2006年12月31日

明日の更新は(BlogPet)

明日の更新はお休みなどを更新する!
明日の更新は、ネットでお休みなどします
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 10:55| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

【特別企画】2006年を象徴した(かもしれない)10人【特別企画】

というわけで、今年最後の更新はいつものスタイルを離れて、
2006年を象徴した(かもしれない)10人」と題して
俺が独断と偏見で選出した10人を適当に語ってみる、という企画。

与太話程度のことしか書かないので、適宜読み飛ばしていただいて構わない。

では、長くなるので折り畳むことにする。


続きを読む
posted by KAZZ at 20:39| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

そのまんま東への提言

ネタ選挙をやりなさい(国内政治・地方自治)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061224-OHT1T00092.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061225-OHT1T00062.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061225-OHT1T00087.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061226-OHT1T00014.htm

 だいたい、東が真面目に政治や社会を語ったって、誰もまともに取り合ってなんてくれないのは目に見えてるんだから、いっそだね、選挙をネタにして徹底的に(もちろん公選法が許す範囲内で、だが)遊びまくってみてはどうかね
 仮にも、自称・たけしの一番弟子なんだろ? こういう場で芸に走らなくて、いつ芸に走るのか、というね。芸人根性丸出しで選挙やっちゃえばいいんだよ。あんな迷走ぶりを見せて醜態晒したんなら、尚更それがいい。
 選挙期間中はとにかく徹底的にネタに徹するの。間違っても、政治家・そのまんま東」みたいなイメージで売っちゃいけない芸人・そのまんま東」でいいんだ。芸人としての素を見せればいいんだよ、素を。そうすりゃ、騙されてくれる人もいるだろうぜ。
 一度、本気で考えてみたらどうだい、ネタ選挙戦ってのをよ。やり方次第では最高にウケるかもしれないぜ。ひょっとしたら、この選挙の後は羽柴誠三秀吉さんみたいなキャラで売っていけるかもしれないしな。

 ま、でもたぶん、東にそんなことはできないだろうな。今回の談合云々の発言に対する対応ぶりからもわかるように、自分の言葉に自信すら持ててないようだし。

損倍の算定基準がわからん・・・(国内事件)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_12/g2006122625.html
 オリコンがジャーナリストのおっさんに損倍金額として吹っ掛けてる5千万円ってのは、いったいどういう算定基準によって求められたんだろうな。そこがどうにもよくわからん。

モコにでも乗れよ・・・(国内事件・スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/12/26/01.html
 いくら自社ブランドの車だからって、フーガなんかに乗るから目立つんだよ。モコとかクリッパーにでも乗っといたら、大して目立たなくて済むものをよ・・・。
 というような冗談はさておき、誰がやったか知らんが、こういうのはシャレにならないぞ。悪いことは言わんから、すぐに自首した上で社長に修理費を弁償しろ

何が伝説だよ(スポーツ・競馬・ディープインパクト)
 http://daily.jp/horse/2006/12/26/0000201161.shtml
 周りが遠慮して負かしに行かないような馬の何が伝説なのか。たとえば、こないだの有馬記念だってそうだよ。3角入口からじわじわ動き出したディープインパクトを、どうして誰も競り潰しに行こうとしないのか
 競馬のレースはね、空気読んだらその時点で無条件に負け空気を読まずに予定調和を壊しにかかってこそ、高く評価されるものなんだよ。昔のシンザンに対するミハルカスとか、トウショウボーイに対するテンポイントとか、ダンスインザダークに対するフサイチコンコルドとか、そういう「空気を読まない」馬がまるでいなかった
 他の13人と13頭がどんなつもりでいたのかは知らないが、ああいう舞台でディープを負かしに行かないなんて、プロフェッショナルのやることじゃないよ。
 自分の馬のポテンシャルが低かったとか、ディープが図抜けていたとか、そんなのは言い訳にならない。大切なことは、果敢に仕掛けること。それだけなんだ。

安藤さんねえ・・・(エンタメ)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/12/26/01.html
 http://daily.jp/newsflash/2006/12/26/0000201473.shtml

 ま、あんまり言いたかないけど、今度は真っ当に結婚生活送りなさいな。

JB、逝く(エンタメ・音楽・訃報)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/12/26/08.html
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_12/g2006122632.html

 音楽界の横山やすしみたいなところがあったからね、JBは。とにかく破天荒で、でも一度音楽をやらせたら、歌を歌わせたら、あれぐらい本気で歌っちゃう人はいなかったろうな。その意味では尊敬に値する。凄まじいソウルオヤジであった。
 ゴッドファーザー・オブ・ソウルジェームス・ブラウン氏の御冥福を心より祈る

若者たちは旅立つ(スポーツ・サッカー・Jリーグ)
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20061226034.html
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/12/26/05.html

 まず、伊藤翔。良い選手らしいのは聞いてるが、それにしてもグルノーブルとはねえ。アーセナルがごり押ししてでも獲っちゃえば良かったのにな。ま、ビザ問題もあるし、無理だったから諦めたんだろうけど。
 あと、浦和の原口元気だっけか。15歳とは若いねえ。今、カターニャにいる森本の時でさえ驚いたが・・・。ま、じっくり頑張ってくれ

年の瀬だというのにね(国内政治・自由民主党)
 http://www.chunichi.co.jp/flash/2006122501000623.html
 しかし、何でまたこんなことをするんだか。上手くやればバレないとでも思ってたのかね。しかも15年以上も。改革すべきは自分とこの政治団体の方が先じゃないのか?

