
 もちろん、捜査段階でクロと断定するわけにもいかんし、堀江だって迂闊なことは喋らないだろうが、案外ってこともあり得るからな。

市場も急反応(国内経済)
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060117it04.htm
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011725.html

 そりゃそうだよ。あれだけの大騒ぎになったんだからこれで市場が沈静化してる方がウソだ。まあ、巻き添えを食ったYahoo!や楽天、ソフトバンク、更にはLivedoorの大株主であるところのフジテレビなんかは、気の毒だが諦めてもらうしかないだろうね。
 もっとも、フジはともかく、Yahoo!や楽天、ソフトバンクなんかは「あんなのと一緒にしてくれるな」みたいに思ってそうだけど。

他人事で済ませられる問題か?(国内政治・自由民主党)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060117-00000054-jij-pol(小泉)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060117-00000099-kyodo-pol(二階)
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5900/news/20060117i103.htm(武部)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011727.html

 いくら小泉や二階や武部が予防線を張ろうが、現実に「堀江=自民党が亀井静香に送りつけた『刺客』というイメージは覆せないわけで、それを今更言い訳じみたコメントで誤魔化そうったって、そうはいかねえよな。
 そんなことを今になって言うぐらいなら最初から堀江のケツなんか押さなきゃ良かったのに、自民党は公然とそういう行為をやって、なおかつ堀江を持ち上げまくったわけだろう。そんな知らぬ存ぜぬが通用するわけねえっての。
 改革だの何だの言ってみたところで所詮連中も旧来の自民党政治の中から抜けきれないんだよ。今回の件はそれを見事に露呈しただけ。単に人を見る目がなかったとか、不勉強とかで済まされる問題じゃない

・・・とまあ、こんなところで。
posted by KAZZ at 22:07| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘却してはいけない1・17

Livedoor関連は別にエントリを立てるので、それ以外について。

最も忘れてはいけないこと(国内社会・災害)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060117i302.htm
 あの日の出来事を決して忘却せず、次の瞬間、それが自分の身の回りに起きるかもしれないという緊張感を持つためのきっかけの日にならなければ意味がないと思うね。
 セレモニーも良いけれど、もっと大事なことは、地震国家日本において如何に地震の被害を最小限に食い止めることができるのかという点なのであって、そのために国を挙げた対策の必要性が叫ばれる日になってこそ、この日の意義があるってもんだ。
 どんなに年月が経っても、我々は決して1・17の大地震を忘れてはいけないし、そのために何をすべきかを、誰もが何かしら考えるようにしなければいけないと思う。

見るのも嫌になる(国内事件)
 http://www.nishinippon.co.jp/img/news/tokuho/t060117.html
 http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/news006.html

 こんなヤツに罪の意識を問うこと自体間違ってるよ。最初っからそんなもんなんて宮崎にはないわけだろう。それなら、もっと裁判自体のスピードを迅速にしたって良かった。何にしても、見るのも嫌になるほどバカげた野郎だと思う。
 あと、殺人罪は重罪に決まっているけれども、子供を対象にしたそれはもっと罪を重くしたって良いと思う。理由が何であれ、子供に手をかけるなんて以ての外だ。強制猥褻なんかについても同じで、子供相手の犯罪については厳罰主義で行かなきゃダメだね。

日頃の威勢の良さはどうした?(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011723.html
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5500/news/20060117i105.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20060116_20.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5500/news/20060117ic06.htm
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011724.html

 小嶋も追い詰められてるのか何なのか、やることがセコくなってきた。今日の喚問だって偽証罪での告発を恐れて証言拒否連発だったってんだろ?
 テレビに出て泣いてみたり、責任逃れの文書を配ってみたり、国や民間検査機関に損賠請求するとか言い出してみたり、往生際が悪すぎるっての。とっととてめえの首っ玉差し出しちまえってんだ。その方が早いよ。
 で、これ幸いにとヒューザーから逃げるように辞めていったらしい社員連中ってのもどうなんだか。こいつらだって、結果的に小嶋の片棒担いでたわけだろ。そのことについて責任意識とか持ってないのかね

日本共産党、何たる無定見ぶりか(国内政治・日本共産党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060115k0000m010136000c.html

 ↑の記事で何と言っても笑ったのが以下に引用する部分

「首相=田中康夫(長野県知事)、外相=田中真紀子(元外相)、総務相=橋本大二郎(高知県知事)、女性・少子化対策相=福島瑞穂(社民党党首)……。このような閣僚名簿を国民に示し、国会で多数を占めるべく行動できないか」。奈良県の党員からの提案である。護憲勢力の社民党だけでなく、民主党の一部や、公明党の支持母体・創価学会との連携を求める声まであった


 申し訳ないんだが、日本共産党ってのはそこまで考えなきゃならんのかいなと思ったら、ただもう爆笑するしかなかったね。田中康夫を首相にとか言ってるが、冗談も休み休み言ってくれと思うね。
 しかも、これらの中に肝心の日本共産党の政治家の名前は誰一人入っていないというのが・・・。更に創価学会の名前まで持ち出してるが、かつて日本共産党と派手にやり合った歴史をよもや忘れてるわけではあるまいな。
 いやまあ、素晴らしい程の無定見ぶりだと思うね。もはや日本共産党のアイデンティティすら、彼らの中ではそれほど重要ではないらしい。お笑いにすらならねえよ。

拡大主義も結構だけれど(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/
 20060118k0000m050063000c.html

 J2の18チーム化なんて、もっと先でもいいじゃん。2010年度までにそうしなきゃって言ったって、現実には様々な障壁が立ちはだかってて、そう簡単にはチーム数も増えてくれないよ。
 そんなに性急にチーム数を増やすことを考える前に、もっと頑丈な根を張らせて、少々のことではビクともしないぐらいにサッカーが確実に根付かなきゃダメだと思うよ。

キタジさん、出戻りですか?(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/
 20060118k0000m050017000c.html

 そりゃいいけど、今の柏にはキタジを活かすパッサーがいないんだが。一番相性の良さそうだった大野(敏隆)は東京ヴェルディに行っちゃったしさ。どうすんの、キタジ?

