2007年03月31日

今日の更新はお休みです

今日の更新はお休みします。
posted by KAZZ at 19:27| 島根 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 管理人からのお知らせ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

かくも幸せな無責任男

あんたのハートを信じなさい(エンタメ・訃報)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/29/01.html
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070329-OHT1T00078.htm
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20070329037.html
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/29/02.html
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/29/05.html
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070329-OHT1T00077.htm

 改めて思うけれども、植木等という人は、本当に誰からも愛されていた人なんだね。誰も植木さんを決して悪く言ったりしないそれだけ植木さんは人格者だったんだと思う。
 浄土真宗の教えがバックボーンにあって、例の「スーダラ節」を歌うのを最初は嫌がっていたエピソードにしても、植木さんの親父さんが「わかっちゃいるけど止められない」の部分は親鸞の教えに通じるからと諭して、植木さんもそれで納得して歌うようになったっていうのがあったからね。
 たぶん、本当に骨の髄から真面目な人だったんだろう。だからこそ、テレビでギャグをやってくれと言われたら、考えられないぐらいスパークして弾けまくったんだろうと思う。

 無責任男を演じて、最後まで幸せでいられたことは、植木さんの人生にとって最大の良かったことなんだろうね。俺は映像や歌ぐらいでしか植木さんと触れ合えなかったけれど、植木さんの存在を知ることができて、その歌声や演技を見聞きすることができて、本当に有り難いと思った
 真面目に人生を生き抜いた無責任男、日本屈指のエンターテイナー、植木等さんの御冥福を衷心よりお祈りする本当にありがとう、植木さん

まあ、怒るなよ・・・(スポーツ・Jリーグ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20070329-OHT1T00025.htm
 早野監督にはある程度は同情の余地があるね。だって、笛吹いても踊ってくれないような連中ばっかりなんだろ。情けなくも思うだろうよ。
 でも、そういう状態だからこそ、どうにかしようと思うのがプロの監督なのであって、それができないというのではさすがに問題だぜ。

結局、こうなる(国内政治・自由民主党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20070329k0000e010077000c.html
 こういうのにとやかく言われる前に、キチンと説明しておけば良かったものを・・・。ま、自業自得だってことよ。

こうなったが(国内政治・自由民主党・民主党・社会民主党・国民新党)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20070330k0000m010030000c.html
 何せ民主党内からして爆弾を抱えているわけで。そらぁ及び腰にもなるわいな。

語弊があるかもしれないが(海外政治・アメリカ大統領選挙)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000032-jij-int
 嫁の病気をダシに使うなよ・・・、と思う。もちろん、エドワーズ本人がそんなつもりで嫁さんのガンを公表したわけじゃないとは思うが、結果的にはそれが献金の増大に結びついたということを考えると、ちょっとなあ・・・。

ネットカフェやその利用者の全てが悪いわけではないが(IT・Web)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070329k0000e040065000c.html
 何らかの緩い規制はあってもいいのかもしれない。但し、あまり締めつけを厳しくしすぎると、ネットカフェの存在意義にも関わってくると思うんで、規制をかけるとしても極力緩くした方がいいんじゃないか
 別に犯罪に利用しようと思ってる連中ばかりがネットカフェにいるわけではないのだから。

本当だったら(エンタメ)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/29/06.html
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070329-OHT1T00178.htm

 辻希美は、閉鎖しようとしている応援サイトの連中みたいに、加護に対して恨み言の1つも言いたいんじゃないだろうか。昨日俺も応援サイトの1つを見てきたが、そこの管理人も相当いろいろ思っているようだし。
 たぶん、事務所からコメントするなとでも言われてるんだろうけど、本当なら「加護、ふざけんな」ぐらいは言いたいのかもしれないぜ。

お大事に(国内政治・地方自治・そのまんま東宮崎県政)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070329-OHT1T00135.htm
 ま、我を忘れて張り切りすぎたのだろう、と好意的に解釈してみる。くれぐれもお大事に。

裁判官の心証を悪くするだけでは?(国内事件)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070328-OHT1T00206.htm
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070329-OHT1T00106.htm

 手の込んだ主張をやっているようだが、植草が仮に本当に冤罪だったとしても、このような手段に出てしまうと、却って裁判官の心証を悪くするだけのような気がする。
 しかも、植草には例の手鏡の前歴があるだけに、なかなかそのような主張も受け入れてもらえないんじゃないか。その意味からすると、どうも植草側の戦術はおかしいと思うが。
posted by KAZZ at 20:02| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

亀田如きに負けて悔しいと思わないか?