量刑が、量刑が、増えたよ、ちょっと増えた(国内事件)
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20061226007.html
 http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/061226/jkn061226004.htm

 この項のタイトルは騒音おばさん風に読んでほしい。このおばさんもすっかり見る影もなくなっちゃったな。

ブログ違うやろ(国内政治・自由民主党)
 http://www.sankei.co.jp/seiji/shusho/061226/shs061226002.htm
 http://akie-abe.jp/

 あのな、トラックバックも送れなきゃコメントもつけられないなんてのは、ブログじゃなくて単なるWeb日記やんけ。何でもかんでも「ブログ」って一括りにすんなよ・・・。

近頃のラップは主張がないからね(エンタメ・音楽)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061226-OHT1T00127.htm
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20061226004.html
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_12/g2006122627.html

 言及する対象が次第に狭くなってきたことが最大の要因かもな。昔のラップにはもうちょっと社会的な主張もあったと思うんだけど、近頃のラップはそうじゃないみたいだし。
 ま、日本で今流行ってる、ラップ風のものよりはまだマシかもしれんが。

サンガかい・・・(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/12/26/06.html
 だから鳥取に来いとあれほど・・・(以下略
posted by KAZZ at 19:40| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

本日の更新はお休みします

本日の更新はお休みします。
なお、年内は28日の更新が最後になります。
posted by KAZZ at 19:45| 島根 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 管理人からのお知らせ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

htm(BlogPet)

以前は、抱っことか如き間違った

派閥に属する議員は全て漫画を読め、とか(国内政治・)
プロ野球・
MLB
 http://hochi.yomiuri.co.jp/
entertainment/news/
2000612i500612125082.jp/hl?c=sports&d=
20061212sokuho049006121T0082.htm http://sports.yahoo.co.jp/
200c.html http://hochi.yomiuri.zakzak.co.nikkansportsしたかったのは、いいことだと思う


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 13:02| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

竹山隆範の無念は竹山隆範にしかわからない

竹山もまた立派だった(エンタメ・お笑い・訃報)
 http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20061221-133054.html
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_12/g2006122103.html
 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061221i405.htm
 http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20061221-133271.html
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_12/g2006122114.html

 ドライな言い方を敢えて許してもらうとするなら、結局、竹山が抱えてきた思いや、それ故の相方の死に対する無念は、竹山以外の誰にも理解し得るものではないと思う。
 だって、幼馴染みの中島と一緒にコンビを組んで、精一杯突っ走ってきて、さあこれからだって時に、中島の白血病がわかって、それでもいつかまた一緒にやれると信じながら、ソロ活動のギャラも折半して、中島のために尽くしてきた。それがたとえ竹山が普段見せているキャラに向かなくても、そうしたいという思いを、他の誰も止めることはできなかった
 だから、俺は敢えて言う。竹山が感じているであろう無念の思いは、俺にはわからない。でも、発症前に結婚したばかりの中島の奥さんや、当の竹山本人だけがそれをわかっていれば、それでいいじゃないか。
 中島にとっては短い人生だったかもしれない。芸人としてこれから勝負の時だって時にこういう形で逝ってしまって、さぞ残念に思っているかもしれない。
 でも、中島の人生には、奥さんや竹山という得難い人々がいて、それらが最後まで真摯に彼を見守ってくれたその事実はこれからもずっと残る竹山の侠気を、中島はずっと忘れないだろう

 カンニングの中島忠幸氏の御冥福を、心より祈る。そして、竹山。物理的には傍にいなくても、中島はずっと竹山のことを見ていてくれる。それだけは、どうか忘れないように。

さよなら、岸田さん(エンタメ・訃報)
 http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20061221-133053.html
 岸田今日子さんってのは、とにかく存在感のある女優さんで、TVドラマでも映画でも画面に映ると、たとえ脇役であってもしっかと存在してる、そんな人だったと思う。
 ムーミンの声としても有名だったが、この人は最後まで「女優」だったんだなと思う。また、一時代を築いた役者がいなくなった。前のダンナだった仲谷昇さんを追っかけるように・・・。

 岸田今日子さんの御冥福を、心より祈る

青島ダァ〜!と平均(たいら・ひとし)(エンタメ・訃報)
 http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20061221-133052.html
 クレイジー・キャッツを擁して製作された映画「無責任シリーズ」で、植木等が演じた主人公「平均(たいら・ひとし)」は、他ならぬ青島幸男師匠自身がモデルだったというエピソードは有名だったな。
 同時に、自身も「青島ダァ〜!」と豪気に見得を切りながら、テレビの世界や政治の世界をマイペースで闊歩して、常に「青島幸男」という存在を残してきたんだと思う。
 俺が物心ついた頃には、残念ながらクレイジー・キャッツ本体は既にテレビの表舞台から退いていて、メンバー個々がソロで活動していたが、あの芸達者ぶりのバックボーンには、間違いなく青島幸男という人が敷いたレールがあって、それに時にはうまいこと乗りながら時にはちょいと脱線しながら、個々の味をつけつつ、頑張ってきたんだと思う。そして青島師匠は、そういう戦友たちの頑張りが嬉しかったんだと思う。
 クレイジーのメンバーも半数近くが鬼籍に入り、クレイジー・キャッツという偉大なバンドマン(敢えて、こう呼ぶ)連中の存在を知らない人たちも多くなってきた。そして今、こうしてその精神的バックボーンであった青島幸男師匠も鬼籍に入られた

