2006年11月30日

そんな世っ彰な

何だか、タイトルがA○RAの表紙みたいだけれども。

往生際が悪すぎて(国内事件・経済・村上ファンド)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061130i406.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061130-OHT1T00097.htm

 そんなん、結局は自己保身の延長線上にある話でしょ。幹部にまで手が回ったら、何をどう暴露されるかわかったもんじゃないからな。幹部やファンドを守るためなんて、そんな綺麗事を言うなよ
 村上もさあ、今になってこんなお涙頂戴に走ってどうしようっていうの。そんなことしたって、誰もまともに取り合っちゃくれないよ。

で、結局彼らは紅白歌合戦をどうしたいの?(エンタメ・TV)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/11/30/01.html
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061130-OHT1T00035.htm

 記事の中でああだこうだと言ってる連中は、結局のところ、紅白歌合戦に何を求めようとしてるんだろうかね。文句言うなら俺みたいに見なきゃいいじゃんよ。別に紅白見なくたって誰も困らないんだから。

夜中にあんなショボい試合見せないでくれ(スポーツ・サッカー・日本代表)
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/11/30/01.html
 なんかさあ、天皇杯に出てきて格下のチーム相手にナメた試合やって、あり得ないような大苦戦をしちゃうJクラブを見てるみたいだったよ。酷い試合だったねえ。特に3点目を取ったあとが
 まあ、青山直の故障は試合中のアクシデントだし、FKをねじ込まれたのは不運みたいなものだから、これらは仕方がないとしても、2点目の取られ方試合終盤の青山敏の2枚目の警告よろしくなかった。あれはもうダメ。
 監督の反町も反町で、万全じゃない平山を80分も引っ張り倒してみたり交代で後手を踏みまくって苦境を更に広げちゃうし、メチャクチャだったね。
 正直、こんな試合ばっかりやってたら、世界はおろかアジアでも勝てやしないよ。

暮れの静かな御挨拶(スポーツ・Jリーグ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061130-OHT1T00070.htm
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/11/30/07.html
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061130-OHT1T00113.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061130-OHT1T00147.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061130-OHT1T00144.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061130-OHT1T00164.htm

 そうか、もうそんな時期なんだなあ。悲喜交々の時期だけど、これを機に新たな道を探してそこで新しい花を咲かせるためにもう一踏ん張りしようって気になれば、これまで以上に光り輝けるかもしれないんだから、現役を続けようって選手たちには、ぜひ頑張ってほしいものだね。

新庄の後釜は森本(スポーツ・プロ野球)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20061130-OHT1T00140.htm
 新庄のテイストを参考にしつつ、森本は森本らしさを追求してほしい日ハムの背番号1は新庄ではなく森本だって言われるようになるためにもね。

ネゴシエーションが下手(スポーツ・プロ野球)
 http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20061130035.html
 http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/11/30/05.html

 ズレータの場合にしてもセギノールの場合にしても、それぞれの球団があまりにもネゴが下手なんだろうと思う両選手のそれぞれの球団に於ける存在価値ってのは、非常に高いんだろう?
 だったらそれ相応の評価をしてやって、残ってもらおうってのがスジなんじゃないのかね。ま、それとも、金を出し渋って若手育成に使いたいとでもいうんだったら話は別かもしれんけれども。

ダメだこりゃ(国内社会・教育)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/
 20061129k0000e040060000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/
 20061130k0000m040150000c.html

 なんだろうな、このあまりにも一面的な思考は。学校で起きてることなんだから学校で何とかしろって、そんな無責任が何処にあるのかというね。バカらしくて話にもクソにもならんよ。
 いじめなんてね、学校だけの問題じゃないのよ。学校を離れたところにだって原因はあるかもしれないんだぜ。ということは、学校だけで全てを賄うなんてのは無理なんだよ。それぞれのガキどもの家庭や、ガキどもが住んでる地域なんかも、本来はリンクしなきゃいけない。そうやってネットワークを張り巡らせた中で、包括的にいじめとかを見張っていかなきゃダメなんだ。
 ところが、教育再生会議とやらは、とにかく問題を「学校の中」だけに押し込んじゃえばいいと思い込んでるそこに実は最も大きな間違いが潜んでることなんて、彼らには未来永劫わかりっこない。だって、それから目を背けた上での結論しか導き出そうとしないから。
 こんなさあ、10年も変わらずに店ざらしにされてるような対策をドンと提示して「これ、どうですか?」みたいに堂々と出せるこいつらのおめでたさが、いじめ撲滅の推進力になるぐらいだったら、10年以上前にいじめなんてなくなってるよ。少なくとも今みたいな事態にはなってない
 こんな御為ごかしの有識者会議に、いじめの何が解決できるんだ? とっとと自分らの得意なフィールドに帰っていけよ。アホらしくて見てられねえよ。
posted by KAZZ at 20:32| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうボンゾがダイトが存在されたみたい…(BlogPet)

きょうボンゾがダイトが存在されたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 12:55| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

恥を知ろうともしない政治家たち

この国はもうダメだね(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/
 20061128k0000e010083000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/
 20061128k0000e010050000c.html

 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061128i103.htm
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_11/t2006112811.html
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061128ia02.htm
 http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200611/sha2006112803.html
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061128-00000063-jij-pol

 今回の自民党の郵政民営化問題造反議員連中の復党劇に於けるバカ騒ぎで、一つだけ明確にわかったことがあるこいつらは政治をただの遊びとかゲームとか、そういうメンタリティでしか考えてないってこと
 プロセスをオープンにしただの、一筆書かせただの、情に鑑みただの、そんなことはどうだっていいそれらはこの問題を語る上に於いて、屁の突っ張りにもならん

 最大の、そして安倍以下自民党の親玉連中が最もわかっていない問題というのは、たかが一つの問題で上を下への大騒ぎを演出し、さも国政の一大事であるかの如く振る舞った挙げ句、ほとぼりが冷めた頃になって、袂を分かった「造反者」なる連中を呼び戻せるような、決定的な「無責任さが、この国の政治はもとより、全てのことについて「自民党があんなにいい加減なことやってるんだから、俺たちもやっていいんだ」みたいに思われてしまうことに対する危機感の欠如なんだな。

 例えば、Livedoorや村上ファンドなんかの問題に際して「何でもあり」は良くないというようなイメージをちらつかせておきながら、当の自分たちがその「何でもあり」に手を染めてしまっている
 それなのに、そのことに対する反省も総括も検証もない。ただ、国民の皆さんは理解してくれる」としか言えない。それじゃ堀江貴文や村上世彰のメンタリティと何ら変わらんじゃないの。安倍を筆頭とする自民党の親玉連中も、堀江や村上を批判することはできないんだよ。立っている(いた)フィールドこそ違っていても、やってることは同じなんだから。