フィギュアスケートはともかく・・・(スポーツ・サッカー・日本代表・TV)
 http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2007/03/27/03.html
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2007/03/27/05.html

 フィギュアの方はしょうがない安藤美姫や浅田真央が出てて、注目度も高かったから。しかも劇的な展開で安藤と浅田の1−2フィニッシュだったしな。これに視聴率で負けたことは不可抗力みたいなものだと思うしかない。
 だが、あんなボクシング風三流バラエティ番組(しかも中継枠はたったの1時間足らずに負けたばかりか、その主役であるところのへっぽこボクサーに、あんなに自慢されて、ヤツらは悔しくないのかと思うね。
 確かに煮え切らない試合ではあった流れから得点できず、2得点ともセットプレー絡み。しかも相手のペルーはろくにメンバーを連れてこないという実にナメた有り様だろ。
 中村俊輔や高原直泰を擁しても注目度が下がっているという現実を、JFAは考えなきゃいけない中村や高原などという個の突出で目立つのではなく、日本代表という1つのセットでこそ大いに盛り上げていけるような、そういう方策を・・・。

 ま、川淵キャプテンには無理かもしれないけど。

映画のオープンセットですか?(海外政治)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/archive/news/2007/03/27/20070327ddm007030100000c.html
 http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/photojournal/news/20070327k0000m030041000c.html

 こういう喩えが適切かどうかはわからんが、なんか今のミャンマーって、まるで北朝鮮みたいに見えるね。いずれここも本格的に北朝鮮化しちゃうのかもしれないな。
 新首都の様子なんか、まるで映画のオープンセットみたいだもの。

正直、知らんわ(エンタメ・雑誌)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070327-OHT1T00002.htm
 ま、たぶんたまたま似ただけなんだろね。週刊朝日はエラい困ってるみたいだが、くだらねえ話よ。

2度目のタバコが運の尽き(エンタメ・不祥事)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/27/01.html
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070327-OHT1T00082.htm
 http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070327-175618.html

 加護擁護論みたいなのがあるみたいだが、いくら謹慎中であろうとも隙を見せた段階で加護やアップフロントエージェンシーの負けだろうよ。その意味では、この両者に同情の余地はない
 恐らく加護はこのまま引退せざるを得なくなるんだろうが、それはすっぱ抜いた週刊現代のせいではなく、単純に加護本人と事務所の責任だろうと思うね。
 それにしても、大日本雄弁会講談社は一味違うよなあ。こんな狡っ辛いスクープで大はしゃぎなんだもの。例の相撲の問題だって結局訴えられちゃって、やけっぱち気味にしか記事書けないし。
 もっと格の違うスクープでも狙えばいいのに。フライデー事件から何も変わっちゃいないな、講談社は

無念、桑田・・・(スポーツ・MLB)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20070327-OHT1T00115.htm
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_03/s2007032702.html
 http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/f-bb-tp2-20070327-175627.html
 http://www.sponichi.co.jp/kiji/01.html

 でもまあ、これはしょうがないと思う。プレー中のアクシデントだしね。桑田も、時間はかかるかもしれないが、事実は事実として受け入れるしかなかろう
 これに懲りずにまたチャレンジすればいいじゃないの。桑田だってそのつもりでアメリカまで来たんだろうから

松坂、喋らず(スポーツ・MLB)
 http://www.zakzak.co.jp/spo/2007_03/s2007032701.html
 無安打無失点より5四球が気に入らなかったんだろうかね。如何にも松坂らしいような気がするが、でもマスコミにはちゃんと応対しておいた方が・・・

V・ファーレンはダメだね(スポーツ・サッカー)
 http://www.nikkansports.com/soccer/f-sc-tp0-20070327-175844.html
 こんなチームがJを目指すだなんて、ちゃんちゃらおかしいよ。チーム力強化のために呼んできたはずの監督を、わけのわからないお家騒動の末に追っ払うなんて、フロントの失態以外の何物でもなかろう
 それでどれだけの人間が満足するのかは知らないが、そもそもこの監督を呼んできたのは誰なのかって話にはならないのかねもしならないんだとしたら、ここのフロントは相当な甘ちゃんなんだろうよ。