 人生で大事なことは、タイミングにC調に無責任。でも、それをやるにも流儀はある堂々と、豪気に、奇を衒わず、楽しく。それが青島流「無責任」の極意だったんだと思う。クレイジーの曲に乗せて、あるいは植木等のハイパーアクティヴな歌唱に乗せて届けられた青島師匠のメッセージを、俺はそう読み取った。正しいかどうかはわからないけれど、俺はそう思ってる。

 ありがとう、青島幸男さん心から御冥福をお祈りします。あちらでも、青島的無責任の流儀を貫いてくださいな。「青島ダァ〜!」って豪気に言いながら

ディープはナメられている(スポーツ・競馬)
 http://jra.jp/keiba/thisweek/2006/1224_3/syutsuba.html
 http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=17765&category=A

 ディープインパクトも含めて14頭出走か・・・。ディープも結構ナメられてるよなあ。シンボリルドルフの国内最終レースとなった有馬記念(1985年)なんて回避馬続出でルドルフ含めても10頭しか出てこなかったんだぜ。
 しかも、アドマイヤメインみたいに香港ヴァーズ出走から中1週で出てくるようなのまでいるんだろう。そこまでの馬だって風に思われてるんだよ、ディープは。
 さて、俺としては、ドリームパスポートコスモバルク、そしてトウショウナイトの3頭が中心だろうと思っている。ディープは勝てない連にも絡まない。そんな気が本当にしている。

勝つボクシングと見せるボクシングは違う(スポーツ・ボクシング・亀田一家)
 http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20061221-133151.html
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_12/s2006122106.html
 http://www.nikkansports.com/battle/p-bt-tp0-20061221-133162.html

 亀田のファンとやらも、随分とまあ身勝手なもんだな勝ったんだから喜んでやりゃあいいじゃねえの。「KOが見られなくて物足りないとか言ってやるなよな。
 ま、確かに昨日の試合は亀田が勝ったよ。あんなに大差をつけるジャッジがいるとも思わなかったが、勝ちは勝ちだと思った。ランダエタは8月の時とは違って、動かせてもらえなかったからな。リードパンチをろくに当てさせてもらえないようでは、そりゃ自滅するしかない
 でも、亀田のあのやり方は、端から「勝つためのボクシング」なのであって、「見せるボクシング」は捨ててかかってたもんな。そりゃ、亀田は腐っても王者なんだから、そういうことになれば「勝って当たり前」なんだよ。繰り返すが、勝つボクシング」と「見せるボクシング」は根本的に違うんだから。

 ただ、今後の亀田は確実に行き詰まるだろうな。あんなアウトボクシングをやって「勝ちに固執する」スタイルを見せてしまったことは、亀田が将来、ランダエタ以上の強敵と対戦する上では、決して得策とは言えない
 ま、そうなった時に、この試合の本当の意味ってのは見えてくるんじゃないかな。

 あと、弟のあの試合は何だよ。あんなでくの坊連れてきやがって。噛ませ犬呼ぶんだったら、もうちょっとマシなの連れてこい
posted by KAZZ at 21:30| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ダブルタイトルは無理だろうね

かなりの確率で難しいかと(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20061216022.html
 J1のタイトルを獲ったんで、モチベーションは確実に下がってるよな。維持するのは当然難しいだろう。そこにもってきて、今日は随分不甲斐ない試合をやったらしいじゃないの。この調子じゃ無理なんじゃないの?
 ま、来年のこと考えりゃいいじゃない。ACLとか出なきゃいけないんだし。そっちの方が今の浦和には大切なことじゃないのかね。

そんな浦和の新監督(スポーツ・Jリーグ)
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/soccer/news/20061216ie27.htm
 ある意味、最も無難且つ妥当な人選なのかもしれない。オジェックだったら悪いようにはしないだろう。浦和としてもわかりやすい人選ではある。
 ただ、以前のオジェック時代と今とでは、抱えている戦力の構造が違うということにも留意しておきたい。ということは、オジェックが進めようとする構想と現有戦力とが合致するかどうかは未知数だってことでもある。

ビバカメショーはまだ続く(スポーツ・ボクシング・亀田一家)
 http://www.sponichi.co.jp/battle/flash/KFullFlash20061216048.html
 http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2006/12/16/01.html

 あのね、人間の身体ってそんなに都合良くはできてないもんだよ。何でもかんでも目論見通りに行くと思ったら大間違い。ベストウェイを見誤ると、ろくなことにならない。
 あと、ランダエタを甘く見てると、意外なところで破綻が出ちゃうと思う。あの人、前回対戦時にも思ったけど、巧いボクサーだよ。ボクシングを少なくとも亀田よりはよく知ってるような気がする

Ken’s Barのあとは・・・(エンタメ・音楽)
 http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20061216-131122.html
 ま、今の風潮なら確実にそうなるよなあ。てか、今まではそうしてなかったの?