自分に傷が付く前に(国内政治・民主党・国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060117ia01.htm
 西村真悟の気持ちもわからんではないが、ああやって罪に問われている身なのだから、ここは一つ自らの身を律して議員を辞職した方が良いのではないか。これではまるで国会議員の職にしがみついていると思われるだけで、西村にとって何のメリットもない

ていうか、あんたも出たいんだろ?(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060118k0000m010042000c.html

 政治的に色気満々なヤツに限って、妙に沈静化を図ろうとする。どうせ福田も自由民主党総裁選に出る気満々なのだろう。

単なる言い掛かり(国際政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060117ia02.htm
 靖国参拝を止めたら、今度は他のことを言い出す。そういうものだろう。だいたい、そのような瑣末な事象に拘泥してみても韓国には何らメリットがないのに、彼の国の政治家は自分で自分の首を絞めていることに気がついていないのだろうか?

バカ大将の思い込み(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006011701.html
 李スンヨプのことなどどうでも良くて、問題は原辰徳なんだな。「松井が帰ってくるかもしれない」って、アホか。くだらん夢想に時間を費やすぐらいなら、御自慢の「ジャイアンツ愛」とやらでチームを強化する方策でも立ててろっての。

未練たらたらじゃん(スポーツ・プロ野球)
 http://daily.jp/baseball/2006/01/17/201646.shtml
 サインに間違えて前所属球団の名前を大書するなんてのは、要するに前所属球団に未練たらたらだからやることじゃないんですか、デイリースポーツさん?

愛では強くなりません(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/jan/o20060116_80.htm
 このほど正式にセレッソ大阪に移籍することが決まったヤマタクこと山田卓也(前キャプテン)のブログってのをこないだ偶然に見たんだが、ラモスが「ヴェルディ愛」なるものを振り回せば振り回すほど、事態の滑稽さが浮き彫りになってくるだけなんだけどね。
 いや、ラモスが悪いってわけじゃないんだよ。要は、そうやって結果として自分たちの傷口を広げて見せようとするヴェルディのフロントが間抜けだと。
 もしも公約通りに1年でJ1に戻れなかった場合、ラモスの言う「ヴェルディ愛」は一方的な押しつけに終わるだけのような気がするんだよな。
 だいたい、巨人にしてもそうだけど、チーム愛だけでチームが強くなるなんて、そんな簡単なことじゃないよ。

一定回数カド番に達した大関は自動降格で(スポーツ・大相撲)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006011703.html
 カド番9回目かよ・・・。もうさあ、こんなの、自動的に大関の地位から降ろせよ。いたって何の役にも立ちゃしねえじゃん。大関の面汚しだろ、こんなの。
 それよかね、大関在位中に3回以上カド番を迎えたら自動的に大関の地位から降格させるぐらいの厳しいルールを作るべきだね。カド番と好成績の繰り返しなんて、見てるこっちがウンザリする

プレーオフの矛盾(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006011703.html
 例えばリーグ内で更にディヴィジョンが分かれてるMLBのような方式だったら、プレーオフという制度も有りだろうと思うが、リーグ内単一ディヴィジョン方式の日本プロ野球に、プレーオフという制度は馴染まないんじゃないか。
 そういう根本的な問題が置き去りにされている現状で、集客力があるからプレーオフをやりましょうという単純な議論だけで、本当に全てが解決するんだろうか。目先ばっかり見てて、肝心のことを何一つ論じていない気がするんだが。

ガイアの日暮れ(TV・国内事件)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060118k0000m040024000c.html

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060117-00000198-kyodo-ent

 要は、この種の番組が最もやっちゃいけないことをやってしまった、と。テレ東もダメだねえ。

今度入れてみようかね(IT・ソフトウェア)
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/01/17/10512.html
 まあ、LunascapeってSleipnirと違って重いから。そこが最も重要な問題なんだな。

・・・というわけで、次はLivedoor特集。
posted by KAZZ at 21:09| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

クイック決まってできました

バレーやる気ないんだろ、大友って(スポーツ・バレーボール)
 http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2006/01/14/01.html
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/sports/jan/o20060113_20.htm

 大友が出したコメントを見る限り、出産したとしても現役選手として復帰する気はないのかもしれない。だったら、それで別にいいじゃない。本人にやる気がないんだもん。
 子供ができたこと自体はめでたいけど、それとバレーをやるかやらないかを大友が決断するかどうかは別の問題だと思う。

政治ってそんな簡単なもんじゃないよ(国内政治)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/
 20060114k0000e040073000c.html

 政治って、そんなに簡単なもんじゃないだろう。そうやってイージーに見切りをつけるような態度じゃ政治家としては大成しないし、他の業種でも大成できないだろうね。
 もっとも、今みたいに政党が活性化してなくて動脈硬化しちゃってるような状況では、政治家としての活動も難しいだろうけど。政党が如何に自身を活性化させて政治家を活かすようにできるか。それが重要だと思う。

騒ぎすぎだっつーの(スポーツ・ゴルフ)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/sports/jan/o20060113_30.htm
 ミシェル・ウィーに期待し過ぎなんだよ。男子の大会に平気で駆り出すような真似をする前に、女子ツアーでキチッとした経験を積ませる方が大事だろうに。今からこんなことばっかりやってたら、ウィーが潰れるぜ