吉本、苦しんでます(エンタメ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070327-OHT1T00077.htm
 てか、またネタ元が週刊現代か・・・

一点だけ気になる(マスコミ・TV・不祥事)
 http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070327-175815.html
 毎週日曜の競馬中継とかはどうするのかな。事と次第によっては、当然影響を受けるはずだし。

(1点追加)
ハイ、それまでよ・・・(エンタメ・訃報)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070327-OHT1T00191.htm
 ・・・信じられねえ・・・。あの元気者の植木さんが逝ってしまわれるなんて・・・俺にはどうしても信じられねえ・・・
 出棺辺りでドカッと棺桶の蓋開けて出てきて「お呼びじゃない、お呼びじゃないね? こらまた失礼いたしましたッ!」って例の調子で言って周りのみんなをハラホロヒレハレって踊らせるつもりじゃねえよな・・・?

 とにかく、まだちょっと信じられない嘘だと言ってほしい。植木さん・・・、もう少し、あの元気で矍鑠とした植木さんを見ていたかったのに・・・。

 クレイジー・キャッツの名ヴォーカリストにして、元祖・無責任男。そして俺のアイドルの1人植木等さんの御冥福を衷心より祈る
posted by KAZZ at 20:19| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

とか言ってた(BlogPet)

ほんとうは、KAZZは
★搾取?(エンタメ・音楽) http://www.sponichi.co.jp/ダメ/flash/KFullFlash20070322008.html BCRもなんか大変そうだね。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 13:11| 島根 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

ダメ親子につける薬なし

カネはないけど度量もない(エンタメ)
 http://www.sanspo.com/geino/top/gt200703/gt2007032402.html
 http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070324-174171.html

 宗家云々の時にはあれだけ強気だったのにねえ・・・。何が和泉家をここまで落っことしたのか知らんけれども、それにしても、これは酷いなあ。

そういうお人なのね(エンタメ)
 http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_03/g2007032303.html
 男気の塊みたいな親子だな。でも、英一郎がお父さんを決して恨むことなく、嫁さんにも恥をかかせまいとする態度は素晴らしい家庭を持つ男はこうあるべきなのかもしれないね。

だってしょうがないよ(国内社会・代理出産)
 http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070324-174166.html
 http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070324-174339.html

 現行法制下で認められていないものを議論の材料に持っていく気運を高めただけでも十分じゃないのか、という。無理に実子と認めてもらおうとするのは欲のかきすぎだと思う。
 フジテレビとかまで巻き込んで、あれだけ世間を掻き回したんだから、それ以上何が必要なんだ高田夫妻にぜひ訊いてみたいね。あと、この夫妻の悩みを視聴率の種にしようとしたフジテレビにも、この問題についての見解をぜひとも糺したい。この問題を取り上げる以上、フジテレビにも何らかの思慮があったのだろうから。

ホンマかいな?(海外政治・北朝鮮・6者協議)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2007_03/t2007032317.html
 逆にちょっと引いちゃうよなあ、この見方は。なんか、却って奇想天外なものに見えちゃうよ。理屈としては理解できるけど、果たしてそこまで深謀遠慮があってのことなんだろうか、というね。

PRIDE、身売りへ(スポーツ・格闘技)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/battle/fight/news/20070324-OHT1T00100.htm
 まあ、そうなるよなあ・・・。DSEって、どっか怪しいイメージのある会社だったし。

武豊もビックリ(スポーツ・競馬)
 http://www.zakzak.co.jp/top/2007_03/t2007032309.html
 ハッピーバレーにまた妙な仕掛けが・・・。大丈夫なのか、この競馬場は。

行列も途切れそう?(エンタメ・TV)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070324k0000e040063000c.html
 その武豊が出演する予告映像を見てたんで、見ようと思ってたが、結局見なかった。そしたら、こんな騒ぎになってたみたいだな。まあ、如何にも昨今のテレビ屋らしいミスだと思う。