被害妄想(Livedoor)
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/12/16/03.html
 時代の寵児になり損ねて拗ねてるだけ。単なる被害妄想みたいなものだろう。放置でいいよ、こんなヤツ。そうやってイージーに取り上げたりするから調子に乗るんだ。

総括になっていない(スポーツ)
 http://www.nikkansports.com/sports/p-sp-tp0-20061216-131038.html
 じゃ、訊くんだが、そんな選手の編成を許可したのは、いったい何処の誰なのか、というね。女子がどうの、男子がどうの、個人競技がどうの、団体競技がどうのなんて言う以前に、トップとしての責任逃れも甚だしいコメントだと思うんだが。
 あと、競技の枠を取り払った混合トレーニングを提唱しているようだが、そんな無意味なことをしてどうなるスポーツによって肉体の使い方は多種にわたるのに、そのような道理を無視したコメントをしてどうするの本当にこの人、スポーツ関係者なのか? 俺らよりも素人くさいこと言うなよ
 ついでに言うと、個人と団体の違いなんて、こんなのに指摘されるまでもないのであって、わかりきったことでしょ。それを今更クローズアップしてどうするんだろうな。
 こんなのが総監督だなんて、恥ずかしくて話にならないよ

幸せそうではあった(スポーツ・サッカー)
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/12/16/02.html
 とりあえず、昨日のテルは幸せそうだったな。

本庁の言いたいことはわかる(国内社会・宗教)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061216it04.htm
 神社本庁の言いたいことはわかるよ。基本は自分の足で参拝することにあるんだし、それが本来の参拝の在り方だっていう立場は十分に理解できるものだから。
 ただ、参拝する側にしても、参拝の目的に合う神社を選びたいのであって、そこが自分の現在いる場所から遠くておいそれと行きにくい場合には、こういう手法もあっていいとも思える。
 信仰の在り方は、つまるところ、それをする人々の考え方によって違うものだし、無闇に「ネット参拝はダメ」と言ったって、現実にそれをしたい人もいるということを、もう少し考えていかないと

見るだけで40万(エンタメ・音楽)
 http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20061216-131015.html
 よくよく考えたら、このイベントってのもおかしな話で、別にマイケル・ジャクソンが歌ったり踊ったりするわけじゃなくて、ただパーティーのようなものをやって、マイケルはそれを見てるだけらしいんだよ。
 そんなもんに最大40万も払うなんて、正気の沙汰じゃないよ。途轍もない酔狂だと思う。チケットを買ったヤツの気が知れない。よほどカネが余ってたんじゃないのかね。
 しかも、ここに来てそのイベントが来年3月に延期になったっていうんだぜ。日程の調整がつかなかったっていうけど、誰もそんなの本当のことだなんて思わねえだろ。
 そこまでして金儲けしないとやってられないのかねえ。こんなドサ回りみたいな真似までしてさ。マイケル・ジャクソンも地に墜ちたな
posted by KAZZ at 20:48| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

本日は(BlogPet)

本日はお休みとかお休みなどを更新しなかった
お休みします
KAZZが、広いお休みとかお休みを更新しなかった?
KAZZたちが、お休みなどを更新しなかったの?
ボンゾは、お休みとかお休みやお休みなどを更新しなかった?
本日は、ネットでお休みなどしたかったの?
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 13:04| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

東は西へ

止めときなさい(国内政治・地方自治)
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20061214015.html
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061214i107.htm

 青島幸男、横山ノック、田中康夫・・・。東も当選したらそんな連中の中に名を連ねることになるんだろうなあ。でもね、東が出馬なんて止めといた方がいいと思うんだけどな。
 だいたい、こいつにブレーンがいるのか。それだけじゃない。経験の無さを何で補うつもりなのかも明らかではない。ついでに言うなら、過去との折り合いがついていない。そもそも、東が宮崎県民に何を期待してほしいのかが明確でない
 タレントだから知名度はあるんだろうけど、だからどうしたの?ってなことにしかならないと思う。仮に当選したとして、何をどう見せることができるのか田中康夫みたいに大言壮語を吐いて失敗するのか
 立候補するのは勝手だが、何も見せられないようだと、反動は厳しいと思うよ。その反動に東は耐えられるのか?

EMI純化主義か?(国内経済・エンタメ・音楽)
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20061214011.html
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061214-00000650-reu-bus_all

 あの百害あって一利もないCCCDを未だに堂々と売ってるような会社なんて、何処にでも身売りすればいいじゃねえか

エロマンガによくあるシチュエーション(国内事件・教育)
 http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061214-130258.html
 でも、実際にやるようなのはそんなにいないと思うんだけどねえ・・・。

空虚な暴露(エンタメ)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/12/14/04.html
 まあねえ、さんまちゃんの気持ちもわかるよ。あんなん吹聴されたって自分にゃ何の得にもならんもんね。石原真理子も金稼ごうと思ったら、もう少しマシな手段でやればいいのにね。
 梨元みたいなのにくっついて、クソみたいな本出して、講演とかしたがってるような人物は信用できないね

金さえ払えば終わりらしい(国内政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061214it05.htm
 なんか、国会質問でそんなこと言われて気色ばんでる安倍の姿をテレビで見たんだが、なんでそこまで逆ギレしなきゃいかんのかねえ。見てて、みっともないと思ったよ。仮にも一国の総理だろ? もうちょっと答弁に余裕を持てばいいのにな。そんなんだからナメられるんだよ。

ワンナイ終了(エンタメ・TV・お笑い)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/12/14/02.html
 なんだって。ちっとも興味ない。

野村だって人のことは言えまい(スポーツ・プロ野球)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_12/s2006121402.html
 深謀もクソも、それも人心掌握術の一種じゃないの。なんかさ、野村の口撃って、阪神の頃から特にそうだけど、えげつないだけで救いがないんだよな。言いっぱなしで何もフォローがない
 普通、年輪を重ねると人間って丸くなるもんだけど、野村はそうじゃないみたいだな。そんな御仁が名将とか言われてるのが不思議だ。
posted by KAZZ at 20:30| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