乱暴な結論(海外社会)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060115k0000m040018000c.html

 そもそも、バターン死の行軍の時とこのジャーナリストの取材の時とでは、様々な物理的・心理的な状況が違うのだから、一概に比較することはできないと思う。よって、この距離を歩いただけでは人は死なない」などと単純に結論づけることは難しいだろう。
 ちょっとばかり迂闊な記事だと思うね。行軍の進路を辿ること自体には問題はないけれども、単純比較のできない状況であるにもかかわらず、一つの事象に断定的な結論を与えるのは、あまりにも乱暴すぎる気がする。

どうでもいいからさっさと決めろ(スポーツ・プロ野球)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/jan/o20060113_20.htm
 WBCがどうこうより、石井、おめえ自身を何とかしろよ

メロリンQ、山に向かず(エンタメ・TV・ドラマ)
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200601/gt2006011410.html
 とはいえ、山本太郎ってのは良い役者だよなあ。ヨゴレも平気でやっちゃう(胃薬のCMで全身タイツ着てたりね)なんて、気取った役者にはできないことだよ。あの気取りの無さが良いんだろう。

実力過信の李(スポーツ・プロ野球)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/baseball/jan/o20060113_5.htm
 李なんて、自分で考えてるより大したことない選手だと思うがね。だいたい、それほど強烈なスラッガーでもなかろうよ。韓国球界で年間ホームラン記録を持っていると言うが、それがあまり印象に残っていないのも問題だ。

1型糖尿病を抱えて頑張る男(スポーツ・プロ野球)
 http://www.sanspo.com/sokuho/0114sokuho051.html
 いわゆる生活習慣病とは少々意味合いが違うんだよね、この1型糖尿病ってのは。普段の生活からして大変なんだろうと思うが、病気と上手くつきあう意思があるからこそプロになることができたとも言える。
 同じ病気に悩む人々のためにも、ぜひ活躍を。

とりあえず痩せましょう(スポーツ・MLB)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/major/jan/o20060113_30.htm
 松井ぐらいだったら、100kg切ったぐらいの方が良いんじゃなかろうか。

署員が持ち出したに決まってるだろう(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011409.html
 こんなもん、普通に考えたら署員しか持ち出せる人間はいないよ。まったく、しょうのない事件だね。

何かデカいのキター・・・のか?(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/jan/o20060113_80.htm
 しかし、加地は日本代表の常連なのだから、バックアッパーまで召し抱えておかないと本当の意味で抜け落ちたピースの補充にはつながらないと思うのだが。
 マグノアウベスにしても然りで、播戸という相方はいるが、それが本当にシナジーを生むかどうかはわからない。それに、マグノアウベスとアラウージョ、播戸と大黒は基本的に異なる選手であることを、認識しておきたい。
 よって、この補強が本当にガンバを強くするかどうかは、まだ何とも言えない。

知事・議員から身を削り(国内政治・地方自治)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060114-00000003-khk-toh
 知事(市区町村長)や議員の報酬を軒並み減らすなんて話がよく出てるが、どうせやるんなら岩手県ぐらい本格的にやらないとな。それだけやって、ようやく多少納得してもらえるって程度なんだから。

小野、結局浦和に(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sanspo.com/soccer/top/st200601/st2006011401.html
 今更知らない場所に行くよりは、多少なりとも勝手を知っている場所に移った方が得策だと小野は考えたのかもしれない。オランダでの経験を糧にJでしっかりやること。それが今季の小野の役目。
 もちろん、代表にも無事選ばれて、ドイツに行ってプレーすることも重要だけどね。さて、小野の試練の1年がいよいよ幕を開ける。

バナナマン?(エンタメ)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20060113_70.htm
 実はあまり知らない。

あの扮装で向こう正面とかにいられたら嫌だなあ(エンタメ・TV・大相撲)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/01/14/03.html
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200601/gt2006011403.html

 NHKのアナウンサーが「閣下」とか呼ぶのかね。確かにデーモンは相撲オタクであり、その知識量は他の追随を許さないレベルらしいが・・・。
 そういや、NHKは初日の中継にやくみつる呼んでたよな。あれに通じる流れってことなのか?

妥当な流れ(国内事件)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060114-00000064-jij-soci
 もはやあのおっさんの口八丁では誤魔化しきれないということなのだろう。妥当な流れだと思う。少しでもヒューザーから賠償原資を確保しようとするのなら、当然の行動であろう。

株屋の論理だけで片付けられてもね(国内経済)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/news/jan/o20060113_30.htm
 なんかねえ、株屋の論理がさも全て正論であるかの如き流れができてるようだが、本当にそうなのかと疑いたくなるんだが。市場原理主義が逆に経済を疲弊させることだってあるんじゃないのかね。

早急な原因追及を(国内事件・事故)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060114-00000004-mai-soci
 舗装の施工に何か問題があったんじゃないのかね。そんな気がするよ。ともかく、一刻も早い原因究明と安全確保を願いたい

何が柔軟で、何が現実か(国内政治・日本共産党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060114k0000e010070000c.html

 柔軟で現実的な路線だというなら、政党助成金ぐらい見栄なんか張らずにもらったら良いんだよ。それに、言ってることは相変わらずで、何処に柔軟性があって、何処に現実的対処があるのかが、もう一つ見えてこない
 共産主義の全てを否定する気はないが、現実社会に於いて既に過去の遺物としてしか存在し得ない主義であることは間違いないのだから、もっと本当の意味で現実に目を向けなければ、いつまでも共産党は党勢なんて拡大できっこない
 もっとも、相も変わらぬ主義主張しかできない彼らに、現状以上の党勢を望むのも無理があるだろうけど。
posted by KAZZ at 21:09| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年の3人(BlogPet)

9月は、自分から「偉大なるイエスマン」
様だろうな
とアピールしたいがために衆議院を解散しているし、やっているし、きっと賞味期限が切れるまでは、史上最強の詐欺師と呼ばれる人物をモチーフにしてたとしてもう一つ信頼できかねてしまう
テレビに錯覚しまくってるような人物な意味のコメントをした人物であり、昨今の政治的人材の貧困を最も象徴している
例えば、先の選挙で大量に当選した先人が今の自由民主党を見たら、たぶん情けなくて慟哭するかもしれないけれども
と、KAZZは考えてるはず。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 16:31| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

唾は何処に飛んでいく?