本当にどうでもいい話(エンタメ)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070324-OHT1T00178.htm
 昔、江角マキコがブレイクし始めた頃に、歳を2つほど鯖読みしてたことがあったんだが、すぐバレちゃった。芸能界に於ける年齢詐称って得てしてそういうものだよ。
posted by KAZZ at 19:17| 島根 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

読み逃げ否定に見る書き手の自信

ちなみに俺は読み逃げを否定しませんよ(IT・Web・SNS)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/20/news042.html
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/20/news042_2.html

 読み逃げなる言葉は初めて聞いた。ただ、それを否定し、且つ自己紹介欄にも書いている人がいるのは知っている。でも俺は、そんな宣言を無意味だと思ってるけどね。だから読み逃げも平気でやるし、それを悪いことだとも思わない

 そういうことを宣言したりする人たちって、よっぽど自分の書いた文章や、そこでなされている主張とかに自信がある人たちなんだろうね。じゃなかったら、そんな宣言なんてするはずないもの。
 あと、俺はやったことないけど、地雷バトンってのもあるらしいんだよな。これも、見たら強制的にやれとかいうヤツらしい。アホかと思うな。俺も前にブログでバトンをやったことがあるけど、それは友好的な人から回ってきたから、義理を果たすためにやったに過ぎない。自主的にバトンなんかやらないよ、俺は。

 まあね、「読み逃げ禁止」主張の何とも子供じみたことかと。そこまでして自分の文章や主張を知ってもらいたいんだったら、あんなSNSみたいな狭い範囲に閉じこもってないで、ブログとかで大々的に読んでもらうようにすればいいじゃない。
 mixiみたいなSNSに入っといて、来訪した会員の誰にでも(その人との交流の有無にかかわらず)自分の書いたことを読んでほしいばかりか、そこにコメントを残してほしいなんてのは、一種の傲慢だよな。

 ちなみに、俺もmixiに足あと帳なるものを作っているが、別にそこに書き込むことを義務化しているつもりはないし、日記のコメントに書き込むことも然り。強いて言えば、俺がオフラインで会ったことのない人がマイミク申請をしてくるんだったら、最低限1回ぐらいは日記コメントかメッセージで絡んでほしいとは思うけど、別に必ずそうしなきゃいけないわけでもない
 もっと言うなら、小文字やギャル文字使いは御遠慮願いたいという、せいぜいその程度。俺が設けてるハードルなんて、そんなもんだよ。
 ま、そんなわけで俺んとこに読み逃げがあったとしても、別にどうとも思わない。逆に、来訪者がこれでもかとばかりにコメントを寄越してくると、それにレスをつけたりするのが大変になっちゃうしな。

搾取?(エンタメ・音楽)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20070322008.html
 BCRもなんか大変そうだね。レスリーだけ今でも音楽やってるそうだけど、印税もらえてないってどうなのかね。一種の搾取みたいなもんかな。

同情的に言うなら(スポーツ・大相撲)
 http://www.nikkansports.com/sports/sumo/f-sp-tp3-20070322-173406.html
 カド番脱出に意識が集中してて、それ故に身体に変調を来したという言い方ができるかもしれないね。それなら栃東に多少の同情はできるだろう。
 しかし、栃東のカド番って、もう8回目だろ。そこまでカド番を迎えることに慣れっこになってる大関が、果たしてその程度のことで身体に変調を来すほどナイーヴなんだろうか
 何か違う理由があるんじゃないだろうかね

妖怪の楽園って何処?(国内社会)
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20070322048.html
 時間があったらぜひ行ってみたい。何処なんだろ。

こっちは未加入(IT・Web・SNS)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/22/news067.html
 GREEは気になってはいるものの、実はまだ加入していない。というより、お誘いが来ない。まあ、来ないから困るというわけでもないが。既にmixiやってるし。

荒療治でもやりますか(スポーツ・高校野球)
 http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200703/bt2007032206.html
 サンスポの記事にもあるように、一罰百戒の精神を以て荒療治の一つもしないと、ダメなのかもしれない誘いのコナを撒くプロ側にも問題があるが、それを安易に受けたり、受けようとアプローチするアマチュアがいるということも忘れてはいけないのだから。