矛盾は更に深まるばかり

ま、てめえでケツ拭けや(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/senkyo/news/
 20061212k0000m010138000c.html

 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061212-OHT1T00054.htm

 何て言うべきかね。言葉が見つからないよ。数を頼みにすりゃいいと思ってるから、こういう矛盾がどんどん拡大していくのに対して、有効な手が打てないんだから。
 そもそも、この種の矛盾が起きた時点で既に手遅れでもあるんだが、安倍晋三以下郎党はお構いなしに話を進めちゃったわけで、それがどんどん確実に傷として表出してる
 なのに、どうにでも乗りきれると思ってるのか、どんどんわけのわからん方向に歩を進めるばかりで、何をどうしたいのか国民にはちっとも伝わっていないのに、それがさも「伝わっている」かの如き間違った認識をメディアを通じて広めようとしている
 選挙で負ければ嫌でもわかると思うけど、たぶんあいつらには死ぬまでわからねえんだろうな。自分らのやり方が如何に幼稚かってことが。

で、そんな敵失にも乗じられない人々(国内政治・民主党・社会民主党・国民新党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061212ia03.htm
 この人たちはつくづく読めてないと思う。そんなん、好き勝手やらしとけばいいんだよ。向こうで勝手に転けてくれるんだから。大事なのは、どっちにしても参院選はあるんだから、それまでに如何に敵失をたくさん生み出すかなのであって、絶対的に数が足りない現状で、手柄を無理に立てようなんて思わないことなのにね。
 何をそんなにこの人たちは焦ってるんだろう。意味がわからない。

虚飾(国内政治)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061212k0000e010049000c.html
 まあね、どうせもっとたくさんあるんだろうよ。

モラルって何だろう?(国内社会)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061212i508.htm
 借り物に傷をつけないとかいうのは、もはや当たり前の話じゃなくなったんだろうかね。こういうのはさあ、家庭で親とかが教えるものだろ。そんな当たり前のことをもはや家庭では教えなくなったってことかね。
 道理で世の中緩みきるはずだよ。こんな些細なことと言われそうだけど、そういう些細なことから社会の崩壊なんて始まるもんだろうからね。現に、もうかなり崩壊しちゃってるような気がするけど。
 いったい、この国に於けるモラルって何なんだろうかね。もう一度、国家レベルで問い直す時期に来てるんじゃないの? もっとも、そんなモラルすらろくに守れない政治家が国家の中心にいるんだから・・・。

アマチュア実力者登場(エンタメ・お笑い・M−1)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061212-OHT1T00069.htm
 アマチュアとは言っても、この変ホ長調はそれなりに場数も踏んでそうだし、うまく波に乗れれば上位も窺えるんじゃないかな。ちょっと期待したいところだね。

虎が虎を救う(スポーツ・プロ野球・海外社会)
 http://www.sanspo.com/sokuho/1212sokuho040.html
 球団と言うより岡田監督個人でこういうことをしてるようだが、いいことだと思う。最近はこういうスポーツの現場にいる人々の社会貢献が重要視されてるからね。これからもぜひ続けてほしいもの。

観てみたい映画(エンタメ・映画)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061212-OHT1T00082.htm
 アメリカ人であるクリント・イーストウッドが、敢えて全編日本語のセリフしかない映画を作って、それがしかも戦争映画、更に言うなら、日本の立場から見た映画だってことを考慮すると、観てみる価値はあるかもしれないな。
 オスカーがどうとか言う以前に、一つの作品として、ぜひ観てみたい

中立地でやればいいのに(スポーツ・ボクシング)
 http://www.nikkansports.com/battle/kameda/f-bt-tp1-20061212-129377.html
 ベネズエラでの試合開催は政情とかを考えれば無理だろうけど、それならせめて何処か中立地でやったらいいんじゃないのかね。どうしてWBAは中立地での試合開催でなく、日本での試合開催を選択したんだろう
 結局、彼らも亀田の人気(そんなもんが今もあるかどうかは知らんけど)におんぶに抱っこでもしなきゃいられないんだろうか。

あんな高額を出そうとしたばかりに(スポーツ・プロ野球・MLB)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_12/s2006121207.html
 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20061212&a=20061212-00000066-jij-spo

 結局、あれだけの大枚をはたいて応札しようとしたレッドソックスが、松坂の代理人であるボラスに足許を見られてるというだけなのでは? 法外な要求を吹っ掛けるボラスもボラスだと思うが、そもそもあんなに巨額で応札をしたレッドソックスにも問題がある

岩村も難航中(スポーツ・プロ野球・MLB)
 http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200612/bt2006121204.html
 こっちもこっちで難航しているようだ。まあ、松坂にせよ岩村にせよ、あちらの言い値か、それに近い線で妥結するしかないのでは

復帰当日が最終回(エンタメ・TV)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061212-OHT1T00064.htm
 こちら(山陰)では放映がない「うまッチ!」(フジテレビ)なのだが、正直、どっちでもいいと思ったり。そんなことより「サタうま」(関西テレビ)を放映してほしい
 若槻千夏? まあ、頑張んなさい。

派閥に属する議員は全て漫画を読め、とか(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/kokkai/news/
 20061212k0000m010125000c.html

 麻生のことだから、実際に派閥の領袖になったら、そういうことを言い出しかねない

2年後に原が監督であるという保証は何処にもないのだよ(スポーツ・プロ野球)
 http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200612/bt2006121205.html
 別に長野が原辰徳のファンであり、彼に憧れを持つことは勝手だが、原が2年後に巨人の監督でいるという保証は何処にもない、ということも念頭に置いておかないと。
 それに、2年後に当の巨人が長野を高く評価してくれるという保証もまた、何処にもないということをお忘れなきようあなたの思っているように全てが進むわけでは決してないんだよ。

最近あんまり見なくなったね(エンタメ・TV・ドラマ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061212-OHT1T00070.htm
 最近、あんまりドラマで反町を見なくなったような気がする。もしやとは思うが、あの程度の役者が仕事選んでるのか?