 ま、今回のバカ騒ぎで安倍晋三率いる自由民主党という政党の真の体質がよくわかったんじゃないの。「改革」だか何だか知らんけど、そんな絵空事さえ口にしてれば国民が何でもかんでも信用してついてくると思ったら大きな大間違いってことよ。
 こんな調子で内政で突き上げられ続けて窮地に陥ったら、そのうちブッシュのバカ息子みたいにどっかで暴発してやろうとかするんじゃないのか安倍はそういうことをやりかねないぞ。

 それにしても、戻っていく方も戻そうとする方も、どっちもまるで恥を知らないね。そんな無節操だから政治家なんて商売をやってられるのかもしれないけど、俺にはとても理解できないな。それで本気でこの国が良くなるとでも思ってるのかね
 なんか、この国は決定的にダメになっていくような気がする。この問題はその端緒になると思うけど。

『LOVE』によってビートルズは死んだ(エンタメ・音楽)
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200611/gt2006112805.html
 http://www.toshiba-emi.co.jp/beatles/

 この前の『LET IT BE...NAKED』の頃から薄々思ってたんだけど、こんな芸のないビートルズ作品の拡大再生産を、果たして誰が喜ぶんだろうかね。少なくとも俺は喜ばないね。『LET IT BE...NAKED』と同じく、こんなものはクソだとハッキリ言えるよ。
 そもそもビートルズの音楽は、例えば多くのビートルズ信者が考えてるように「芸術」なのかっていうと、そんなわけはない。あれは「ロックンロール」の一部でしかないんだよ。ビートルズはたまたま何もかもがうまく噛み合って爆発的に売れただけに過ぎないし、その音楽としての存在は間違っても「芸術作品」じゃない
 それを、何処でどう間違えたのか、ビートルズの音楽は高尚な芸術だみたいに言い出すアホがいて、それは他の「ロックンロール」と比べてバカバカしいほどに差別化されてる
 ビートルズ(の音楽)はそんなに偉いのか? そんなわけねえだろう。ロックンロールのプロセスの中でできたものの一つに過ぎねえじゃんよ。何でそこまで過大評価しなけりゃならんの?

 もうさあ、いい加減にビートルズとその音楽を神の遣いみたいに崇め奉るのは止めにしたらどうよただの音楽(ロックンロール)じゃねえのそれをいいと思うか悪いと思うかは、人それぞれの感性によって違うんだよ。
 同じことは例えば、エルヴィス・プレスリーや、ローリング・ストーンズなんかにも言える。俺はストーンズファンだけど、ダメな曲やアルバムはたとえ彼らの作品でもダメだと思ってるしね。
 そうやってビートルズをむやみやたらに崇めるのは、むしろ彼らの音楽を冒涜してるんじゃないのかとさえ思えるロックンロールは別にビートルズから始まったわけじゃないんだぜ。

教育最低会議(国内政治・教育)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/
 20061128k0000e010055000c.html

 だいたい、我が国に於いて「有識者会議」なんてなものがうまくいった試しはほとんどないのであって、それ自体に依存しなければならないことは、逆に言えば時の政権の政治的な実務能力が著しく低いからそうなるってことでもある。
 例えば、政治とはちょっと離れるけれども、横綱審議委員会ってのがある。あれも言ってみれば「有識者会議」の一種なわけだが、あの人らが日本相撲協会の中で何か成し遂げたと思うか?
 横綱をはじめとする力士どもにイチャモンつけて終わりでしょ。こないだだって、朝青龍が稀勢の里との取り組みでけたぐりを出したら、内舘牧子みたいに「(けたぐり、という)言葉が美しくない」とか、わけのわからん理由で難癖つけたりする程度のことしかできないわけ。
 そんな、呆れ返るほど低レベルなことしかできない言えないのが大部分の「有識者会議なのであって、それらの存在意義なんてないに等しいのよね。
 でも実際には小泉内閣の頃からアホみたいに増えて、しかしそれらは結局何の効用も生み出さなかった政府が「何かしていますよ」というポーズをとるためだけにしか存在意義がなかったんだね。

 もうね、この教育再生会議とやらもさ、教育最低会議ぐらいに改称しちゃえばいいんだよ。どうせろくなことなんか考えつきもしねえんだからよ。

キムチ没収でパワーダウン?(スポーツ)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061128-00000687-reu-ent
 きっとあれだろう。当地のケータリングサービスを潤わせるための話だろう。

もったいない(国内社会)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kagoshima/news/
 20061128ddlk46040527000c.html

 昼のニュースじゃ同じように値崩れが酷いらしい大根を廃棄するって話を見たけど、何を考えてるのかわからないね。そういう余剰作物をどうして有効利用しようって話にならないのかねこの国の農林水産政策って、根本的に何か間違ってるんじゃないのか?

まあ、頑張ってくれたまえ(スポーツ・Jリーグ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061128-OHT1T00088.htm
 せめてもう2〜3年早く思いついてれば良かったのにね。

日テレ、2時間ドラマから撤退?(エンタメ・TV・ドラマ)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/11/28/08.html
 フジテレビみたいに、1本のドラマからスピンオフで映画とか作っちゃった方がいいとでも思ってるんじゃないのかね。

監督さんも変わるかも(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_11/s2006112804.html
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061128-OHT1T00113.htm

 ラモン・ディアスも最初にリーベルプレートの監督に就任した頃は貫禄がなくてどうなるのかと思ってたら、それ相応にいい監督になっちゃってるんだよなあ。
 まあ、この時期恒例の記事ってことで。

こりゃいくら何でも酷い(海外経済)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061127-00000109-jij-biz
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20061124/114343/
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20061124/114343/index2.html

 泥棒みたいな国のやることは一味違うね。日本はこういうのをガンガン追及しなきゃ

育成がダメな球団の陥る末路(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_11/s2006112801.html
 こういう投手が良く見えちゃうんだろうな。

井川慶の運命は?(スポーツ・プロ野球)
 http://www.sanspo.com/sokuho/1128sokuho005.html
 まあ、いくら何でも松坂みたいに極端な高値がつくことはないとしても、阪神側が既に受諾姿勢を明らかにしたってことは、それ相応の値段はついてるんだろう。
 何処が最終的に落札するのか知らんけど、案外すんなりと入団決まるんじゃないのかな。
posted by KAZZ at 20:07| 島根 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

政治の茶番ばっかり

茶番1:可哀相な自民党(国内政治・自由民主党)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061125-00000046-jij-pol
 http://www.sankei.co.jp/news/061125/sei005.htm

 なんか、この人たちが哀れでならないね。国民そっちのけでこんなことを平気でやれる神経の持ち主である自民党とそこから追い出された連中の、実にくだらない暗闘を見てると、こいつらは何のために政治の世界にいるのかと思っちゃう。
 それで、こんな連中の下で暮らさなきゃならん我々が惨めになっちゃうね。毎度毎度こんな茶番を見せられなきゃいけないものな。