表示法を若干変えます。

永源師匠、引退へ(スポーツ・プロレス)
 http://daily.jp/ring/2006/01/12/200981.shtml
 永源師匠も遂に引退か・・・。途中から唾吐きばかりがクローズアップされるようになったわけだが、この人、プロレスの職人みたいなところがある人だからねえ。
 国際プロレスから全日本、そしてノアに移ってきたが、こういう前座の職人がいなくなるのは惜しい。ホント、引退試合の相手に指名された百田さんじゃないが、「まだ動けて、且つ元気」なのにね。でもまあ、それが永源師匠のダンディズムなのだろう。何となくだが、理解はできる。
 最後にはラッシャー木村師匠にも出てきてもらって、特別にマイクパフォーマンスとかやってくんないかなあ。「オイ、永源。俺はなあ・・・」なんてやられたら、それだけでどんぶり飯3杯はいけそうだ

想像を絶する雪の中で(国内社会・気象)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011220.html
 夕刊フジには珍しく硬派なレポート。でもまあ、実際、これだけの雪に降られたら、そこに住んでいる人たちにはたまらんだろう。確かに雪の多い場所ではあるかもしれないが、それにしたってこの冬の積雪量は多すぎるわけだし。
 明日は地域住民に限り通行止めになってた国道が臨時的に開放されるそうだが、それでもまだあれだけ雪があるんだから・・・。

同性愛のカウボーイ?(エンタメ・海外社会)
 http://www.sankei.co.jp/news/evening/13int001.htm
 我々が考えてる以上に、同性愛とかそういうのに過敏なお国柄(と言っても、主に保守派がだけど)なんだよな、アメリカってのは
 だから、例えばもしレイザーラモンHGがアメリカに何かの番組の収録に行ったとして、リベラルな空気を持つ地域や都市でなら、まだいいのかもしれないが、保守的な人が主流を占める地域で収録なんかしようものなら、すぐに槍玉に挙げられる。
 ただ、俺は同性愛者じゃないが、同性愛というのも「愛」の一つの在り方には違いないとは思っている。だから、こういう映画ができても別に不思議ではないと思うし、人それぞれに様々な感想はあるだろうけど、それがたまたま肯定論だったとしても責める謂われはないと考える。

それがイチロー流(スポーツ・MLB)
 http://www.sankei.co.jp/news/060112/spo073.htm
 イチローならではの考え方で面白いと思う。松井秀喜や井口みたいな選択をするのも、イチローのように出場して勝ちたいと考えるのも、どちらも見識としては正しいが、WBCという大会を本気で成功させようと思うなら、それを統括する連中がイチローのような見識を主流に持ち込まなければならない
 しかし現実には、個人的な思惑や所属チームの事情などから出場辞退を言い出す選手が出ているわけで、そうした流れに持っていけてない。
 サッカーにおけるFIFAのように、野球にも国際的な統括団体が必要になっていると思うのだが。それがあれば、まだ多少は違うだろう。

人気なんて水物なのにね(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/
20060112k0000m010176000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060113k0000m010054000c.html

 何か小泉は大きな誤解をしているようだが、国民的な人気」があれば「選挙に勝てる」わけでは、必ずしもない国民的な人気」が選挙の際の陥穽になることだって、十分に考えられる
 そもそも人気」という不確定要素に依拠しようという思想そのものに、小泉の危うさがある大事なのは「人気」などという上っ面の要素ではなく、立案及び実行される「政策」という内面の要素なのに。
 従って「政策」が主で「人気」が従という関係ならまだわかるが、どうも小泉は「政策」と「人気」を等価であるかの如き認識で話を進めようとしているようで、そこが非常に危うく思えてしまう。
 まあ、人気」だけで何もかも乗り切ってきた政治家だからこそ、「政策」を軽視できるのだろうけど。日本は確実に堕落してるな。森の懸念ももっともだと思うよ。

みんなに呼びかけた(国内社会)
 http://www.sankei.co.jp/news/evening/13nat002.htm
 松下も必死だなあ。ま、企業としてはごく真っ当な対応だと思うけど、全ての世帯にハガキを出すことが、果たして実効を挙げられるんだろうか。

日本共産党は喰わねど高楊枝(国内政治・日本共産党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
 20060112k0000e010091000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/
 20060112dde007010029000c.html

 つまらん見栄など張って助成金を受け取ろうとしないから、こういうことになるんだよ。いいじゃねえか、助成金もらっても。別に共産党が何ら損をするわけじゃない。ルサンチマンか理想主義か知らんけど、もらえるものはもらっておくぐらいの現実主義でいかないと、いざという時に誰も助けてくれなくなる

和田アキ子は何故リスペクトされるのか?(エンタメ・音楽)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_01/g2006011210.html
 歌い手の質的な素晴らしさに、出自や履歴なんて大して関係ない。あの歌唱力を以てすれば、現存する日本の女性歌手のほとんどは確実に凌駕できる
 日本の女性歌手に限れば、美空ひばり・越路吹雪・和田アキ子は間違いなくトップ3であろう。それだけの歌唱力と説得力がある。リスペクトされるのも至極当然。前2者は既に故人であるだけに、現在存命中の和田アキ子にかかる期待は大きい。
 ぜひ彼女の歌唱力を活かした素晴らしい楽曲を