野次られて退場(エンタメ・文化・芸術)
 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061212i506.htm
 耳目が肥えたオーディエンスと、自分の芸である歌唱に絶大なる自信を持つオペラ歌手との壮絶な一騎打ちか。面白いじゃないの。こういうのもまた、芸術の一つの側面だろう。
 スカラ座にとっちゃいい迷惑なんだろうけど、こういうバトルなら悪くないと思う。
posted by KAZZ at 20:58| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

明日の更新はお休みします

明日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 20:44| 島根 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 管理人からのお知らせ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

html(BlogPet)

ほんとうは、KAZZは
★見逃した!(マスコミ・TV) http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_11/g2006111613.html そもそも普段から未熟を見ていないわけだが。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 11:54| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

未熟な大統領を頭に戴く国

こんなことに血道を上げなきゃならんとはね(海外政治・韓国)
 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/07/20061207000021.html
 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061206i214.htm

 先人に対する畏敬の念を持つというのは、韓国(だけではないけれど)の美徳の一つだろうと思っていたが、どうやら近頃の韓国ではそうじゃないらしいな。こんな形で先人を吊し上げて、いったい誰が得をするのか、という。
 自分たちの祖先が通り抜けてきた道に対する、明らかな侮辱だよな、これって。いったい誰のおかげで今の自分たちが存在していられるのか、彼らは本当にわかってるんだろうか
 ま、たぶん、何もわかっちゃいないよな。もしわかってるんだったら、こんな理不尽な吊し上げなんかしないもの。こんな形で吊し上げられたあの国の先人たちや、その子孫たちが可哀相だよ
 盧武鉉ってのは政治的に「だけ」未熟だと思ってたが、どうやらその考えを改めないといけないみたいだ。盧武鉉は人間としても未熟なまま大統領をやってるような人物なんだな。きっとそうだよ。間違いないね。

存在価値はそれぞれの立場で違う(国内社会)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/
 20061207k0000e040015000c.html

 それで、これを(全部ではないにせよ)駆除しようって話が出てくると、動物愛護団体とかがアホみたいに騒ぎ出すんだろうな。あんな何もわかってないような連中に、いったい何の権利があって人の生活を脅かすことができるのかっていうね。
 確かにアザラシの見た目は可愛らしいかもしれない。けれども、そこに住まう人の立場によって、存在価値は変わるものなんだ。それを考慮できないくせにアホみたいに騒ぐのは、ただのエゴイズムだ。

神戸は本当に有利なのか(スポーツ・Jリーグ)
 http://daily.jp/soccer/2006/12/07/0000185999.shtml
 http://www.jsgoal.jp/result/20069030010120061206_detail.html
 http://www.jsgoal.jp/news/00041000/00041847.html
 http://www.jsgoal.jp/news/00041000/00041846.html

 昨日の試合を切り抜けて、ややイケイケっぽいヴィッセル神戸ではあるが、果たしてそう簡単にいくんだろうか。俺はむしろ、昨日の試合をドローにしかできなかったことが、9日のアウェイ戦に影響してくるように思えてならない。
 アビスパ福岡は過去にも入れ替え戦の経験があるし、今回に限れば負傷で長期離脱中の中村北斗のために是が非でも残留をとチームに一体感がある。そういう相手にゴールさせなかったことには一定の評価をするが、自身が無得点だったことは、逆に神戸の首を絞めかねない
 以上のような理由から、俺は9日はアビスパ有利と見る

ろくでもないガキの所業は続く(国内事件・教育・いじめ)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/
 20061207k0000e040057000c.html

 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061207i405.htm

 こういうのはさあ、学校に問題があるのはもちろんだけど、このガキどもの家庭にも問題があって、だからこうなっちゃうんだろうよ。親がガキにどんな教育してるのか知らんけど、たぶんろくなことを教えちゃいないんだろうぜ。

まだ、これから(国内社会・スポーツ・競馬)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061207k0000e040082000c.html
 まあ、まだ「続くかもしれない」という程度だしね。これから推移を見守っていかないと

じゃ俺はファンじゃないらしい(スポーツ・ボクシング)
 http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2006/12/07/02.html
 なんかね、この一件に関する徳山側の物言いを見てると、だんだん腹立ってくるな。ファンを引き合いに出すなよ。要は徳山やその陣営のエゴでしょ。何が「ファンが一番見たがっているカード」だよ。俺ぁそんなもん見たくもないよ。
 いきなり相手に指名された長谷川だって、いい迷惑だと思うぜ。長谷川にだって彼なりのボクシングに於ける人生設計ってもんがあるのに、それを横から、御丁寧に果たし状まで持ってきて俺と戦え」って言われたって、長谷川の立場からしたら「何だよ、それ」ってなるじゃん。
 徳山はとっととボクシングなんか辞めてくれ。こういうヤツが、ファンの存在をエクスキューズにして、果たすべき王者の義務も果たさずに身勝手なことを言い出すのが一番許せない。そんな身勝手でボクシングを冒涜してほしくないし、彼自身のボクサーとしての晩節を汚してほしくもないよ。