一度、抜本的に再編成した方がいいと思う(スポーツ・プロ野球)
 http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200703/bt2007032205.html
 http://www.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20070322-173251.html

 ドラフト制度云々の問題に留まらず、プロ野球というものの存在全体を、もう一度キッチリと洗い直す時期に来てるんだろう。その上で、現行制度が果たして理に適ったものなのかもしそうでないなら何をどう直すべきなのかこの辺を時間をかけてしっかりと煮詰める必要が出てくるんじゃないの。
 その場限りの対症療法ばっかりやったって、プロ野球が本当に良くなるとは限らないし、プロ側の都合だけでなくアマチュアとの関係も含めて議論をしていかないと日本のプロ野球は衰退どころか崩壊する可能性だってあるんじゃないのかね。

 ま、あのオーナー連中やお飾りコミッショナー代行に、そんな度量を期待することはできないけれどもな。

知るか(エンタメ・お笑い)
 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/22/02.html
 どうでもいいが、また何ともつまらんネタじゃのう。

本当に仁義を通していないのか?(国内政治・地方自治・選挙事情)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070320-OHT1T00060.htm
 だいたい、何の挨拶もなしに創価学会(と言うより、公明党)が立候補を許可すると思うかね。そりゃあ、何らかの話し合いというか、金造の側から筋を通すだけのことがないと、創価学会員である金造が立候補なんか宣言できないだろう。少なくとも、何らかの後ろ盾がなかったら、選挙なんてできるわけもないんだから。
 何にしても、仁義も通さずにそんなことができるとは思えない。きっと何らかの形で仁義は通しているはずだ。

コメントする気力もなくなる(国内政治・地方自治・選挙事情)
 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070322-OHT1T00106.htm
 別に止めはしないけど、選挙をプロレスのアングルに使わないでほしいねえ。そんなプロレスラーのお遊びにつきあわされる岩手県民が可哀相だよ。

準じるらしい(国内事件・Livedoor)
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/22/news035.html
 堀江が猶予のつかない実刑を喰らうんだったら、宮内だって同じように猶予のない実刑を喰らうもんだと思ったら、やっぱりそうだった。
posted by KAZZ at 19:56| 島根 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

本日の更新は休みます

本日の更新は都合によりお休みします。
posted by KAZZ at 19:53| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からのお知らせ等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

きょうボンゾは更新した(BlogPet)

きょうボンゾは更新した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ボンゾ」が書きました。
posted by KAZZ at 13:05| 島根 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | BlogPetの言い分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

誰でも彼でも出ようとしやがって

選挙は遊び場じゃねえ(国内政治・地方自治)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000199-jij-pol
 http://www.yomiuri.co.jp/election/local2007/news/20070317i204.htm

 そのまんま東が当選したせいか、どうも最近、こういう勘違いが増えてきた金造もサスケもいい加減にしろあんたらの遊びに有権者を巻き込むなそんな遊びにつきあうほど、有権者はヒマじゃないんだ。
 全く、世の中何か間違ってるよ。軽佻浮薄なイメージだけに囚われて、中身がどうとか考えない。出る方も出る方でイメージさえ良ければどうにかなると思い込んで、選挙に出たがる
 これで本当に日本がうまくいくのかね。

締めつけだけで全てを解決できると思うな(海外社会)
 http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070317/usa070317001.htm
 そういう表現を止めさせたからって、結局何になるのか。ライトというのはあまりにも曖昧な表現だし、これは別になくなっても仕方がないが、低タールというのは1本当たりの含有量が少ないことを表示しているに過ぎないのだから、別に別にあっても良かろう。
 そんな目先の表現にこだわるより、本当の意味で因果関係を証明する方が先なんじゃないのか。疫学的統計だけを持ち出して文句を言ったところで、何にもならないよ。

水木先生、3位に(国内社会・エンタメ・文化)
 http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070317/wdi070317000.htm
 というか、なぜ水木先生までランク入りしてるのかという。あの先生、そんなに妖怪じみてるか?