初じゃないでしょ(エンタメ・TV)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/12/201026.shtml
 HG単独でなら「新喜劇フォー!!」(MBS)とかいう番組を持っていたことがある。コンビとしては初かもしれないが、レイザーラモンHGというピン芸人に限って言えば、残念ながら初の冠番組ではない

何にもわかっていない三木谷君(スポーツ・Jリーグ)
 http://daily.jp/soccer/2006/01/12/201025.shtml
 格闘技を引き合いに出して外国人枠の撤廃を言い出しているようだが、格闘技は個人競技であって、団体競技ではない。故に比較することさえできない。更に言えば、ボスマン判決があったヨーロッパ(EU)にも、「EU域外」という定冠詞がついた「外国人枠」が存在することを、三木谷君は御存知ないのか?
 だいたい、スカウティング下手でろくな外国人を獲れない神戸のフロントの能力の無さを、Jリーグに責任転嫁したいだけだろうよ。だから、そういうことを平気で言い出す。何にもわかっちゃいないヤツはこれだから困るツラ洗って出直せ

それ、ダメでしょ(海外政治・エンタメ)
 http://daily.jp/newsflash/2006/01/12/201055.shtml
 たとえサイドカーが自動車免許で運転できるとしても、バイクの免許は持っていなかったのだから、やはりマズいのではないか
 まして、シュワルツェネッガーが単なる俳優だったならともかく、現在の彼は曲がりなりにもカリフォルニア州という自治体のトップ(知事)なのだから。

そんなゴルファー知らん(国内事件・スポーツ・ゴルフ)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_01/t2006011201.html
 最高位9位じゃほとんど誰も知らんだろう。つーか、何やってんだ。

反則キス(スポーツ・格闘技)
 http://daily.jp/ring/2006/01/12/200985.shtml
 いいじゃねえかよ、曙とボビー・オロゴンのクソみたいな試合よりは、ずっとマシだ。

アナクロ著作権論議(国内社会)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060112-00000060-jij-pol
 アナクロだと思うけどね。だいたい、一般的なコピーの目的というものをお偉いさんは理解してないよ。何故そんなことをするのかと言ったら、要するに好きな素材(音楽や映像等)を好きな形で好きな時に鑑賞したいからなのであって、それは例えばP2Pによる脱法的なソフトウェア(音楽・映像・コンピュータソフト等)の流通とはまったく趣を異にする(正規の流通ルートを通じて買わないことが問題なだけ)ものなわけだ。
 個人が公的に流通されている著作物を法の範疇で適切に利用する分には何も問題ないのだから、もう少しそうではない、イレギュラーな著作物の利用のされ方や流通の在り方についてメスを入れていくのが本来の姿じゃないんだろうか。

別に鹿児島でいいじゃん(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006011210.html
 これがちょっと前まで「ダイエーと合併する」とか言ってた球団のやることかねえ。いやはや、急に羽振りが良くなったらしくて、すっかりお大尽気分だ。
 オーストラリアまでわざわざ行かずとも、普通に鹿児島でキャンプすればいいじゃないの。移動で喰う時間のロスもないしさ。複数箇所でのキャンプにはあまり意味ないよ
posted by KAZZ at 20:46| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

入浴マナーには御用心

ヘッドロックの餌食になる(スポーツ・競馬)
 http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200601/ke2006011003.html
 http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2006/01/10/03.html
 http://www.nikkansports.com/ns/horseracing/p-hr-tp0-060110-0003.html
 しかし、騎乗マナーが悪くて揉めるってのは聞いたことがあるが、入浴マナーって何なんだろう。それとヘッドロックってあんた・・・。原因が何であれ、こういう行為はダメだろう。いろんな意味で問題のある話だ。
 まあ、銭湯とかサウナとかで揉めないように気をつけてほしいものだね。入浴マナーなんてのは案外自己流でやっちゃうところがあるようだし。


21世紀のトータルフットボール(スポーツ・サッカー)
 http://www.sanspo.com/soccer/top/st200601/st2006011001.html
 野洲のサッカーに敢えて命名すればこうなるのかな。何というか、面白いサッカーだったね。個人技というよりは、意思の産物だと思う。個人技はそれを形成するファクターの一つに過ぎない。
 もちろん鹿実のサッカーにも意思はあったが、その表示の仕方が野洲とは違っていて、且つそれは「たまたま野洲のそれを凌駕できなかったというだけ。よって、準優勝だからといって、連覇ができなかったからといって、決して恥じることはない
 野洲も鹿実も、両方がいいサッカーをしていたと思う。


ディープインパクトと武豊の年(スポーツ・競馬)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/keiba/news/20060111k0000m050093000c.html
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/keiba/news/20060104k0000e050090000c.html
 確かにこの1頭と1人の話題で独占されていた感はある。今年はどうだろう?