茶番2:あんたがそれを言うな(国内政治・地方自治)
 http://www.sankei.co.jp/news/061124/sei005.htm
 タウンミーティングでヘマ打っといて、それを安倍が言うのかそんなんで説得力もクソもなかろう

茶番3:石原王朝(国内政治・地方自治)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061125-OHT1T00073.htm
 まさに石原王朝だな。こんなボンボンのやり方では、何時までも保ちゃしねえよな。この分だと今に東京ぶっ潰れるぜ。アホくさい。
 身内を使うのが悪いとは言わないにせよ、使うにはそれなりの使い方ってもんがあるだろうよ。それをわかっちゃいねえ。だから叩かれるのに、くだらん反論なんかして・・・。

女流将棋の独立(文化・将棋)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061125-OHT1T00096.htm
 ともすると、女流将棋の存在って小さく見られがちで、それが結果として将棋の普及を妨げる一因になっている可能性もあるのだから、今回の独立を機に普及の輪が広がっていけば面白くなるだろうね。

ヒデのムエタイ(スポーツ・サッカー)
 http://www.sankei.co.jp/news/061124/kok016.htm
 そのうち、カバディとかやり出しかねないな。

5連勝(スポーツ・競馬)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20061125-OHT1T00140.htm
 http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=17175&category=A
 http://jra.jp/datafile/seiseki/g1/jcd/result/jcd2006.html

 某所でやった予想では、4連勝で臨むレースでよもやヘマもしないだろうってんで、アロンダイトを本命に推してみたが、その読み自体は当たってた。シーキングザダイヤはシルバーコレクター化してるし、そう考えて少なくとも1着はないだろうと思ってた。
 で、ブルーコンコルドだの、フサイチリシャールだの、サンライズバッカスだのみたいに距離の明らかに長い馬はあまり相手にしたくなかったから、評価を下げまくってみた。
 果たして、距離経験もあって勢いも違うアロンダイトが本当に勝っちゃったわけだが、内ラチ沿いにへばりつきながら一完歩ずつ確実に伸びていくアロンダイトを見てたら、無事に行ったらドバイで大金星の一つも挙げるんじゃないかと思えてきた。
posted by KAZZ at 20:59| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

本日の更新は休みます

本日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 15:24| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 管理人からのお知らせ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネットでお休みします(BlogPet)

ネットでお休みします
と、ボンゾが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 13:41| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

戻りたいのか、戻したいのか

しょうのない人々(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061121i104.htm
 きっと、こういう人たちの頭の中には倫理とかそういうものはないんだろうね。正直、かける言葉も見当たらない。せいぜい罵詈雑言ぐらいになるんだろうけど、それすらかけるのもアホらしい
 選挙の意味とか、そういうものさえも政治家の意でどうとでもなると思い込んでるんだから、話にならんよ。

近未来には何もなかったようで(国内社会)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061121ic05.htm
 こんなもんに騙される人がいるんだねえ。ちょっと考えたら、そんなうまい話があるわけないじゃないの。この種の事件が起きるたびに思うんだが、うまい話に対してはもう少し猜疑心を持った方がいいよ。

いじめの難しさ(国内社会・教育・いじめ問題)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/
 20061121k0000e040065000c.html

 記事にもあるように、ふとしたきっかけで立場が逆転することもあり得るからなあ。そこが何とも難しい。ただ、それ故に考えたいことは、いじめという行為自体の問題点を、教育の中でだけでなく、家庭や地域でも徹底して刷り込んでいくことが重要なんじゃないか。
 それができにくい環境であっても、何らかの策を採らなければいけない。いじめは悪いと言ってみたって、何がどう悪いの?」と説明できなければ意味がない。それを、学校・家庭・地域が相互に押しつけあってトライするのではなく、三者共同で強い連携をとっていかなきゃいけない

引退模様・1:イアン・ソープ(スポーツ・競泳)
 http://www.sanspo.com/sokuho/1121sokuho010.html
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/news/
 20061122k0000m050002000c.html

 これも一種のバーンアウトなのかねえ。まあ、ソープがもうできないと言うのなら、その意思を尊重してやる以外にない。ソープも競技生活を離れた中で、あれこれ考えたんだろうし。

引退模様・2:水谷宏オリックス打撃投手(スポーツ・プロ野球)
 http://www.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20061121-119644.html
 高齢の打撃投手ってたまにいるんだけど、下手すると若い投手より元気な場合があるからね。そういう人たちの存在をこそ、若い選手、特に現役バリバリの選手たちは見習わなきゃいけないし、彼らの存在に感謝をしなければいけない
 何故って、そういう人たちがいなければ、選手としての活躍もままならないのだから。裏方も含めて「チーム」なんだから

DASHしちゃった(国内事件・エンタメ・TV)
 http://www.sanspo.com/sokuho/1121sokuho017.html
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061121i404.htm
 http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20061121-119788.html

 江ノ電絡みで時々こういうこと起きちゃうよな。前にも何かのドラマのスタッフロール映像の撮影中に、江ノ電絡みでトラブルが起きたような話を聞いたことがあるが。
 鉄腕DASHも時々こういうのがあるしねえ・・・。

松本育夫監督、勇退へ(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sanspo.com/sokuho/1121sokuho013.html
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20061121ie07.htm
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/
 20061122k0000m050007000c.html

 http://www.nikkansports.com/soccer/f-sc-tp0-20061121-119765.html

 でも、松本さんって現場主義の人っぽいからなあ。GMの座に収まったとして、その座に我慢できるのか。いずれにせよ、岸野次期監督が松本イズムと松本流スピリットを捨てたりしなければ、やっていけるような気はするが。

チームQという矛盾(スポーツ・マラソン)
 http://www.sanspo.com/sports/top/sp200611/sp2006112100.html
 結局、高橋尚子の高橋尚子による高橋尚子のための集団になっていないんだろう。そう考えてみると、小出監督の存在って、改めてデカいんだなと思う。何だかんだ言って、ちゃんと高橋尚子に合ったものをちゃんと考えていたんだから。
 高橋尚子が恐らく残り少なくなっていく競技生活の中で、如何にしてベストの状態を維持できるかそこを考えられる人間がいないとダメだろうね。
posted by KAZZ at 20:26| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

本日はお休みします

本日は更新をお休みします。
posted by KAZZ at 18:14| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からのお知らせ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

藤原紀香がNGKの舞台に立ったら

やはり陣内ネタで冷やかされるのか(エンタメ)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111616.html
 陣内は朝日放送の日曜昼の番組「横丁へよ〜こちょ!」で主役やってるわけだが、もしここにサプライズゲストででも藤原紀香が呼ばれたら、と妙な想像をしてみたりする。
 陣内は本番中ずっとツラを真っ赤にするだろうし、めだか師匠以下他の出演者が揃って陣内にツッコミを入れまくるであろう。山田花子に至っては、藤原紀香と並んで立って「私の方がきれいやろ?」とか言い出しそうな気がするし。
 ま、無事結婚できるように頑張りなさい