虚飾の果て(国内事件・裁判・Livedoor)
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/trial/43507/
 結局は、Livedoorという会社自体が虚飾の産物でしかなかった。それを率いていた堀江貴文自身が、懸命にデコレートしまくった、ただの虚飾のイコンだったんだな。
 近鉄バファローズ買収話が出ていた頃ぐらいまでは、その路線も通じていたが、ニッポン放送、ひいてはフジテレビの買収に手を出した段階で、その虚飾が少しずつ表に出始めた
 結果、買収は失敗したが、それを「旧世代のやっかみ」だの、「出る杭は打たれた」だのと庇い立てする連中がたくさんいたことに驚いた堀江以上に懲りない連中が多くいたんだね。
 で、選挙に突如として出馬して落選した。その際に武部某は堀江を「息子」とまで言ったアホもここまで来るとどうしようもないと思ったね。

 で、逮捕されて裁判があって、判決に至ったわけだが、日本はこんなつまらない男にいいように振り回されてきたんだと改めて感じたよ。しかも、一部の連中は未だにそれを恥ずかしいとも思わないんだから。ダメだ、こりゃ。

できる看護師の不足(国内社会・医療)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070317i105.htm
 注射や止血とかはある程度のコツが必要かもしれないが、シーツの交換ぐらい普通にできそうなもんだろうに・・・。何か、あらゆる意味で今の看護教育は間違ってるような気がしてならないんだが。
 そのうち、使える看護師は全国に数えるほど、なんて事態が起きてしまうかもしれないぞ。

お前らはプロレスの恥だ(国内事件・裁判・プロレス)
 http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070315/jkn070315011.htm
 もうね、最低。こんな連中がプロレスラーだなんて信じたくもない少々アングルと違う行動をされたぐらいでキレて裁判に訴える渡辺ことジニアスもバカなら、その場で柔軟に対応できない大仁田&中牧もアホ
 こんなヤツらはプロレスの恥二度とリングに上がらないでもらいたい

イマドキ銭湯事情(国内社会・文化)
 http://www.sankei.co.jp/seikatsu/trend/070317/trd070317000.htm
 近頃の銭湯っつーのも、なかなか大変だね。こうやって様々なアイディアを出さないことには、お客を寄せることが難しいんだからな。
 でも、記事にあるのは都市部の銭湯だけど、地方都市辺りに行くと、銭湯の経営自体が難しいからね。それこそスーパー銭湯化するとかしないとやっていけなさそう
 文化としての銭湯が今後も残ってほしいと思うけど・・・。
posted by KAZZ at 20:14| 島根 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

そんなデタラメが罷り通っていいのか

カヴァーもおちおちできない世の中(国内事件・音楽・著作権)
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070315i506.htm
 例えば、ライヴハウスでも何処でもいいが、出演したバンドが「誰か(あるいは何処かのバンド)の○○という曲をカヴァーして演奏したい」と申し出た場合、「著作権法に触れるのでできない」と言われて、演奏の機会を奪われてしまうのだろうか。
 無断で、とJASRACは主張するが、そもそもカヴァーをする際にいちいち権利者に断っていたら手間ばかりかかるからできなくなるに決まっているではないか。
 カヴァー演奏にさえも横槍を入れて権利を主張するというのは、明らかに横暴な行為であり、もっと言えば音楽文化の衰退をJASRAC自身が公然と企図していると言われても、何の反論もできないだろう。
 以前のビートルズ生演奏おじさんの件でも思ったが、JASRACという組織は、著作権管理を盾に音楽文化を自分たちでコントロールしたがっているのではないのか。

 だが、別に我々はそんなことをJASRACに頼んでもいなければ、JASRACにそこまで面倒を見てほしいとも思っていない。彼らのやっていることは、著作権管理に名を借りた、ただの利権漁りと同じこと。どうしてそんな団体の存立が許されようか

 本来、著作権は権利者が自主的且つ自律的に管理すべきものであって、あのような上前をはねることしか考えていない似非管理団体など無用の長物以外の何物でもない
 そのうち、この国の音楽文化から「カヴァー」という概念が消失したら、それはJASRACの過剰な管理姿勢のせいだと自信を持って言えるJASRACはこの国の音楽文化を明らかに衰退させようと躍起になっているようだ。全く、不幸な連中である。

てか、まだいるんだね(国内経済)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/photojournal/news/20070316k0000m020041000c.html
 福井さんって、未だに日銀の総裁なんだ。もうとっくにケツまくって辞めたのかと思ってたよ。