Geckoはいいと思うけど(IT・ソフトウェア)
 http://japan.internet.com/webtech/20060110/12.html
 レンダラとしてのGeckoはいいんだけど、Firefoxというブラウザ自体には「」ってところもあるんでね。う〜ん、どうだろう。まあ、俺としてはメインで使っていないということを考えた場合、Firefoxはちょっと・・・。もっとも、IEだってどうだと言われると・・・。


阪急株、買われる(国内経済)
 http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/00046626sg200602101400.shtml
 阪急に目をつけたのはいいが、果たして阪急側にこの投資ファンドをあしらう度量はあるのかな。


桜中学が名所になれば良い(国内社会)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060110-00000007-jij-soci
 金八が今後放送されるかどうかはわからないが、こういう形で残るのなら、それもありなんじゃないか。


WBCの意義を考える(スポーツ・野球)
 http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200601/bt2006011001.html
 どうなんだろうなあ。キューバを締め出したばかりか、何だかわからん理屈で出場しない選手がいたりして、大会の存在意義自体に疑問が浮かんでくるわけだが。
 そもそも野球の世界一を決めようという大会なのに、特定の国を締め出すという矛盾したことをやってしまうあたりに問題があるような気がする。
 また、リーグ側によほどの理解がないとうまく行かない気もするし、そもそも野球という競技の国際的な統括組織もないのに、どうやって大会を統括する気なのか、という。
 クリアすべき問題は多々あるし、難しいと思うよ。


韓国政府がまともに取り合うわけもない(海外事件)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060110-00000008-kyodo-int
 何せ北朝鮮に大甘な現在の韓国政府。こんな訴えを起こしてみても、握りつぶされるか有耶無耶にされるのがオチ。


大嘘つきの末路(海外事件)
 http://www.sankei.co.jp/news/060110/kok043.htm
 http://www.sankei.co.jp/news/evening/11iti001.htm
 功名心なのか何なのか。いずれにしても、韓国も科学のフィールドにおいて世界的に信用を失うことになってしまったわけだ。たった1人の科学者が、事情はどうあれこうしたことに手を染めたことは非難されて当然だろう。


でも、競技者としてどうかと言われると・・・(スポーツ・スキー)
 http://www.nikkansports.com/ns/sports/p-sp-tp0-060110-0010.html
 確かに不祥事云々を今更言うことは難しいが、現実に競技者としてどうなのかと言われると疑問は残る。まあ、参加することに意義があると思うのなら、この人選でも別に誰も文句は言わないだろうけど。
 俺は正直、どっちでもいい。


社会は確実に集中主義になっている(国内社会)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/tatenarabi/news/20060110k0000m040012000c.html
 人口の集中が確実に進んでいるってことだな。それが本当に日本の社会にとっていいことなのかどうなのか。集中主義は社会の過密化を進めてしまうだけのような気がするわけだが、それが日本の社会をどういう構造に変貌させてしまうのか


これはどういうカップルなのか(エンタメ)
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200601/gt2006011001.html
 普通なら「美女と野獣」なるキャプションの一つもつけたくなるが、それではあまりにも陳腐だなあ。何にせよ不思議なカップルだねえ。


(以下、1件追加)

それはサポのやることじゃない(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-060110-0005.html
 気持ちはわかるけど、それはサポーターがやるべきことじゃないだろう。選手にはそれぞれにプレーする場所を選ぶ権利ってもんがあるんだよ。そこを弁えもしないで、ただ「クラブのために残留してくれ」って、そりゃ違う。そういうのは身勝手なファンの単なる我が儘でしかないんだよ。
 本当に東京ヴェルディというクラブのことを思うのであれば、「出て行っても構わないが、いずれ対戦することになるまで待ってろよ」とでも言って、移籍するであろう選手を快く送り出してやるのが本当のサポートってもんだろ。
 だいたい、これからヴェルディに入ってくれようとする選手たちも大勢いるだろうに、そういう選手たちに対して失礼だとは思わないのか?
 もう一度言う。そんな行為はクラブにとって迷惑以外の何物でもないサポーターのやるべきことじゃないよ。」と称するただの履き違えだ。
posted by KAZZ at 22:37| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

それが長野県クオリティ

県民の安全確保より知事の価値観が優先する県(田中康夫長野県政)
 http://www.shinmai.co.jp/news/20060107/mm060107sha5022.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe5800/news/20060106it16.htm
 要するに、長野県知事たる康夫ちゃんの価値観、もっと言えば単純な(飯山市に対する)好き嫌いの問題によって、県民の安全確保に関わる重要な要請さえも、かかるドタバタ茶番劇に変貌してしまうという情けなさ。
 康夫ちゃんの知事就任以来、何度となく繰り返されてきたこの種の茶番によって最も多くの被害を被るのは他ならぬ長野県民の皆さんであるわけで、そのことに些かも思いが至らないのが田中康夫という御仁の特性であり、こんな知事に振り回される県民には同情を禁じ得ないわけだが、一方でこの御仁を知事として延命させてしまったことにも問題はある
 降ろすチャンスは何度かあったんだけどねえ・・・。あの不信任騒動の時の失敗が、返す返すも痛かった。あれでもっとうまく立ち回っていれば・・・。


とんでもなく雪は積もり(国内社会・気象)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060107i106.htm
 豪雪というのはこれまでにも繰り返されてきてるんだろうけど、近年は地球温暖化が叫ばれているせいなのか、冬場の降雪量もかつてほどにはならないだろうみたいに我々はどうしても思っちゃう
 しかし、いくら温暖化が叫ばれても、実際に雪が降る時はドカッと降るらしいとも言われている。実際、豪雪(に限らず気象現象は概ねそうなんだろうけれども)に至るのは様々な要素が複合的に絡んだ結果なんだそうだ。だから、何かを一つ特定して判断することはできないらしい。


それは違うぞ、ザワヒリよ(海外政治・テロリズム)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060107-00000028-kyodo-int
 テロリズムなんて所詮は御都合主義に拠ってしか成り立たないということの典型例だよな、このザワヒリによる宣言は。ブッシュもアルカーイダも、結局は大差ない。どっちもどっちの空騒ぎに精を出すだけ。泣きを見るのはいつも一般人
 正直、程度が低すぎる幼稚とさえ言ってもいい。比較することさえ(幼稚園児に)失礼かもしれないが、今時、幼稚園児でもこんなバカはしないこんな頭の悪い連中がイスラム社会を力によって牛耳ろうとか思ってること自体が信じられない