レッドソックスは太っ腹なのか(スポーツ・MLB)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20061116-OHT1T00082.htm
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_11/s2006111609.html

 なんだよ、60億円って・・・。確かに松坂は大投手だと思うが、いくらなんでもこの額はない。まあ、ヤンキースにだけは奪われたくないと必死だったのはわからんでもないが・・・。
 ただ、これだけのカネを拠出した上に、今後松坂と正式に契約もしなきゃいけないわけで、そうなると更なるカネが出ちゃうレッドソックスがそれで状況をおかしくしなきゃいいんだが
 それにしても、巨人のオーナーとかはこの金額の高さを批判してる(下の記事参照)そうだが、あんな連中には言う資格がないよな。あれだけFAやら何やらでカネばらまいて選手かき集めてきたくせに、どの口でそんな批判をタレるんだか笑止千万、片腹痛いよ。

どこでもええやん(スポーツ・プロ野球・MLB)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20061116-OHT1T00073.htm
 岩村なんかタンパベイ・デビルレイズだぞ。あんな、ともすればみんな忘れてるような球団行く(予定)んだぜ。贅沢言っちゃイカンよ。

与党も野党も昔に戻りたいようで(国内政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061116it04.htm
 ヘボいプロレスの試合で、リングそっちのけで場外乱闘ばっかりやってる間に決まっちゃった、みたいなもんだよな。いくらアングルがあったとしても、客が望まないアングルだと逆にしらけるだけ
 そんなアホなことを与野党総出でやっている。こいつらはもう救いようがないね。ごり押し与党に逃げ腰野党どいつもこいつも落選しちまえ、馬鹿野郎おめえらなんぞに政治を動かされたかぁねえんだよ
 あれかねえ、やっぱり政治家としては55年体制みたいな単純な構図に回帰したいんだろうか。だとしたら、この国の政治はもう終わりだな。

訴える方にも相応の問題がある(国内社会)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111606.html
 女性セブンにも問題は多々あるし、当然、それはそれとして明確に対応していく必要がある。が、住田弁護士も少し大袈裟すぎないか。炭水化物抜きとか岩盤浴とか書かれて曰く「生き方を否定されたよう」みたいなコメントをどっかに出してたが、それはそれで逆にそういう方法論を採っている人たちに対して失礼なのではなかろうか。
 住田弁護士の採った方法論もまた一つのやり方であるように、記事にあるような方法論を採る人たちのやり方も、同様のことが言えるのだから。自らの名誉棄損だと騒ぐのはいいが、ダイエットの方法論の是非にまで言及するのは如何なものだろう
 それは、法律家として真っ当な対応と言えるのか?

脱税は悪。しかし・・・(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061116i505.htm
 もちろん、脱税は重大な犯罪である。やった業者は厳しく罪を問われて当たり前だ。しかし、それらを過剰な農業保護政策存続の理由にまでしていいとは思わない。結局、割を喰うのは消費者なんだよ。国はそこを全然理解していない

敢えて言おう(国内事件・教育・いじめ)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/
 20061116k0000e040031000c.html

 そうやって手紙を出す暇があるんなら、もっとやれることはあるだろうに。こうやって手紙の件数が増えて行くに従って、たとえ真実の声であっても、愉快犯だと括られる可能性もあるんだぜ。
 大切なことは、自分自身を決して見失わないこといじめをやってる連中は、大抵どっかで自分に自信がない連中ばっかりだ。故に優越感を持とうとして、くだらない行為に走るそんな連中を相手にするな君らは君らの道をひた走ればいいんだよ。人生って、そういうもんだぜ。

素晴らしき実況の人(エンタメ・TV・ラジオ・訃報)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111617.html
 今ねえ、こういうアナウンサーいなくなったよな。特に若い連中は、選手でなく自分が主役だと思ってる。だから、判で押したように絶叫型の実況しかできない
 渡辺さんのスピリットは、実況者としての良心は、いったい誰が継承するんだろう。頼むから、もっと楽しめるスポーツ中継を見せてもらいたい。
 昭和の名アナウンサー、渡辺謙太郎さんの御冥福を心から祈る

裏にはいろいろあるようで(スポーツ・大相撲)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20061116-OHT1T00054.htm
 結局、身から錆が出ちゃった、と。旭鷲山にも脇の甘いところは大いにあったんだろう。

見逃した!(マスコミ・TV)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111613.html
 そもそも普段からグータンヌーボを見ていないわけだが。

無事に戻ってくることを祈ろう(国内事件・北朝鮮による拉致事件)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061117k0000m040034000c.html
 些か遅い気もするが、いずれにせよ認定はなされた。あとは無事に戻ってこられるよう、俺たちも祈ろう

ロッソ熊本は今すぐ昇格すべきではない(スポーツ・Jリーグ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061116-OHT1T00176.htm
 やっかみで言っているのではなく、ちゃんとした理由がある。それはつまり、メンタリティ戦力面に問題が多すぎる、ということ。前者で言うと、JFLで下位クラブにつまらぬ取りこぼしを平気でやり、(昇格基準となる)2位以内を目指したいのか、ザスパ草津のように僅差の3位辺りを目指したいのか、方向性が見えてこない
 後者で言うと、元Jも多数いるが、いればいいというものではないそれらがチームとしてこなれきっていないだからわけのわからない取りこぼしをする
 ロッソは今季の昇格を諦めた方が良い。来季でいいじゃないの。ハリボテみたいにやたら肥大化したあとにJに参入したって、そのあとに苦しむだけだよ。
 徳島ヴォルティスなんて見てごらんよ。あれぐらい堅実にやってきたチームでさえ、昇格後は苦しみ抜いてる。草津なんて、言わずもがな。高い敷居を悠々越えられるぐらいになって、初めてJで目処が立つそこを間違えてはいけない

堅実な選択(モータースポーツ・F−1)
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20061115ie38.htm
 いきなりオールジャパンにするんじゃなくて、段階的にやっていけばいいんだよ。そのプロセスで見えてくるものもあるんだから。

失格になりました(スポーツ・競馬・ディープインパクト)
 http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=16981&category=A
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20061116i111.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20061116-OHT1T00154.htm

 ま、そうなるしかなかったんだろう。

それはともかく(エンタメ・音楽)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111609.html
 国歌斉唱の最中にキャーキャー言うのは如何なものかと。いくらCHEMISTRYが人気グループだとしてもね。
posted by KAZZ at 20:20| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日はお休みします(BlogPet)

ボンゾは、西武は中身みたいな関係したの?
だってきのう、利用するつもりだった。

本日はお休みします。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 13:02| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

やる気の有無

やる気のない人々(海外政治・韓国・北朝鮮)
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/14/20061114000025.html
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/11/14/20061114000054.html