審判出身の解説者(スポーツ・サッカー)
 http://www.sponichi.co.jp/soccer/flash/KFullFlash20070315041.html
 ほほう、こりゃ面白い試みだね。上川徹さんがどんな風にサッカーを見ているのか、ちょっと気になる

そして今日もボンバルディア機は飛ぶ(国内社会)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hyogo/news/20070315ddlk28040228000c.html
 日本がYS−11の後継機を作れるぐらいの技術力を持っていたら、いや、たぶん持ってはいると思うけど、実機を実際に製作して運用できたら、ここまでのことになっていたかどうか
 今からでも遅くないから、日本は航空機産業を興すように持っていった方がいいよ。

メル・ギブソンお断り(エンタメ・映画)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070315-00000111-jij-int
 でも、シルベスタ・スタローンなんて還暦なのにロッキーやってたぜ。別にメル・ギブソンでマッドマックスの新作やったっていいようなもんだろうに。
 もっとも、メル・ギブソン本人が嫌だと言ったなら、これはこれで話は別なんだろうけど。

もっと厳しく処分したら?(スポーツ・プロ野球・裏金問題)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070315k0000e050024000c.html
 http://www.sanspo.com/sokuho/0315sokuho026.html
 http://www.sanspo.com/sokuho/0315sokuho064.html

 まあ、なんだね。口止めまでしてたとあっては、西武ライオンズとしてはもう何も申し開きはできないだろう。そう思って諦める以外にないと思う。
 で、ドラフト会議参加禁止とか言われてるが、それ以上に、チームとしての今シーズンのペナントレースからの成績剥奪(但し、選手個人の成績は残る)ぐらいの重い処分を科してもいいんじゃないかね。(そんなものがあるかどうかは知らないが)プロ野球の信頼に泥を塗る行為としては、最上級のもんだろ

しょうがないよ、あんな人なんだから(国内政治・自由民主党)
 http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070314ia22.htm
 松岡に何言ったって無駄あんな人物だと思うしかない。あとは、安倍が首を切るか松岡自身が辞めると言うか。でも、どっちも可能性はきわめて薄いだろうなあ

遅い決断(スポーツ・ボクシング)
 http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2007/03/15/01.html
 http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070316k0000m050040000c.html

 俺はね、こういう悪足掻きをするヤツは嫌いなんでもっと早くスパッと決断できなかったのかというね。そりゃ徳山にしてみれば自分を高める試合がしたいと言うんだろうけど、ファンだってそう何時までも徳山のわがままになんてつきあってられないよ。
 王者たる者、己の退き際をしっかり見定めることも1つの仕事なんだから、何時までもジタバタしてみたって始まらないよ。

焦ってどうするTBS(メディア・TV・Web)
 http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070314i112.htm
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0703/13/news080.html

 おかしいなとは思ってたけど、やっぱりなという印象。最初は2ちゃんねる紛いの違う板かなとも思ってたが、実はでっち上げだったんだな。こりゃダメだよ。
 ま、TBSに限ったことじゃないけど、今のテレビ局、特にキー局なんて、案外こんなもんだろうね。脇が甘いというか、制作管理がなってないというか

将棋連盟は何をどうしたいのか?(国内社会・文化)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/shougi/news/20070315k0000m040181000c.html
 別にさあ、女流の好きにさせてやればいいじゃないの。そこまで極端なムチャもしないだろうし。逆に女流がフリーハンドを得ることで、将棋連盟にどんなデメリットが生じるのか、説明が足りないんじゃないのか。
 要するに、将棋連盟としては女流も1つのメシの種なのであって、それ故に独立してもらっちゃ困るんだろ。だったら最初から独立を容認するような姿勢を見せるなと言いたいね。
 今更そんなことを言ってどうするんだろう。せっかく名人戦問題に決着が付いたばかりだというのに、またイメージダウンになることをやってるなんてさ。

ま、そういうもんだな(国内政治・地方自治・そのまんま東宮崎県政)
 http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070316k0000m040015000c.html
 でもね、こういうのって、結局は一過性なんだよね。如何にリピーターを作っていくかという方向に向いていかないと、いずれはこのやり方も行き詰まるよ。
posted by KAZZ at 20:11| 島根 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース斬り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。