仮に国民投票になっても俺は投票しないがね(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060106ia23.htm
 自由民主党の総裁選を国民投票にできないか、みたいな荒唐無稽なことを言い出す小泉も小泉だと思うが、そんな戯れ言にいちいち真面目に応対する山崎拓や加藤紘一もどうかと思う。結局、これら両名は目立ちたいがために口を挟んでいるだけなんだね。
 まあ、そんなことは99.99999999%ないと思うけれども、もし自由民主党総裁選が国民投票になるなんてことになったら、俺は断固投票しないね。政治家のくだらない権力争奪ゲームに手を貸すのはごめんだ


正月早々物騒な事件だな(国内事件)
 http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200601/sha2006010701.html
 原因は知らんが、連れ去った男は病院の誰かを逆恨みでもしてたんじゃないのかね。問題の病院に勤めていたことがある人物を当たってみた方が良くないか。
 ともかく、連れ去られた赤ちゃんの無事を祈りたい


やはりアニメのキャラで?(エンタメ)
 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060106ih01.htm
 アメリカじゃアニメキャラで人気のPUFFYなわけだが、やはりあれかねえ。親善大使としてのPUFFYもアニメキャラのそれなのか、本物がやるのか。後者なら良いけど、前者だったら本物のメンツは・・・


74歳にもなって・・・(国内事件)
 http://daily.jp/newsflash/2006/01/07/200444.shtml
 http://www.sanspo.com/sokuho/0107sokuho009.html
 下関の駅がほぼ焼け落ちたってことだけでも驚きだが、それより何より、放火したのが74歳の爺さんだったというのにはもっと驚いた。何やってんだ、まったく。
 死者・怪我人がなかったことだけは不幸中の幸いだと言えるが、それでも影響は多方面に及んだわけで、空腹による苛立ちの代償は相当高くつくと思うぞ。どうすんだ、この爺さん。


鹿実か、野洲か?(スポーツ・サッカー)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/jan/o20060106_20.htm
 準決勝で野洲と当たった多々良って、確か経営してる学校法人が破綻しちゃったんだよな。今は確か民事再生法を申請中。で、見る側はこういう「背景事情」に弱いんだけれども、一方で野洲の力を侮ることはできない。野洲のサッカーは伝え聞くところに拠ると相当に面白いらしい。
 まあ、結果から言っちゃうと、多々良は惜しくも野洲の軍門に下った(0−1)ようだけれども。もう一方は鹿児島実業が遠野に3−0で圧勝したらしい。
 さて、どっちが優勝するのか。俺は野洲に乗ってみたいけどね。監督からして「高校サッカーを変えたい」なんて言い出すあたりに痛快な面白さを感じる


みの、すげえな(エンタメ・TV)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20060106_70.htm
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200601/gt2006010701.html
 普通さあ、大人しく入院しとくもんだよ。それを、運良く回復具合が良かったからって、自分の番組に出ましょうとか言わないだろ。何たる執念かとね。そこまでしてテレビに出たいのかという。
 いやもう、ただ脱帽だな。みのもんたの恐るべき執念だろう。もっとも、それ(病室からの出演)が果たして良いのか悪いのかと言われると・・・。


NY者・ビリー(エンタメ・音楽)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jan/o20060106_20.htm
 そう言えばビリー・ジョエルもニューヨーカーなんだよな。んで、ヤンキースファンなわけか。だとしたら、このコメントもなるほどと頷ける。
 ところで、本業の方はどうなんだ?


ブルガリ三四郎も見てみたいんですが(エンタメ・TV・ドラマ)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/07/200387.shtml
 小日向文世がやってた劇中劇のブルガリ三四郎っての、あれ、冗談で良いから一本撮ってくれないかねえ。ひょっとしたらウケるかもしれないよ。
 でもまあ、古畑のクオリティはさすがだったと思うね。あれは事件を見せるドラマじゃなくて、犯人役のゲスト俳優を題材にして古畑という人物を際立たせたいがためのドラマなのだから、そこを抑えて見ておけばいいのであって、その意味からすれば3本とも文句はなかった
 強いて言えば、松嶋菜々子の回(第3夜)とイチローの回(第2夜)は逆の方が良かったかもしれない。あと、小石川ちなみ(古畑任三郎の記念すべき第1回の犯人。演じたのは中森明菜)の話を引っ張りすぎ。大事なキャラなのはわかるけど、それに依拠しすぎるのもどうかと思う。


もし大黒が日本の他のクラブに行ったら?(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.yomiuri.co.jp/hochi/soccer/jan/o20060106_70.htm
 グルノーブルに移籍したあとをどうするのかは知らないが、仮に日本復帰ということになったとしても、ガンバ大阪に100%戻ってくるとは限らないんだぜ。
 まあ、神社の体裁にしてしまった以上、軽々しく扱うことはできないわけでね。残すこと自体は仕方ないだろう。


猿にかまれた小池栄子(エンタメ)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/07/200432.shtml
 怪我をしたこと自体には同情するけど、いくらバラエティ界の住人だからって、小池もそんな仕事を引き受けるなよ・・・


大平女史の判断(国内政治・地方自治)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060107i307.htm
 痛くもない腹を探られたくないのなら、このタイミングで大阪市の顧問弁護士になんかならないことだね。たぶん大平女史はそう思って辞退したんだろう。


下品なコンビネーション(エンタメ)
 http://daily.jp/gossip/2006/01/07/200385.shtml
 絵柄がとりあえず下品だな。しかし、それはともかく、HGキャラを演じることの旨味を知ってしまった住谷が、もしHGキャラが飽きられた時、果たして潔くHGキャラを捨てられるんだろうか?
 人気のあるうちは突っ走るみたいに言っていたようだが、彼はその転機をいつ頃だと考えているのかな
posted by KAZZ at 22:00| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