 同じ民族だからと手心を加えたくなる気持ちはわからないでもないが、韓国としては、北朝鮮が今、国際的にどんな立場に置かれているかをもっと冷静に考えるべきではないのか
 それがなきゃ、PSI不参加なんてことは言い出せないだろうよ。結局、対北融和政策にしがみつくしかないんだよ、この国の政府は。だって、それしかやり方を知らないから
 「民族的には同じかもしれないが、国家としての立場というかアイデンティティは別物だ」と考えられない辺りに、韓国政府の病理があるんだろう。

やる気がありすぎる人々(スポーツ・ボクシング)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/news/
 20061114k0000e050057000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/battle/news/
 20061114k0000m050148000c.html

 http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20061114-116761.html
 http://www.nikkansports.com/battle/f-bt-tp0-20061114-116972.html

 別に徳山と長谷川のカードなんか見たくもないがね。徳山なんか御丁寧に果たし状まで持参して、一級品のアホかと思うよ。徳山の場合はまず同級の中でケリをつけるのが先であって、長谷川云々はそれからあとでいいじゃねえの。
 長谷川のジムの大将がこれまた乗り気らしいが、目先の派手さに囚われてカードなんか組むなってんだよ。もちっと質実剛健なカードを組んで、長谷川の存在をデカく育てる方向に持っていけばいいんだ。
 イーグル京和(4番目の記事)にも同じことが言えるが、なんでこう近頃のボクシング関係者は挙ってでっかいつづらを開けようとしたがるんだろうな。中身がスカスカでろくなもんが入ってないって相場が決まってるのに。

だったら最初からつけろよ・・・(IT・Web・SNS)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/13/news089.html
 最初からそういう機能をつけといてくれ、ってのは、mixiにとっては無粋な願いなのかね。SNSであっても、個人情報保護は大切なことだよ。

さて、松坂の行き先は?(スポーツ・プロ野球・MLB)
 http://www.sankei.co.jp/news/061114/spo006.htm
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061115k0000m050019000c.html

 どうでもいいが、産経記事の写真に写ってる松坂の目線が非常に気になってしまうのだが・・・。何処向いてんだって感じで。MLBでも見てるのか? みたいな。
 ま、西武としては応諾したらしい(と会見で偉いさんが言っていた)が、何処に行くにしても、当分は騒がれるんだろうぜ。

失格(スポーツ・競馬・ディープインパクト)
 http://www3.nhk.or.jp/news/2006/11/14/d20061114000024.html
 ま、そうなるしかないんだろう。

本田優の明日はどっち?(スポーツ・競馬)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/keiba/news/
 20061114spn00m050012000c.html

 思わず引退を口走りたくなるほど、あの日のあの出来事は本田さんの長い騎手人生の中でも最大級のショックだったんだろう。

こんな御時世だというのに(IT・Web・SNS)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/14/news057.html
 いろいろな意味で自覚の足りない野郎である。

それまで安倍政権は保つのか?(国内政治)
 http://www.sankei.co.jp/news/061114/sei006.htm
 これさあ、クリアしなきゃいけない課題が山ほどあるわけでしょ。官邸主導でとは言うけど、それだったら外務省や防衛庁とは如何にして棲み分けをするのか指揮系統や役割の分担をどうするのか、とか。
 でも、最大の問題は、法案を提出するとかいう約2年後まで、果たして安倍内閣が無事に生き長らえてるかどうかだよな。

Robert Flipp Meets Windows Vista(TM)(IT・ソフトウェア)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/13/news010.html
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/11/news010.html
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0601/12/news061.html

 Windows 95のオープニングって、ブライアン・イーノが作ったんだねえ。あれ、俺、大好きなんだよな。流れるような透明感のある音でさ。先代のPC(Windows 98→同SE)のオープニングにも使ったよ。
 で、今度はロバート・フリップかいな。どうなるんだろうねえ。ていうか、個人的にはトム・ショルツ辺りを・・・

とんでもねえ人(国内事件)
 http://www.sankei.co.jp/news/061114/sha008.htm
 いろいろ曰く付きのおっさんだったようだが、結果としてこうなるのもやむを得ないのでは?

何でまたこんなことを(国内事件・スポーツ・大相撲)
 http://www.sankei.co.jp/news/061114/sha016.htm
 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061114-116906.html
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/
 20061114k0000e040067000c.html

 理由がよくわからんのだが、何にせよ良くないことには違いない

サービス提供者と利用者の思惑が一致しないと難しい(IT・Web)
 http://journal.mycom.co.jp/news/2006/11/13/383.html
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/09/13/20050913000007.html

 このケースに限ったことではないが、結局、サービスを提供する側と受けて利用する側との意識というか思惑の協調がないと、実際にこういう問題を解決するのは難しいかもしれないね。

発効してくれ(海外政治)
 http://www.sankei.co.jp/news/061114/kok000.htm
 日本としては何としても発効してほしい条約だなあ。多くの国の批准を期待したい
posted by KAZZ at 20:20| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

地方サッカークラブのある意味の現実

アステール青森の事例から考える(スポーツ・サッカー)
 http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/20061110085631.asp
 問題は多々あると思うけど、一番の問題は、目標が失われた時の対処を、どこまでクラブやそれを取り巻く支援者たちが考えているのか、ということなのかもしれない。
 例えば、記事にあるアステール青森の場合、Jリーグ参入を目指したとは言うけれど、それはいったい何年スパンで考えていたのか、ということが出てくると思う。ある程度長期的な計画だったのか短期的な計画だったのかによって、話は変わってくるしね。
 今回のように二進も三進もいかなくなるまでに、彼らは何をどうやってきたのかということも問われてくる。単純にチームの成績だけじゃなくて、例えば青森県のどこら辺までに浸透させたかったか、そして実際、何処まで浸透させられたのか、なんてこともあるしね。
 更に、スポンサーをはじめとする支援者の獲得が何処までできたか、それによってチームを強化したり拡張したりするための計画はできていたか、なんてこともある。
 その地域の中だけでまとまろうとするのが一応は地域密着の大前提だけれども、例えばスポンサーを得ようなんて思ったら、その地域内だけで済ませるのは現実的には無理だと思う。
 現実に活動しているJクラブの例を考えてみればいいでしょ。例えば大分トリニータのメインスポンサーであるところのマルハンって地元企業じゃないよね。ジュビロ磐田の飯田産業にしたってそうでしょ?
 何でもかんでも地元だけで賄うのは、それができるんなら理想的なんだけど、現実的には逆立ちしたって無理大部分を地元企業で賄えてるようなヴァンフォーレ甲府みたいな例それでも経営は決して楽ではないそうだ)は特殊だと思っていい。

 Jリーグは百年構想と称して、多くのクラブができて安定的に活動できることを提唱しているけれど、そのためにはクリアしなければならないことも多々あるんだから、それをJリーグ側、いや、ひいては日本サッカー協会がクラブと一緒に考えて、対処していかなきゃいけない
 それは決して簡単なことではない。でも、いつかはやらなきゃいけないことなんだ。逃げたりはできない。こういう志半ばで挫折せざるを得ないクラブを今後出さないためにも、日本のサッカー界全体で考えていく必要があると思う。
 日本に本当の意味でサッカーが文化として定着できるようにするためにもね。