ドーハの喜劇(スポーツ・サッカー・日本代表)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061207k0000m050145000c.html
 しょっぱい試合をして自滅したらしいな。ソリさんや選手たちには悪いけど、気の毒とも何とも思わないね。まだまだ越えるべき山は多いってことさ。どうせなら、ドーハの喜劇とでも呼んだらいいんじゃないの。そうしたら、嫌でもこの試合の意味を思い知るよ

女優としての致命傷(エンタメ)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/12/07/04.html
 たぶんね、石原真理子本人はわかってないんだろうと思うよ。こういうものを出すってことが、自分にどんな影響を及ぼすのかを。実名を書かれた連中に対する影響はともかく、石原自身にかかる影響は、相当なもんだと思うがね。
 まず、役者としては少なくともいい役はやらせてもらえないだろうし、スキャンダラスな味付けをしたような配役しかさせてもらえないんじゃないのかね。
 あと、講演の依頼があるって言うけど、そもそもこいつが何をどう話すのか、それもわからない。話したにしても、興味本位でしか聞いてもらえないだろうしね。
 暴露本みたいな意識はないというけど、こりゃ誰がどう見たって暴露本だよ。ま、せいぜい芸能界からフェイドアウトしないように頑張るこったね。

欠伸されて泣いた男(スポーツ・プロ野球)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061206-00000028-dal-base
 http://daily.jp/baseball/2006/12/07/0000186028.shtml

 別に、阪神のシブチンぶりは今に始まったことじゃないんだから、そうガツガツすんなよ。嫌ならトレード志願でもしてだね、ケツまくっちまえばいいんだよ。
 ま、交渉の席に欠伸するようなおっさん寄越すような球団なんだから、緊張感が足りないのは誰が見たってわかることだけど。

漫画でもこれほど酷くはないぜ(国内事件・近未来通信)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061207i102.htm
 マンサンとかプレコミとか、あの辺に載ってる漫画に出てくるような悪徳会社ですら、ここまで酷くはなかろうああいう劇画の作者の方が、もっと良心的に描いてるよ。その意味では、近未来通信の実情はもはや漫画未満だね

まあ、頑張れや(スポーツ・サッカー・クラブW杯)
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20061207033.html
 個人的には岩本輝雄のファンなれど、今回ばかりはどうも応援しようって気にならない。まあせいぜい頑張っておくれ。

こんなのに任せて大丈夫なのか?(国内政治・地方自治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061207i106.htm
 石原に任せとくと、今に東京が大変なことにでもなるんじゃないの。ま、決めるのは東京都民であって、彼らが石原都政を望むんなら、別にどうでもいいことだけどね。
posted by KAZZ at 20:33| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月05日

ある意味、田中康夫以上かも

そのまんま東に何ができる?(国内政治・地方自治)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061205-OHT1T00005.htm
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/12/05/01.html

 いやあ、宮崎県民もナメられたもんだねえ。あんな知事の後釜にこんなのが立候補するとか言うんだよ。こりゃもうヘソで茶が湧いちゃうよ。ホント、ギャグだね
 まあ、出馬自体は前々から薄々噂になってたし、従って別に驚くようなことでもないんだけれども、どうせ冗談に決まってるよと思ってたら、本人は大真面目みたいじゃないの。
 止しなさいっての。東がどういう政策を掲げるのか知らんけど、絵に描いた餅みたいなことしか言えないようだと、田中康夫みたいにいじられてポイされるのがオチだよ。あとは、過去の汚点をほじくり出されるとかさ。東はそういうのに事欠かないからな。
 そうそう。知事室で女性タレントと一緒にシャンパンとか呑むなよ(笑)。格好のネタにされるぜ(笑)。

ま、無駄遣いの一種だろう(国内政治・教育)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061205it02.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061205i204.htm

 どんな大学を作る気か知らんが、カネを引き出したいがために評価を歪めるようなのは、一言で言えば、本末転倒以外の何物でもない評価の理由や趣旨を明確にできないなら、尚更だろうよ。透明性もさることながら、公平性も問題になるよな、これ。
 まあね、結局、政治主導で何かやろうと思ったら、こうなっちゃうのよ。で、無駄なカネだけが湯水のように流れ出て、いざ大学ができてみたら思ったようにことが進まなくて結局パーになるって感じじゃないの。国策で作る大学なんて、当てにならないよ。

安倍晋三の大いなる勘違い(国内政治・自由民主党・メディア)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061205-OHT1T00118.htm
 そんなさあ、テレポリティクスのいいとこ取りばっかりしようと思うから総スカン喰らうんだろうよ。何でそんなイージーなこともわからんのかねえ。よほど頭が悪いのしか周りにいないんだろうよ。
 世耕とか、何やってんの? あいつも結局役に立たねえじゃんよ。だいたい、テレビのニュース番組に出て釈明しようだなんて思想自体が間違ってるよ。公判中にのこのこテレビに出てきて雁首晒してる堀江貴文じゃあるまいし堀江と同程度の考えしか思い浮かばんのかよ

堀江が最近テレビに出ている(Livedoor・メディア・TV)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061205-OHT1T00117.htm
 世間に忘れられないために顔つなぎでもしたいのかねもうどうでもいいよ、こんなヤツ。

どうでもいいカップル(国内政治・自由民主党)
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20061205024.html
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061205-OHT1T00004.htm