抗議の対象が間違ってるだろ(BlogPet)

当時の反対論はなってほしくないんだよな性格だそうだけれど、
応援している昨今において、果たして今の様相?(国内事件)http:/daily.jp/entertainment/game/gamenews/news/200512/
200097005/199083.htmhttp:/news/20978.shtml
契約交渉の時間をさんざん延ばされた際に入団して渋滞リスクを回避するという思考が出て
このセクシュアルマイノリティ教職員ネットワークなる団体が、
実質同じような抗議(エンタメ・音楽http://www.sponichi.co.jp/keizai/kinyu/news//
daily.jp/soccer/flash/KFullFlash2005/news/22/10515.htm
今朝、出勤の際に少しでもあるならば、入団して渋滞リスクを回避するという
思考回路を辿ろうというと、KAZZが言ってたよ♪



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 16:18| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

イチローvs古畑任三郎

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

俳優イチローの上手さ(エンタメ・TV・ドラマ)
 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060105i305.htm
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_01/g2006010507.html
 あまりにも上手くて驚いた。初収録の際にセリフを全部覚えて行って田村正和をして「役者の鑑」と言わしめたらしいが、イチローって何でも努力するんだなと、改めて思ったね。見ていない人のためにネタバレは避けるが、演技に関してはあれが初めてとはとても思えなかった。
 田村正和のいつもの演技に相対する時でさえ、サラッと彼らしく演技をしてみせる。一切の気負いもなく、淡々とした演技なのだが、それがとても良かった。
 1作目の藤原竜也・石坂浩二の見せる上手さとはまた違う、素人臭さを一切感じさせない演じっぷりが潔かった。興味本位で役者・イチローを見てた人は多かったと思うが、あまりに上手くて驚いた人も多かったんじゃなかろうか。


ネット選挙解禁へ(国内政治)
 http://www.sankei.co.jp/news/morning/05pol002.htm
 まあね、一度全面解禁して、あれこれやってみれば良いんだよ。それでダメだと思う点は次までに改善する。制度ってものは、そうやって磨いていくものだよ。
 ブログやサイトを使う選挙の形というのは、様々な在り方が考えられると思うんで、多様な創意工夫が出てきそうだな。


総裁選に出たがる人々(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20060106k0000m010038000c.html
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/20060106k0000m010112000c.html
 小泉は安倍に禅譲したいようだが、麻生にせよ山崎にせよ、出ようと言っている。そう言い出すからには何らかの勝算を持ってのことなんだろう。ただ、誰が出るにせよ、何だかシャンシャン選挙で終わっちゃう気がするんだよねえ・・・。


勝手にやってろという感じ(海外政治)
 http://www.sankei.co.jp/news/morning/05pol001.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060105i413.htm
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060106k0000m030090000c.html
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060105i212.htm
 中国も韓国も飽きないというか、よくやるねえ。日本もまあ、言うべき時はガツンと言い、言わなくていい時は何も言わなきゃいいんだな。それだけのこと。


浦和レッズ、大補強中(スポーツ・Jリーグ)
 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jtoto/headlines/20060105-00000028-kyodo_sp-spo.html
 相馬(崇人)に黒部かよ。何だかなあ。日本のレアル・マドリードにでもなりたいのかね。いくらACL対策か何かのつもりとはいえ、こりゃちょっとやりすぎだよなあ。
 黒部も京都サンガに戻っていけばいいのに、またスルーかい。まあ、柱谷兄と合わないってことなら、これはこれで仕方がないが。


江藤、西武へ(スポーツ・プロ野球)
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20060105i411.htm
 http://www.sankei.co.jp/news/060105/spo049.htm
 ちなみに守りは期待されてるんだろうか。たぶん、それほど期待されていないような気がするんだけど。まあ、パなら選手寿命もそれなりに延びるだろうから、せいぜい頑張ってもらおうじゃないの。


小久保はどうする気なのか(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_01/s2006010508.html
 いやまあ、好きにすりゃいいじゃんって感じで。まあ、あんなデタラメな方法で巨人に行かされたんだから、いずれ時期を見て戻っていくのがスジってなもんだろうとは思うけど。その時期をいつにするかは、基本的に小久保の選択なんだから。


なくしちゃった(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060105i313.htm
 最近、こういう事件多いねえ。何なんだろう。社会全体が緩んでる証拠なのかな。情報管理について、あまりにも脆弱というか、脇が甘いような気がするんだよね。


一発芸人になるなかれ(エンタメ・お笑い)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_01/g2006010508.html
 昨日、GAORAで吉本新喜劇を久しぶりに見たら、レイザーラモンが2人とも素顔で出ていた。例によって住谷も出渕も悪役で出ていたわけだが、定型ではあるがなかなか面白いツッコミぶりだっただけに、どうしてHG(RG)になろうとしたのか理解できない部分が少なからずある。
 まあ、ブレイクしたい、売れたいという気持ちはわかるんだけど、テレビに消耗されすぎずに、一発芸人にならぬよう。


正統派漫才に(エンタメ・お笑い)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_01/g2006010511.html
 U字工事か。最近、騒々しい漫才が多い中で、こういうほのぼの系もありってことか。注目しておきたいが、できるだけライヴで場数を踏んでほしいね。テレビにたくさん出ないで、ライヴにはたくさん出て場数を踏んでおけば、自然と話術も漫才のやり方も磨けてくるってものだから。
 というわけで、U字工事には、できる限りライヴ出演をお勧めしておきたい。テレビへの露出は今のところそんなにしなくても良いような。


てなわけで、ちょっと表示の仕方を変えてみました。
posted by KAZZ at 22:11| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。