YouTubeの新たな使い方(海外事件)
 http://www.sanspo.com/sokuho/1111sokuho049.html
 こういう、ビデオジャーナリズムの方向に動いていくってことかな。

いじめでなく恐喝でしょ(国内事件・教育)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061111k0000e040056000c.html
 マスコミも教育現場も言葉を選ばずに、こういうものは恐喝であり、犯罪なんだとアピールしなきゃダメだ変に言葉を柔らかくして誤魔化そうなんて思うから、罪の意識も善悪の分別も薄れる

結局、ホークスへ(スポーツ・プロ野球)
 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20061111&a=20061111-00000061-jij-spo
 ま、小久保にもホークスにも、これで良かったんだろう。

笑いの難しさ(エンタメ)
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200611/gt2006111104.html
 笑わせるって難しいことだよ。コメディエンヌでもない女優にわかるわきゃねえけどね。

高すぎる馬(スポーツ・競馬)
 http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=16860&category=A
 関口って、単純に馬の値段をつり上げて何がしたいのかわからん時があるんでね。この馬なんか、高すぎだよ。もっと安くたっていい。

日本代表俳優(エンタメ・映画)
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200611/gt2006111103.html
 ま、木村もそれぐらいの意気込みがあるということで。

はらたいらさんに3,000点(エンタメ・訃報)
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200611/gt2006111100.html
 土佐っ子らしく芯の強そうな人だったと思うが、それをクールな表情に隠しながら飄々と生きてこられたんだろうね。病気とか大変なこともあったとは思うけれども、それでもはらさんは生きてきた。
 大変に残念。はらたいらさんの御冥福を心より祈る

何が楽しくて新庄を呼ぶのか(エンタメ・TV)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111009.html
 理解不能。NHKはこんなこと考える前にやるべきことが多々あるはずだ
posted by KAZZ at 19:40| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

音楽の可能性を狭める行為を許すな

行き過ぎた摘発だと思う(国内事件・エンタメ・音楽)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061109i105.htm
 このおじさんのやったことっていうのは、趣味の域を出ないことだと思うんだが、それを著作権法違反だと言われたら、JASRAC配下にある既発曲の演奏行為自体が成り立たない可能性も出てくる。その意味では明らかに行き過ぎた摘発であり、同時に音楽の可能性を狭める由々しき摘発行為であるとも言える。
 楽曲というものは、そもそも広められてナンボというところがあって、それ故にこのおじさんの行為に代表されるように幅広く演奏されてこそ、その使命を果たせる部分がある。
 そこに「著作権(法)」を盾にとって「我々の取り分を寄越せ」などと言い募る行為こそ、むしろ不当な権利の行使と言えまいか。演奏された楽曲の作曲者(このケースでは、例えばポール・マッカートニーなど)は、果たしてそのような行為に対する摘発をどう考えているのだろう
 また、日本に於ける音楽著作権の権利団体を標榜するJASRACは、何でもかんでも杓子定規に原理原則を当てはめることで、音楽の可能性を狭める行為を行っていることを、いったいどのように思っているのか
 彼らのやっていることは、著作権保護に名を借りた、ただの銭ゲバ行為ではないのか。あるいは、楽曲を広く知ってもらうという行為に対する挑戦ではないのか。かかる団体の存在が音楽文化の衰退を招く以外の何物でもないのなら、俺は一人の音楽好きとして、JASRACを断固許さない

結局、目立つ人間の首を切っただけだった(海外政治)
 http://www.sankei.co.jp/news/061109/kok006.htm
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/
 20061109dde001030025000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/
 20061109dde007030058000c.html

 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061109k0000e030057000c.html

 要は、ラムズフェルドの首さえ切っちまえばいいということか。まあ、それにしても、これほどまでにブッシュの人気がないとはね。正直、驚いたよ。俺が思っていた以上に不人気だったんだな。
 やっぱ、外でドンパチやってれば、中の状況が誤魔化せるってわけでもないことに、米国民はちゃんと気がついてたんだろうね。

何を今更(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061109it04.htm
 何を今更って気がするだけ。そんなことは前から問題視されているんだから、素早く対応すれば済むこと。こんなのはただのポーズで、どうせ何年か後には忘れ去られるだけだ。

何が「死のロード」なのか(スポーツ・プロ野球)
 http://osaka.nikkansports.com/baseball/professional/tigers/p-ot-tp0-20061109-114577.html
 昔とは遠征を取り巻く環境が大幅に変わってるんだから、今なお「死のロード」なんて言葉を使う方がおかしいジャーナリズムの認識が足りないのか、単に状況に応じた言葉の使い方を知らないかのどっちかだろう。

まずルールを作ることが肝要(国内社会)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061110k0000m040017000c.html
 誰でも彼でも赤ちゃんポストに子供を入れられるっていうのは当然ながら論外だ。このようなものを設ける以上は、厳格なルールを作って、それに合致した赤ちゃんだけを入れられるようにしないと、捨て子や育児放棄を助長してしまうだけ。
 まずは、ルールの策定をみっちりとやってもらいたい設置するのはそれからでも遅くないよ。

吉川、じゃなくて吉岡(エンタメ)
 http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20061109-114662.html
 やることはやってたようだが。ま、あんなわけわからん前妻よりはいいってことなのか、IZAMよ

そこまでして縋りつきたいブランド(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061109i311.htm
 造反組の復党を許容する自民党の親玉連中も馬鹿だと思うけど、いちいち署名して「反対ですよ」と言いタレるこれら議員も馬鹿だなあ、と。自民党ってなブランドはそこまで魅力的なのかねえ。御苦労なこったよ、まったく。

そんな連中を働かせてはいけない(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061109it11.htm
 男の指導員のケースは明らかに論外だが、女の保育士のそれも酷い話だ。自分の仕事をいったい何だと思ってるんだろうな。こういう連中をこのような施設で働かせちゃダメだろう。

如何にも麻生らしい発想(国内政治・文化・マンガ)
 http://www.sankei.co.jp/news/061109/sei006.htm
 如何にもマンガ好きを広く知られる麻生らしい発想だが、極度な権威主義にさえ陥らなければ、この試みは面白いと思う。ぜひやってもらいたいね。

あるところにはカネってあるもんだね(国内社会)
 http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/culture/0000162317.shtml
 なんか、カネの使い道を間違ってるような気がしないでもないが・・・。

わけわからん(エンタメ)
 http://www.kobe-np.co.jp/kyodonews/culture/0000161004.shtml
 ブリトニー・スピアーズって、何がしたいのかねえ・・・。おぢさんにはサッパリわかんねえ
posted by KAZZ at 20:55| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とか書いてみるの♪(BlogPet)