 一緒に住めなかったって、そりゃ同居できないだろう。そんなことしたら、鶴保が何を言われるかわかったもんじゃない鶴保に一緒に離党してくれとでも頼めたのか? そんなこと、できっこねえだろう。
 野田聖子の勝手なんだよ、結局は。郵政造反復党事実婚の解消も、全部野田聖子の身勝手鶴保に何ら落ち度はない野田聖子が勝手に転けただけ

どっちもある意味、スペランカー(スポーツ・プロ野球)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20061205-OHT1T00175.htm
 http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20061205031.html
 http://www.nikkansports.com/baseball/f-bb-tp0-20061205-126259.html

 多村もそうだけど、寺原もある意味では故障の多い選手だしなあ。ベイもホークスもお互い、体のいい厄介払い(と言うと、多村や寺原に失礼かもしれないが)ができたぐらいに思ってるんじゃないかな。
 ま、両者とも移籍先でキッチリ働けば何も文句は出ないわけで。頑張ってくれたまえ。

教師として以前の問題(国内事件)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061205i101.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061205-OHT1T00006.htm
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20061205it03.htm

 世の中にはいろんな趣味嗜好を持ってるのがいるけど、こういうのはもう論外だろう。教師としてどうこう言う以前の問題で、人として何か間違えてるとしか思えない。
 人の尊厳ってものを考えたことがないんじゃないのかね。30過ぎてそんなことに思いも及ばないなんて、よほど普段から人の尊厳ってどういうものかを考えたことがないんだろう。俺はそう思うな。

左遷?(国内政治)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20061205ia03.htm
 記事のニュアンスからして、左遷なんだろう。

子供はあんなもの(エンタメ・教育)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/12/05/03.html
 クレしんに文句言うのはいいけど、結局子供ってああいうもんなんだと思う以外にないじゃない。そこからどうやって育てるかは親の力量にかかってるのであって、間違っても周囲の環境だけの責任にしてはダメなのよ。
 最近、そこら辺を履き違えた親が多すぎるような気がしないかい?

大吉は大丈夫なのか(エンタメ・お笑い)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2006/12/05/07.html
 そりゃさあ、華丸には児玉清とあいうえお作文って持ち芸があるからいいけども、大吉にそんなんあるのか? 華丸よ、あんまり無茶なことしてやるなよ。

ボルトン退場(海外政治・アメリカ)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/
 20061205k0000e030034000c.html

 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061205it05.htm

 ラムズフェルドに続いてボルトンも表舞台から退場するのか。で、ブッシュ息子はいつ退場するの?

おかしいと思わない方がおかしい(国内事件・近未来通信)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061204k0000m040118000c.html
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061205k0000e040085000c.html
 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2006/12/05/02.html

 近未来通信の広告をよく新聞で見てたけど、中継局のオーナー募集しかしないのね。近未来通信の本業であるはずの回線利用者の募集なんて皆無に近いの。俺、たぶん一度も見たことないかもしれない。それぐらい、オーナー募集に精を出してるように見えた
 そういうのって、怪しいと思うだろうよ。普通さ、通信会社だったら、中継局のオーナーと同じぐらい利用者の獲得にも力を入れるもんなのに、それをほとんどしないんだぜ。そりゃ普通に考えたら、おかしいと思うよ。
 俺の知ってる人でも見事に引っ掛かった人がいるけど、そういう人って、自分がこんな悪徳商法に引っ掛かったとは認めたがらないんだよな。こういう話なら、尚更疑ってかかるのが本筋なのにね。

見習い期間も過ぎたこと(国内政治・自由民主党)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20061205-OHT1T00003.htm
 ま、一応は見習い期間も過ぎたのに、何を軽率なことをってなことで落とし前をつけさせたんだろう。たぶん、それが表向きの処分の理由だろうと思う。
 じゃあ、本当な何なのってことになると、いわゆる刺客連中が突出しないようにするための見せしめなんだろうな。造反組の復党問題でギャーギャー言ってたのを押し黙らせるために、キツめの仕置きをして見せしめにしようとでも思ったんだろう。大の大人が子供じみたことを・・・。それじゃガキのいじめがなくならないはずだぜ。

仲間割れ(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061204k0000m010121000c.html
 つーか、勝手にやらせとけよ。

ばんえい競馬、再び戻れるか(スポーツ・競馬)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/horserace/news/20061205-OHT1T00137.htm
 確かに存続すればそれに越したことはない。でも、それが永続する可能性を問われると、「?」ってことになるこの熱意が長期に渡って持続するためには、運営する側の自治体がどれだけ民間と協力して運営に携わっていくことを考えられるかだろうと思う。
 ばんえい競馬自体、普通の競馬とは違う特殊なものなのだから、これをどうやって集客に結びつけていけるのか手広く知恵を募って考えながらやっていくしかない

原博実が東京に帰ってくる(スポーツ・Jリーグ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061205-OHT1T00155.htm
 結局、昨シーズン末に首を切ったのは何だったの、という。それならずっと監督やらせりゃ良かったのにね。

オジェックが浦和に帰ってくる?(スポーツ・Jリーグ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20061205-OHT1T00162.htm
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20061205019.html

 確かにオジェックならいいかもしれない。但し、オジェックがやりたいサッカーと、今の浦和の陣容がパーフェクトに合致するわけではないし、オジェックがしばらく指導の現場を離れていたということが、どう影響するかも考慮に入れておきたい
posted by KAZZ at 20:21| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

今日の更新はお休みします

今日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 19:35| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からのお知らせ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。