今度は公募か(スポーツ・)
競馬
 http://www.mainichi-msn.co.wikipedia.org/wiki/%E3%83%E3%AD%E3%AB%E3%A9%E3%A9%E3%96
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 13:27| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

まあ、とりあえず議論ぐらいは・・・

議論ぐらいはあってもいいかも(国内政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061106ia23.htm
 正直、ここ数日でちょっと考え方を改めた核保有の議論そのものはしてもいいんじゃないか。もっとも、俺個人が保有の立場に反対する気持ちは変わらないけれども。
 結局、議論を忌避してみても「NO」と言う際の論理の肉付けはできないわけだし、それならば議論する中で「NO」と言う論拠を明白にしていけばいいんじゃないかと思うようになってきた。
 なので、核保有議論そのものはやってもいいと思う。議論があって、それで改めて日本の方向性が核保有をしないと結論づけられるのなら、それでいいじゃないか。
 こうやって野党がヒステリックに議論を忌避するってことは、逆に何かあるんじゃないかと思われてしまうような気がする。

うちの市長が怒りそう(国内政治・教育)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/
 20061107k0000e010092000c.html

 島根県出雲市ってところは、教委権限の首長への委譲ってのを先取りしてやっちゃってるんだが、それに事実上の「NO」が宣告されちゃうわけか。うちの能天気市長が怒るんだろうなあ
 ま、結局は政治の身勝手なんだけどね、どっちにしても。

最悪だな、SBM(IT・携帯電話)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_11/t2006110702.html
 そんな会社なんだから、もう何があっても驚かない。ソフトバンクモバイルに何かを期待するなんて無駄な話だ

ま、当然かと(海外政治・北朝鮮)
 http://www.sankei.co.jp/news/061107/kok005.htm
 北朝鮮がこねる駄々にいちいちつきあってなんかいられない。あんなもん、無視すりゃいいんだ。

村上ファンドの7年って何だったのか?(国内経済・村上ファンド)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_11/t2006110726.html
 結局、こういう銭ゲバを「物言う株主」とか言って煽てたアホが悪い、ということだろ。村上は自分たちが儲けたいのを「株主価値」だの「株主利益」だのと、株主の総意であるかの如く粉飾してものを言った。そして、その程度の浅ましい主張に、いちいち耳なんか貸すからいけなかった
 これに懲りて、少しは考え直した方がいいのかもね。

高市の言い分は言い分として(国内政治・自由民主党)
 http://www.sankei.co.jp/news/061107/sei002.htm
 生活はまだしも、自身のキャリアの確立のために子育てを犠牲にしてもいいんだろうか、なんてなことを思ったり。それは身勝手というものではないのかな?

ありゃ、やっちまった!(スポーツ・競馬)
 http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=16772&category=C
 ・・・と、それはいいんだが、デルタブルースが7番人気で、日本ではさほど実績があるわけでもないポップロック(重賞は目黒記念を勝っただけ)が1番人気って、どういうこと?
 時々いるんだよね、こういう人気がない時にやたら激走しちゃう馬。でも、大したもんだよ、本当に

巨人から去りそうな人(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_11/s2006110709.html
 小久保の場合、元々望んだ移籍じゃなかったんだから、古巣に戻って頑張ればいいんでないのかね。

巨人に来ちゃった人(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_11/s2006110707.html
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20061107i407.htm

 谷ってのもどうかねえ・・・。良い選手だとは思うけど、いかんせんピークを過ぎてるような気がするんだよな。ま、案外やってみたらもう一花咲かせるかもしれないけれども。

阪神に来なかった人(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_11/s2006110712.html
 こう言っちゃなんだけど、取らぬ狸の皮算用」って諺を地でいく展開になっちゃったね。ま、しょうがないと思う。井川の件だって今更ダメとも言えないだろうし。

背番号如きで何が変わる(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_11/s2006110702.html
 現役当時の背番号をつけたからって、うまくいく保証はないよ。それをやってもあまり効果がなかった山本浩二みたいなのだっているんだし。

最初からしなきゃいい(国内政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061107i204.htm
 最初からそんなインチキをやんなきゃ良かったんだよ。やるからおかしなことになる。どうして気がつかないのかねえ

こりゃ、この知事も捕まるかもね(国内事件・地方自治)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061107i206.htm
 とりあえず、外堀は埋まってきているようだが。

何をやってるの・・・(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_11/t2006110722.html
 こういうのって、周りの人間が煽ったから起きたんじゃないのかね。まったく可哀相な話だ。

だから、学校に責任を被せるなよ(国内政治・教育)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/
 20061107k0000m010108000c.html

 文科省にもある程度は責任があるんだから、最初からそういうことも含めて言っておけば、こんな問題が出てもいちいち困らなくて済むだろうに。

小泉チルドレンの落日(国内政治・自由民主党)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2006_11/t2006110701.html
 要するに、捨て石だったと。自民党の親玉も最初からそう言っといてやれば良かっただろうに。どうせ結局はなし崩し的に造反組の復党が認められるんだろうし、そうなったら、チルドレンの立場なんてなくなるだろうからね。
 可哀相だが、そういうものだと思って諦めなさいあなたたちチルドレンと呼ばれる連中の考えが甘かったんだ。

東京砂漠の真ん中で(エンタメ・音楽・訃報)
 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061105i416.htm
 この前初めて知ったが、mixiのクールファイブのコミュニティは、なんと内山田さん御本人が管理人なんだよね。熱意のある人だったんだなあ
 前川清という個性ある歌い手を得て光ったクールファイブではあったが、前川が去ってからも地道に活動していたみたいだね。本当に惜しい人を亡くしたと思う。
 内山田洋さんの御冥福を心から祈る
posted by KAZZ at 20:18| 島根 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

北朝鮮こそ要らんよ

文句ばっかり言いやがって(海外政治・北朝鮮)
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061104it05.htm
 そんなくだらねえことばっかり言うんだったら、おめえんとこが参加しなきゃいいんだよ。どうせゴチャゴチャ言って自分に有利な条件さえ引き出せればそれでいいと思ってるんだろう。そうはいかねえぞ。
 もし北朝鮮が主張するように「参加人員(参加国)が少なくなることは、協議の効率性を高める上でも悪くない」って言うんなら、韓国や中国やロシアも退場してもらおうじゃねえか。で、あんたらが望むように対米2国間協議に持ち込んでもいいんだぜ。
 その代わり、一度参加するなと言った以上は、日本はもちろん、中韓露にはたとえオブザーバー格でも協議への参加を認めないこと。つまり、何処の助けも借りることなく、本当にサシで対米協議をすること
 どうせ、そんなことができるタマじゃねえんだよ。いざとなったら屁理屈こいて「○○を参加させろ」だの、「××を参加させろ」だの言い出すんだ。そんな小汚え国なんだ
 馬鹿にしやがって。だいたい、日本も日本でもっと毅然とした態度に出ろよそれができないからこんな風にナメられるんだぜ。

どうせ他でもやってる(国内政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061102it13.htm
 田中康夫が長野県知事時代にやっていた「車座集会」ってのも相当に酷かった代物らしいけど、要するに小泉時代のタウンミーティングとやらも、それとそう変わらないってことなんじゃねえの?
 この分なら、他のタウンミーティングでも似たようなことをやってそうだよな。

悪いのは小泉以下郎党ですよ(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061104k0000m010132000c.html
 いいじゃん。小泉以下当時の自民党の幹部連中に全責任をとってもらえよ。あいつらがつまらん策を弄するから、こんな馬鹿なことになる。そりゃ小泉とかはいいよ。総裁辞めちゃえばそれで済むんだから。でも、残った岐阜県連の連中は当分の間、つまらんしこりを残しながら活動しなきゃいけない
 そのしこりの原因を作ったのは、他ならぬ小泉であり、その下にいた幹部連中なんだよ。だったら、小泉以下郎党に責任をとってもらえ自民党岐阜県連にそれを要求する権利は当然あるし、小泉にもその混乱を収拾する義務がある

要するに、カネで釣ろうってことか(海外政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061104i304.htm
 中国の考えてることって、要するにそういうことだろ?

論理の飛躍(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061103i212.htm
 中川昭一って、どっか根底の部分で日米同盟ってものを信用してないんじゃないか。核武装論議をしきりにしたがる背景には、北朝鮮云々じゃなくて、実は日米同盟に対するそういう根底の部分の不信感があるんじゃないか。
 しかし、だから「日本も核武装論議をした方がいい」というのだとすると、それはちょっと論理が飛びすぎてる気がする。

ヴィッツ、燃えてます!(国内事件・事故)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061104k0000e040060000c.html
 自分の真横でいきなり燃えられてもなあ・・・。

てか、政府は何してんの・・・?(海外事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061104i105.htm
 こういう問題には政府(外務省)が何らかの形で介在するはずなんだが・・・。なして出てこんのかな?

抽象的言葉の羅列(国内政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061103i412.htm
 なんかね、下手な営業や企画のプレゼン見てるみたい。とにかくイメージ先行耳目にアタックの効きそうな言葉だけを選んで、それをのべつ幕なしに羅列してる感じ。
 そうすれば印象に残るだろうとプレゼンする側は思ってるんだけど、実は聞いてる方にはまったくイメージが残らないというね。その程度で国民を騙せると思ってるんだよ、安倍は。

教育基本法より(国内政治・教育)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061103it15.htm
 教育委員会の方が先に改革すべきなんじゃないの? もうこれだけあれこれ起きてることに、教委の方が耐えられなくなってるんだし、それだったら器を広げて責任をより多く持たせるか器を狭めて責任を持たせない代わりに、政治や行政でそれらの責任をシェアし合うか、どっちかを選ばないと。
posted by KAZZ at 16:27| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

学ばないことは恐ろしいこと

何も学ばない国、それが韓国(海外政治・韓国・北朝鮮)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061101-00000081-jij-int
 あれだけやいやい言われて、何も学んでないんだねえ。それが韓国という国の国民性なのか、盧武鉉という人物の特性なのか。どっちでもいいが、何にも学ばないってのは、ある意味、よほど幸せな感性じゃないとあり得ないことだねえ。

学ばない教育界(国内事件・社会・政治・教育)
 http://www.sankei.co.jp/news/061101/sei008.htm
 http://www.sankei.co.jp/news/061102/sei000.htm

 教育の世界も学ばない人たちが多いようで。なんて言うか、こういうのはだね。途轍もなく重い罪教育ってものを何だと思ってるのかという。こんなんじゃ、教育改革だなんて遠い話だよ。

学ばない男(エンタメ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061102-OHT1T00093.htm
 中村獅童ってのも、しかし、学ばないもんだねえ。こんなんじゃ子供の親権なんて取れないだろうに。

これは仕方がない(エンタメ・音楽)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20061102011.html
 大切な人の一大事とあっては、演奏中止もやむを得ないブーニンもまた来ると言っているのだから、その時を待てばいい

昔、似たような企画があったよ(エンタメ・TV)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006110207.html
 あれは確か同じ日テレの「とんねるずの生でダラダライカせて!」だったと思うが、セクシー小学生コンテストなんて企画があったじゃん。あれと基本的には変わんないと思うんだけど。というか、今頃そんな生ダラの焼き直しなんかやってどうすんのとは思う。

ま、いずれこの人も捕まりそうだけど(国内事件・政治・地方自治)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061102k0000e040100000c.html
 福島県の知事も捕まったことだし、次はこの人なんじゃないの。ま、自業自得なんだろうし、諦めるしかないんじゃない。辞任するってことは、それ相応の覚悟もあるんだろうし

マリナーズは松坂を獲らない(スポーツ・MLB)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20061102-OHT1T00137.htm
 イチローや城島がいるんだし、その必要がないと思ったのかな。でも、逆にそういう中に松坂が入ったら、かなり興味深いチームができそうな気もするんだけど・・・。
 ま、何処に行くとしても、悔いのない形で行ってほしいし、活躍してほしい松坂にはきっとそれができる。くだらん雑音なんか吹っ飛ばせ。

江夏?(スポーツ・プロ野球)
 http://daily.jp/newsflash/2006/11/02/0000156254.shtml
 桑田のケースは、ある意味、江夏豊のそれに近いような気がする。最近はMLBの選手も高齢化してるし、江夏の時と違って、彼を受け入れてくれる素地もできているような気がするだけに、頑張ってほしいよな。
 これも松坂と同じことを言うようだけど、やると決めた以上は悔いのないチャレンジを

ほいでもって、井川(スポーツ・プロ野球)
 http://daily.jp/baseball/2006/11/02/0000155771.shtml
 正直、井川の場合は本気度がわからん。仮に今の井川が行ったところで、本当に軸になれるかどうかもわからないし。ま、球団が容認するようなら、それはそれで行けばいいんじゃないか。

財産を盗まれた!(国内事件・エンタメ)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061102k0000e040083000c.html
 こらまた随分な災難だ。ある意味では金品よりも貴重なものを盗られたわけだから。

今日から登場、IE7(IT・Web・ソフトウェア)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0611/02/news036.html
 とは言うものの、レンダリングエンジンの具合がどうなのかが何とも言えないし・・・。ま、様子見だな。

上方落語を盛り上げよ(エンタメ・お笑い)
 http://daily.jp/gossip/2006/11/02/0000155657.shtml
 上方落語には頑張ってほしい東京の落語とは一味違う人情味や面白味があるからね。これからも三枝師匠を中心に、グイグイ引っ張っていってくれることを望むよ。
posted by KAZZ at 21:15| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

きょう自由民主党で(BlogPet)

きょう自由民主党で、パンクされた。
そりゃきのうボンゾが、名前っぽい公募♪
そうなると京都にれいはパンクした?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 16:12| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。